日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

ザ・ターゲット/陰謀のスプレマシー (字幕版)

 (472)6.11時間44分2013G
元CIAエージェントのベン・ローガンは、ある日勤務先の会社が忽然と消え困惑する。彼はグループ会社に赴くのだが、会社の存在自体を否定され証明データも抹殺されていた。そこで元同僚のフロイドに襲われそうになり、コインロッカーに隠された書類から自分が暗殺者リストに掲載されていることがわかる。ローガンは不法滞在者となるも捜査を続行、ある機密書類を手に入れるのだが、娘のエイミーが組織に誘拐されてしまう。(C)2011 EXPATRIATE FILMS INC. AND ENTERTAINMENT MOTION PICTURES BELGIUM SPRL, 2011. ALL RIGHTS RESERVED
レンタル期間は30日間で、一度視聴を開始すると48時間でレンタルが終了します。

プライム会員の方は追加料金なしで視聴できます

ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
アレクサンダー・フェーリングニール・ネイピア
プロデューサー
ジョナサン・ヴァンガー
提供
Warner Bros. Entertaiment Inc.
レーティング
G(年齢制限なし)
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち3.5

472件のグローバルレーティング

  1. 20%のレビュー結果:星5つ
  2. 34%のレビュー結果:星4つ
  3. 30%のレビュー結果:星3つ
  4. 6%のレビュー結果:星2つ
  5. 10%のレビュー結果:星1つ
カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

TakaTaka2021/08/28に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
印象には残らないが、プロットは面白く良作のスパイアクション映画!(この内容をこの登場人数で!)
確認済みの購入
エッカートさんいつもこれくらいアクションしてほしいですね!
オリンパスシリーズですっかり大統領にしか見えなくなりましたが(三作目でリストラ)やっぱり脇役一杯やってただけあって演技力は中々です。

映画の内容は脚本は結構面白いです。最後の方巻でやってる感ありますが、結構いいと思いますよ。
オリジナルな展開ですし、結構楽しめました。アクションシーンも中々見ごたえあります。
なにより中々本格スパイものやってるのに、モブ以外の登場人物8人くらいで、すっきりまとまっています。印象に残る映画ではないですが、楽しんでみることが出来る映画です。
10人のお客様がこれが役に立ったと考えています
匿名2021/09/07に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
最後はやっぱり愛なんです(笑)
確認済みの購入
しかしアーロンエッカート、この人決してハンサム、ではないけれど
なんというかいい役者さんだなぁ、と改めて。
若いころはどちらかというと敵役、いやな奴、が多かった印象。たしかベンアフレック主演のペイチェックでもいやらしい役やっていたのを思い出しました。
でも最近の役はいつも傷だらけになるんだよね。宇宙人が相手でも、大統領になってすら
殴られたり爆破に合ったりで顔も傷だらけにしょっちゅう合うのってなんだか
気の毒(笑) そういうキャラなのかしら?
冗談はさておき、の本作は過去はCIAの殺人ユニット所属のお父さんが娘と
暮らすために引退してヨーロッパに移住するも元のCIAのごたごたに巻き込まれて
、というか小道具にされて大変な思いをする、というお話。
分かりやすい武器商人やらCIAを裏切るやつやらいろいろ出てくるけれども
舞台がベルギー、というアクション映画は意外と珍しい。
アントワープやブリュッセル、駅や電車の様子など
あちらを知っている方ならそういう映像もちょっと懐かしかったりするので
悪くないですね。移民系の人達が生活に根付いている感じなどは
アメリカ映画とは少し違う雰囲気があって好きな感じです。
2012年の映画ですが現代がErased、それがどう転ぶと陰謀のスプレマシーになるのか?
スプレマシーって最高の、とか優位性、とか 最上級の陰謀?ってニュアンスなのか??
正直意味不明ではありますね。
まあオープニング主人公が朝の着替えをしているシーン、背中のものすごい傷跡が
ちらりと見えます。この傷跡を見てアクション映画の好きな方ならこの主人公の
経歴とか過去が想像できちゃうだろうと思いますよ(笑)
娘役がいまいち可愛くない(ごめんなさい)のがちょっと残念なんだけど
この手の映画としては意外と最後まで見ていられます。娘の心の動きも
ちゃんと描かれていて親子愛のアクション映画、という感じです。
時間があればお勧めしますよ。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
z2021/09/07に日本でレビュー済み
1.0/星5つ中
何で評価高めなのか分からん
確認済みの購入
退屈。途中で見てられなくなった。
よくあるCIAもの。隠された陰謀に親子で立ち向かう!
うん、それは全く問題ない。単に暇つぶしに単純明快な映画を見たかっただけだし。

でも、なんだ?この退屈さは。
良くある話なんだから、素直に描けばいいのに。
変に娘を絡めるから違和感で素直に見られない退屈な映画になってる。
父は腕利きのエージェントという設定なのに行動は全くそうではないし、娘は賢いのかと思えばクソが付くほどお馬鹿なふるまい。途中でげんなり。。。数少ない最後まで見られなかった映画になった。
5人のお客様がこれが役に立ったと考えています
たで丸2021/09/19に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
邦題がダサい。誰が付けたか分からんがセンスなし。
確認済みの購入
主人公ベン・ローガン。
ただのセキュリティの研究職員かと思いきや、元CIA。
しかも暗殺グループの一員ときたからには、「強い」!

娘エイミーと共に行動することで、視聴者としては「ハラハラ・ドキドキ」。
しかも、お決まりの「拉致」ありで、ストーリーも急展開。
しかし、そこは元CIA。なんとか切り抜けることに成功。
そして、最後の「アレ」は気持ちのいいこと。いわゆるキレイサッパリ。

この作品、ハッピーエンドで幕を閉じるが、
アンナが刺殺されてしまったのが残念である。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
めそ2021/08/28に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
久しぶりのサスペンション
確認済みの購入
このキャスト、この舞台、まあ少し古い設定ではないかい?と言われちゃうかもw
娘思いのダメパパが実は!どこがダメなんwラスト・アクション・ヒーローか007やないかい(笑)本当にストーリー展開も良く、東欧の景色も良くて。でもこの方の基礎的なご専門は一体何?とは思いましたけど。面白かった。希望はラスボスは血祭り後に社会的制裁も〜欲しかったなぁ。あっさりがお後が宜しかったのでしょうね。ちょいと前の雰囲気の映画で現実の災禍を忘れるにも…良い映画でしたー(^^)/
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
masa2021/09/01に日本でレビュー済み
3.0/星5つ中
ちょっとわかりにくいし、一般人を殺しすぎ
確認済みの購入
序盤から解りにくいし、テンポも早くて少しついていけない。

結局、CIAの金庫から書類を盗んだのはCIAのアンナで、その書類を
ハルゲートという会社に渡すとうことか。

見終わってもまだスッキリしない。CIAを裏切ったアンナは
ハルゲートの指示で動いて、何のメリットがあるの?
スッキリしないので★3で
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
Konozama Customer2018/06/10に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
これは面白い
確認済みの購入
邦題が意味わからんが、映画は面白いですよ。
よくあるスパイものと言ってしまえば、それまでだけど。
アーロン・エッカートで全部許される感じw

ラスト近くミッション・インポッシブルに
つながるような問いかけがあって、クスッときた。

ちなみに原題は、「THE EXPATRIATE」(国外追放者)です。
15人のお客様がこれが役に立ったと考えています
78tere2021/09/21に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
星4つ よかった
確認済みの購入
ストーリーの展開がはやくてよくわからないけど 
(字幕の翻訳がよくないんだな それでも吹き替えの違和感よりはまし
吹き替えでは見る気はない)
前半はいまいちだったが 後半は目が離せないくらいで とくに最後が
よかった。
バイクでカバンを持ってきて娘を乗せていく なかなかやるね 
そして 車の爆発。スカッとした。

娘はイライラする場面もあるが(アメリカ映画の娘役ではよくある)
けっこう有能だし 魅力もある。身体は大きい方。
最終に再会できて抱き合うシーンは泣ける。
トム・クルーズのジャック・リーチャー、娘ではなかったサマンサとの
最後の別れが思い出された。同じように泣けてしまう場面だ。

キュリレンコのアンナもかわいそうだった 良心があって好感。

あいかわらず わけのわからない邦訳タイトルだ。
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
すべてのレビューを表示