通常配送無料 詳細
残り19点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 メディア堂
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ページ部に薄ヤケがあるので安くしております。読むには全く問題ない状態です。郵便局ゆうメール(ポスト投函)で配送いたします。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス 単行本(ソフトカバー) – 2002/2/23

5つ星のうち 4.2 110件のカスタマーレビュー

その他(7)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
ハードカバー
"もう一度試してください。"
¥ 11,905 ¥ 1,519
単行本(ソフトカバー)
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 249
CD, Audiobook, CD
"もう一度試してください。"
¥ 3,511

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ザ・ゴール 2 ― 思考プロセス
  • +
  • ザ・ゴール ― 企業の究極の目的とは何か
  • +
  • クリティカルチェーン―なぜ、プロジェクトは予定どおりに進まないのか?
総額: ¥5,184
ポイントの合計: 156pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

メディア掲載レビューほか

ザ・ゴール 2 思考プロセス
昨年5月の発売後にベストセラーになった『ザ・ゴール』の続編。前作で紹介したTOC(制約条件の理論)を単なる生産管理の手法から、マーケティングや経営全般の問題解決にも適用できる思考法へと発展させている。

 前作と同じように小説形式で、読みやすさは健在だ。前作では工場閉鎖の危機を救った主人公が、今回は副社長としてグループ会社の経営再建に立ち向かう様子が描かれている。

 この本を読めば、「変化を起こし、実行に移すための手法」を自分で体験したかのように理解できるというのがウリ。現在、日本では政治や企業活動を問わず、改革を唱えるだけで現実は何も変わっていない場合が多い。精神論ではない具体的な手法こそ、改革を推進する人々に広く役立つはずだ。


(日経ビジネス 2002/03/11 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画

内容紹介

This is a "management" novel that shows how to put powerful logical tools into effect at work to produce win-win solutions to seemingly impossible problems. The author also wrote "The Goal". --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 375ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2002/2/23)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4478420416
  • ISBN-13: 978-4478420416
  • 発売日: 2002/2/23
  • 商品パッケージの寸法: 18.6 x 13.2 x 3 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 110件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 4,774位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: ペーパーバック
「The Gola」の続編。前作で、主人公は管理する工場を閉鎖の危機から、見事に立ち直らせて、事業部責任者に昇進した。今回は、事業部長として、管理する複数の会社を、赤字体質から黒字体質へ転換に成功させたが、何と、また大きな難問が振りかかってくる、さて、再び奇跡はおきるのか!?
前作では、生産管理での「制約理論」が展開されていたが、今回は、その適用分野をより広げ、理論の有効性を証明している。
制約理論における、「課題の究明」から「解決策の案出」を実践するツールと思考過程を、主人公と経営トップが話し合いながら進めていく記述は、へたなノウハウ本の記述以上に、説得力がり、また理解しやすくなっている。
今回提示される解決策は、いわゆる「SCM」や「アウトソーシング」であるが、この本にかかると、これらの知識が教科書的なものでなく、自分で体験したかのように理解でき、興奮させられる。
また、企業の売買に関しても、そのプロセスを窺い知ることが出来、興味深かった。
なお、前作では主人公の足を引っ張っていた奥さんが、今回は、結婚式コンサルタントとして成功おさめ、制約理論に精通して、主人公を事ある毎に励ます姿に、前作を知る読者は、苦笑させられるのではないか。
コメント 96人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
本書は全米で250万部、日本で70万部(公称)売れた前作“ザ・ゴール”の続編である。前作はTOCを生産現場に適用した(工場を3ヵ月で立て直す)ストーリーだったが、この“ザ・ゴール2”はTOCの思考プロセスをマーケティングに適用した小説である。

ただ、前作が爆発的なヒットとなったため、TOCが生産現場で使う手法であるという誤った理解が広まってしまった。そのため、本書では、思考プロセスの汎用性を示すために、子供たちが友達との間で抱えているコンフリクトに思考プロセスを適用するトピックスが書かれており、残念ながらそれが散漫な感じを与えている気がしていた。しかし、父親のアレックスから思考プロセスを学んだ息子のデイブが、ビートの会社をモデル会社として売却するという画期的なアイデアを思いつくという伏線になっている。

思考プロセスを実行するための5つのツールの中で、雲(対立解消図)はとても重要でシンプルな手法なので小説の流れに邪魔をしないが、残りの4つのツリーは、逐次的で、言葉で説明すると煩雑で、これらのツールを使う場面を描写すると、小説としては読みにくくなってしまう。そのためか、TOCの中の肝である思考プロセスを扱った重要な小説にもかかわらず、前作ほどのヒットにならなかったのかもしれない。

本書は2002年の発売時に買って読んだ。
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本(ソフトカバー)
 前作「ザ・ゴール」と同様、やっぱり気になってついつい買ってしまいました。このシリーズ?は3つの楽しみかたがあると思います。①TOC(前作)や「思考プロセス」の理論を設定された実施のビジネスの場面を通して具体的に学ぶことができる。②欧米企業の企業に対する考え方。具体的には株主重視に基づくM&Aや企業分割、あるいは上司と部下の関係や組織力学など。③エンタテイメント小説として。
 私の場合は①より②、②より③の部分でこの本を楽しんだ。①について具体的な初級の入門書にはなっていると思うものの、かなり冗長でこっちは他書できっちり学ぶ手もある。③でいくと、ロゴは「あれから」随分と出世して逞しくなっていました。多くの部下に絶対的な信頼を得、家族との関係も随分改善され、精力的にプレイングマネージャとして副社長業に勤しんでいます。学ぶべき姿勢は、普段の仕事の中でともすれば「思考停止」になってしまうコンフリクトに対し、「絶対に対立は解消する」という勇気を持ち続けることだ。そのための、頭の働かせかたのテクニックを学べる。
 会社組織の中で次々降りかかる難題に立ち向かいながらキャリアアップしていくストーリー展開は、アメリカ版「課長(部長)島耕作」と言えるかもしれない。
 家庭の問題に、「思考プロセス」を適応して対処する場面がいくつか出てくるが、おかしくもあり、自戒の念も感じてしまいました。
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2002/3/14
形式: 単行本(ソフトカバー)
①企業の究極の目的はメイクマネーである、といいきった前著ザ・ゴールの主張はキャッシュフロー経営がようやく普及し始めた日本において、新鮮な輝きがあった.本書は、その後の著者の思想の修正が現れており、新たな目的として、顧客価値、従業員価値を高めるべし、の二つが加わることになった.メイクマネーはすなわち株主価値を高めるに過ぎない、という反省だ.
②アレックス・ロゴが格闘して生み出すのは、既に日本でもおなじみのソリューション・プロバイディング、あるいはコンサルティング・セールス、の手法と同じである.顧客の問題を解消してあげること.言うは易く行うは難し.
③アレックスは3つの会社の建て直しに成功する.そう、例え会社を売却しても皆ハッピーになる方法はあるのだが企業価値を高めて他オーナーに渡すM&Aの視点は、手の打ちようがなく売却する日本の経営者には教訓となるはず.
④本書は、多くの人は、「思考プロセス」の解説書だという.だが残念ながら本書で論理ツリーが使いこなせるようになる人は皆無だろう.この点は、「思考プロセス」の解説書か、近年本屋を賑わす問題解決法・論理思考法で優れたものが幾つかある.
⑤本書は小説であるが、前著に比べ小説の面白みは薄れたようだ.前著では、妻のジュリーがなぜ夫のことを理解できないのか不思議で、妙にリアリティーがあったが、本書では思春期の子供とのわずかな葛藤があるのみ.弱々しいアレックスが懐かしい. と、色んな読み方ができる本です.
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック