Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 2,200

¥ 176の割引 (7%)

ポイント : 322pt (14%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[エリック ブリニョルフソン, アンドリュー マカフィー]のザ・セカンド・マシン・エイジ
Kindle App Ad

ザ・セカンド・マシン・エイジ Kindle版

5つ星のうち 3.9 12件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 2,200
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,376 ¥ 1,620

紙の本の長さ: 434ページ

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「ブリニョルフソンとマカフィーは、世界中のイノベーターとイノベーションの現場を見て回るツアーに読者を連れて行ってくれる。ただしこれは、お気楽な観光旅行ではない。
驚異の技術はなぜ出現したのか、こうした技術ななぜ重要な意味を持つのか、そしてこれからどこへ向かうのかを読み解いて行く旅である。」
ハル・バリアン(グーグル社チーフ・エコノミスト)

「この楽観的な本の中で、ブリニョルフソンとマカフィーはインテリジェントな機械がもたらすゆたかさを描き出す。ただしゆたかさを実現し享受するためには、機械と競争するのではなく、
機械と共存する方法を見つけなければならないというのが本書の主張だ。となれば私のようなエンジニアは、ふつうの人でも容易に使いこなせるような機械を設計する必要がある。
結局のところ、新しい技術を支持するのは、その恩恵を最も多く受ける人なのだから。」
ロドニー・ブルックス(アイロボット創設者、現リシンク・ロボティクス会長兼最高技術責任者)

前著『機械との競争』で衝撃を与えたマサチューセッツ工科大学のコンビによる、膨大な調査・研究に基づいたテクノロジーと未来を描いた全米ベストセラー
(原題The Second Machine Age: Work, Progress, and Prosperity in a Time of Brilliant Technologies)

蒸気機関の発明によるファースト・マシン・エイジは18世紀後半に始まった。
いま、コンピュータを中心としたセカンド・マシン・エイジに突入した。
人工知能の急速な進歩によるデジタル・イノベーションは、グーグルの自動運転車やチェスやクイズで人間のチャンピオンを圧倒する人工頭脳ワトソンなどに象徴されている。
しかし、まだまだ序の口に過ぎない。

人類は蒸気機関によってもたらされたと同様の、それまでとグラフの向きが変わり始める点である「変曲点」にさしかかったと著者たちは見る。
人工知能の進化によって、これまでは不可能と見られていた仕事がロボットに置き換わっていく。その結果、消えていく職業は多い。
人間は機械と共存できるのだろうか。
ビジネスマン、経営者だけでなく、子供の将来を真剣に考える親たちの必読書でもある。

内容(「BOOK」データベースより)

さあ、マシン(人工知能)と分業する時代をどう生きる?『機械との競争』のコンビが贈る近未来経済学。

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 20630 KB
  • 紙の本の長さ: 564 ページ
  • 出版社: 日経BP社 (2015/7/29)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B016W4PVZ6
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 12件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 7,011位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
この『ザ・セカンド・マシン・エイジ』(第2次機械化時代)(原題:The Second Machine Age: Work, Progress, and Prosperity in a Time of Brilliant Technologies)は、技術革新に伴う労働環境の変化への対応ができる前にまた新たな技術革新が起こることで失業が増え格差も拡大するという『機械との競争』の二人の著者、MITのエリク・ブルニョルソン教授とアンドリュー・マカフィー主任研究員による第二弾で、久々に読み応えのある本でした。
大まかに言えば、本書では、セカンド・マシン・エイジにおいて、短期間にどれだけの技術的な進歩が起きたか、これから更にどのような進歩が起きるのか、それは我々の生活や雇用にどのような影響をもたらすのか、そしてこの新しい時代に政府や個人はどのような対策を取れるのかが論じられています。
18世紀後半に蒸気機関とともに始まった産業革命が「第1次機械化時代」で、これは「人間の力を増大させるための動力システムの時代」でしたが、コンピューターを中心とした「第2次機械化時代」は、動力の用途を決定する制御システムの多くを自動化し始めていて、多くの場合、人間より的確な判断ができるということです。
人類は蒸気機関によってもたらされたのと同様の「変曲点」(inflection po
...続きを読む ›
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
この本は、知り合いの推薦で手にとった。とりあえずの感想は、余りに常識的な議論と結論で、がっかりしたというところ。
位置づけとして、著者らの前著「機械との競争」2013との比較が要るだろう。前著では、現在世界で直面している雇用問題は、機械により雇用が失われるという根本的事象によるのだという、かなり極端な議論をして、それに対して、「機械とのパートナーシップ」という処方箋を提示していた。前著では、所得の格差拡大という問題は取り上げられていなかった。
本書は、おそらくは前著の反響を踏まえて、総括的な内容ということになっている。目次は下記の通り
第1章 人類の歴史の物語
第2章 機械とスキル
第3章 ムーアの法則とチェス盤の残り半分
第4章 デジタル化の大波
第5章 組み合わせ型イノベーション
第6章 人工知能とデジタル・ネットワーク
第7章 セカンド・マシン・エイジのゆたかさ
第8章 GDPの限界
第9章 セカンド・マシン・エイジの格差
第10章 最強の勝ち組はスーパースター
第11章 ゆたかさと格差は何をもたらすか
第12章 個人への提言
第13章 政策提言
第14章 長期的な提言
第15章 テクノロジーと未来
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
18世紀の産業革命において蒸気機関が人間の肉体労働を解放した
(ファースト・マシン・エイジ)。
今、デジタル技術が人間の知的労働において
機会に置き変わろうとしている(セカンド・マシン・エイジ)

本書ではこの変化について、歴史や技術、GDP、格差、
個人や政策への提言、未来感について400ページ超の紙面を割いて
論述されるが、特に殊勝なパーツはムーアの法則に関する記述だ。

多少の定義変更があったとはいえ、
半導体が18ヶ月毎に倍の性能になる、というムーアの法則が50年続いており、
この先2年間で地球上に追加されるPCの能力は、既存の能力を上回り、
そしてこの指数関数的な技術の実りは大半がこれから収穫されるという。
さらに今後24年間で1000倍以上の能力が追加される。
1985年に発売されたスーパーコンピュータCray-2(約40億)と同等の
演算速度をiPad2は実現しているのもムーアの法則で説明がつく。
これは言うまでもなくレイ・カーツワイルのいうシンギュラリティ(特異点)
の考えを支持する主張である。

このセカンド・マシン・エイジがもたらす生産性の伸びは想像を超えたものとなる一方で、
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
 機械技術の発展により現在人間が行っている仕事は機械に取って代わられ、我々は将来失業してしまうのか?というのが本書のテーマ。近年AIの進歩も著しく、似たような内容の書籍は他にも多数出版されていますが、産業革命以降の技術発展を「第一機械時代(ファースト・マシン・エイジ)」と捉える一方、今起こっている技術変化を「第二機械時代(セカンド・マシン・エイジ)」と定義し、コンピュータをはじめとするデジタル機器の発展と今後起こり得る可能性を述べたのが本書の特徴です。
 セカンド・マシン・エイジで際立つ特徴として、「指数関数的な高性能化」(ムーアの法則通り、二倍に高性能化するペースが早くなっていること)「デジタル化」(複製の限界費用が限りなくゼロに近いこと)「組み合わせ型イノベーション」(機械の高性能化と複製のデジタル化により、技術を新しく組み合わせることが容易となったこと)の3つを挙げ、これらの進歩が、人間の仕事のやり方や組織の在り方の変革を迫り、機械に代替されるような「定型的な仕事」は激減し、低スキルの人間の賃金は下がっていき、結果収入の格差は拡大していくだろうと著者は警告する一方、今後は人間固有の価値創造能力をよりよく活用することで、機械は人間を補う存在になりうるだろうと結論付けています。
 解決策はありきたりのもので終わりますが、昨今の機械技術の革新内容が、例えばgoogleの自動運転車乗車体験など、いろいろな事例とともに述べられており、なかなか興味深い1冊です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover