Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 1,382

¥ 346の割引 (20%)

ポイント : 138pt (9%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[エリヤフ ゴールドラット]のザ・ゴール
Kindle App Ad

ザ・ゴール 46 , Kindle版

5つ星のうち 4.4 288件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 1,382

商品の説明

商品説明

   機械メーカーの工場長である主人公のアレックス・ロゴを中心に繰り広げられる工場の業務改善プロセスを主題にした小説。通常、アメリカでベストセラーとなったビジネス書は、すぐに日本語に翻訳されるものだが、本書は世界で250万部売れたにもかかわらず、17年もの間日本での出版だけが認められなかった。いわば「幻の名著」である。

   長引く経営の悪化、工場閉鎖までたった3か月の猶予期間、多忙な日々のなかないがしろにしてきた妻との離婚の危機…。アレックスは、あまりの危機的状況にすっかり意気消沈していた。その前に、モデルは著者と目される恩師、ジョナが現れ、彼にアドバイスを与える。工場を救うために業務改善に挑む登場人物の苦悩や目標達成の興奮が伝わってきて、ビジネスの醍醐味を感じさせるストーリーだ。

   本書は小説ではあるが、その内容は恐ろしいほど実践的で、会計情報の正しい見方や落とし穴、「効率化」の陰に隠された諸問題を浮き彫りにする。魅力的なストーリーの中に複雑な業務改善のノウハウがわかりやすい形で盛り込まれており、ビジネスパーソンやマネジャー必読の内容である。

   また本書は、問題解決にあたってはゴールを共有し、信念を貫くことが重要であること、数字の陰に隠された実態を見抜くことの重要性、情報共有化の意義など、経営において重要な示唆も与えてくれる。

   本書が長い間日本で出版されなかった理由については、「解説」で著者エリヤフ・ゴールドラットのコメントが引用されている。それによると、「日本人は、部分最適の改善にかけては世界で超一級だ。その日本人に『ザ・ゴール』に書いたような全体最適化の手法を教えてしまったら、貿易摩擦が再燃して世界経済が大混乱に陥る」というのが出版を拒否し続けた理由らしい。

   本気か冗談か知らないが、いずれにしろ、アメリカが出し惜しみするほどの名著を日本語でも読めるというのは非常に喜ばしいことである。(土井英司)

メディア掲載レビューほか

ザ・ゴール 企業の究極の目的とは何か
続編として『ザ・ゴール2』も出ており,こちらもお薦めだ。ザ・ゴールは約17年も前に米国で出版され,250万部の大ベストセラーになったが,日本を脅威と感じていた著者によって日本語訳が許可されなかったといういわく付きの本である。

「全体最適化」と呼ぶ考え方に基づいて経営をいかに立て直すか,という著者の実経験に基づいて物語り風につづられている。主人公がある会社の工場に赴任したところ,赤字続きで3カ月後には工場閉鎖というところまで追いつめられていた。そこで主人公は,経営を舵取りする際の思考のプロセスをガラリと変え,工場再建に挑むというストーリである。訳は読みやすく,小説として読み流しても楽しい。しかし,内容はかなり高度な経営理論であり,具体的なノウハウも満載なので,大変勉強になる。

全体最適化の考え方を一言で説明すると,ある部分だけに着目して最適化をしても,決して全体の最適化にはつながらないというものだ。工場で,ある生産工程を最適化して効率を追求したとしても,次の工程が滞ってしまえば生産性は落ちる。では,次の工程を最適化すればいいかというと,前の工程とのつながりを無視していれば結果は同じである。つまり一番大切なのは,常に全体を見てゴールに近づいているかを基準にしなければならないということである。そして,その中でボトルネックを見つけて,全体の中の一部分を必要に応じて最適化すべきだというのが「全体最適化理論」である。

タイトルにもあるゴールとは,経営を立て直して会社が儲かるようにすることだ。経営を再建するとなると,とかく各部署に号令をかけて一律で業務効率アップに取り組みがちだが,逆に最適化しない方が,生産性を向上させる部分があるかもしれない。

本書に書いてあることは,よく考えれば当たり前だったりする。しかし,たとえを多用してわかりやすく書いており,実際に全体最適化のための具体的な思考プロセスがこと細かに書かれているので,すぐに活用できるだろう。

別の視点から見る習慣をつけよう

おもしろいのは,思考プロセスとして全体最適化の考え方が経営以外にも応用できる点だ。本書では,家庭の問題に応用して,家庭生活を円満に切り抜けている。

私の場合は,エンジニアとしての業務にこの思考プロセスを応用している。ネットワークの改善を提案したり,新サービスを設計する場合,ゴールはネットワークの品質がよく,オペレーションがしやすく,コストを安くすることである。ところがよくありがちなのは,目の前にある技術やツール,機器のことばかりに目が奪われてしまい,目標を失いがちなこと。常にゴールを見て全体を最適化する目で取り組めば,本当に必要なこと,やるべきことが自然と見えてくる。

本書を読んだ影響だけではないが,物事はいつでも多面的に見るべきだと最近つくづく思う。ICANNアイキャンやAPNICエーピーニックといったインターネット関連団体で議長職のような仕事をしていると,世界各国から言葉や文化,習慣,性格が違う人たちから,私の想像を超えたおもしろい意見が出てくる。ごくごく単純な話でも,生きてきたバックグラウンドが違うだけでまったく別の見方をする。同じ形に見えても,人によって見ている“面”はそれぞれ違うのだ。

興味深いことに,いろいろな人の違う意見に対してきちんと耳を傾けると,見方が変わるというか画一的だった自分の意見がどんどん成長してくる感覚が味わえる。さまざまな意見のうち,どれかが間違っていてどれかが正しいということはない。すべての意見に一理あるわけで,単にイエス,ノーでは割り切れない。これを踏まえて議論すればするほど,自分の中でみんなの意見が共有でき,自然と全体がよく見えてくる。

物事には必ず裏側にいくつもの面が隠れていて,そのすべてが正しい。技術の裏には経営があるのと同じだ。全体最適化を実践するには,とにかくいろいろな見方ができないと始まらない。技術書以外の本を読んだり,自分以外の人の意見に耳を傾けてみよう。

( 荒野高志)
(日経NETWORK 2002/05/01 Copyright©2001 日経BP企画..All rights reserved.)
-- 日経BP企画


登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2142 KB
  • 紙の本の長さ: 552 ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社; 46版 (2001/5/17)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B0081M7YEE
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 288件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 1,159位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: Kindle版 Amazonで購入
会社が本来的に目標にするべきものは何か、そして、それを達成する為にどのように状況を解釈し、何をしていけばいいのかがストーリー形式で自然と理解できる本。

成果を出すために個々のプロセスにおいて様々な指標を用いて管理し効率を追求しているものの、なかなか成果につながらずに混乱している人は一読の価値あり。

目標とは、

・純利益
・投資収益率
・キャッシュフロー

であり、

達成の為に必要な指標は、

・スループット(販売を通じてお金を作り出す割合)
・在庫(販売しようとする物を購入するために投資したすべてのお金)
・業務費用(在庫をスループットに変えるために費やすお金)

で全て定義できると教えてくれます。

頭のなかが整理できた段階で収益を生み出す一連のプロセスにおいてボトルネックが全てのプロセスに制約をもたらすということ、そして、それをゼロベースで改善する為のリーダーシップのあり方を見事に描いています。

単純に読み物のとしても面白く、ワクワクできる内容です。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
工場に勤めている私としては非常に楽しく読ませていただきました。
読んでみると日本人が感覚でしている事に非常に似ているという印象を持った。
そして、確かに海外工場で起きている事と同じような現象が書かれてあったり、生産管理の思想が弱い工場でも同じ現象を見たことがある。
正しい思想を教える為に特にルールに縛られやすい海外現地スタッフに見せたい本です。
いろんな技術的問題、地理的問題がある工場で本と同じように成功するとは思えないが、助けにはなる保証アリ。また、思想だけ欠如している工場にはもってこいの本。
三本木さんの翻訳うますぎ!小説として考えるだけでも楽しく読ませていただきました。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
最初に読んだのは何年前だったか忘れました。
物語としてよく出来ていて面白く読みました。
数年後少し賢くなってから?読むと理解が深まりこのケースのことを指していたのか!と納得。
読み手のレベルに合わせて楽しめるというすごい本だと思います。
「ボトルネック」の意味や現実、「キャッシュフロー」の意味が自分のレベルに合わせて理解できます。
年末に読み返すようにしています。同じ本から新たな発見、忘れていたことの復習ができます。すばらしい。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
600ページ近くある分厚い本ですが、プロセス改善についてストーリー形式で綴られていて、ビジネス本が苦手な人でも気軽に読めると思います。これを読めば大なり小なり、自分の勤める会社の間違いに気付くかもしれません。こんな本が、何十年も前に発売されていたなんて目から鱗が落ちました。まぁ実際には、この本に書いてる問題に躓いている会社は、ある意味経営がヤバイと思います。それでも、プロセス改善のヒントは見つかるとは思いますから、読んでみる事をオススメします。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ロジスティック団体が開催するセミナーの参考図書として紹介されたため読みました。ビジネスに生かす参考書としての部分と主人公の私生活上の悩みが上手にミックスされていて、読み応えのある作品でした。ビジネス書としての主な内容は博士のTOC理論の解説と実践方法がメインとなります。この理論を理解することが重要なのであれば、家庭の悩みの部分については斜め読みでいいです。ぱっと見分厚いので、敬遠される方もいらっしゃるようなのですが、不要な部分を飛ばせるので、分厚い割にはさくさくと読めます。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
物語に耐えられない人には当然向かないけれど・・・
大人として読むべき本であることには違いない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: ペーパーバック Amazonで購入
問題を解決するためには、事実確認し、現実を受け入れ、今迄の常識・慣習・行動パターンを捨てるところから(再構築:全ては、当たり前ではない)。

自分たちで考え、理解し行動しなければ、真剣に取り組まないし、途中で投げ出すことにも(直ぐに、1〜10まで専門家に頼らない)。

仲間内で切磋琢磨し、お互いを高めあう話し合いを(相手の話を頭から否定するのでなく、建設的な議論を)。

基本を注意深く観察し、良く考え、今迄とは角度を変え、簡単にできる事から、焦らず着実にやってみて(頭で考えるだけでなく、行動、実地を)、効果を検証し、次の改善につなげる(PDCA)。

異業種の人の意見も有益(岡目八目)。 部分に囚われず、全体を俯瞰し、決して諦めない(改善のヒントは、至る所に転がっている)&時に、物事を単純に考えてみることも。

仕事を効率的にこなすために、家族との時間を大切に(プライベートの充実が、仕事面にも波及する)。

お互いの時間を共有し(食事を共にし)、話し合う事(仕事のことは、話してもムダと思わない)。

相手を尊重し、思いやる心(ただ一緒にいれば、家族ってわけではない)。

誰かの為に(家族等)の方が、自分の為だけよりも、さらに顔晴れる。

日本には、トヨタ生産方式(カンバン&カイゼン)がある。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー

click to open popover