この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ザ・コールデスト・ウインター 朝鮮戦争〈下〉 (文春文庫) 文庫 – 2012/8/3

5つ星のうち 3.9 19件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
Kindle版
単行本
¥ 367
文庫
¥ 8,800 ¥ 2,195
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Kindle書籍 2冊以上購入で『20%ポイント還元』
小説・ビジネス・ライトノベルの人気タイトルがお買い得。お好きな本を2冊以上購入で20%ポイント還元! 今すぐチェック

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

「Die for a tie」(引き分けるために死ぬのだ)―中国参戦はないというマッカーサーの誤算が引き起こした消耗戦。この凄惨な戦争の始まりから終結までを、膨大な資料と生還した兵士たちのインタビューで詳述、その歴史的意義を新たな視点から照射する。ハルバースタムが10年の歳月をかけて取材執筆、最後の作品にして最高傑作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ハルバースタム,デイヴィッド
作家。アメリカが生んだ最も偉大なジャーナリスト。1934年生まれ。1955年にハーバード大学を卒業後、『ニューヨーク・タイムズ』入社、ベトナム特派員としての経験と広範な取材をもとに、ケネディ政権がベトナムの悲劇に突き進む様を描いた『ベスト&ブライテスト』(1972年)で大きな賞賛をあびる。以降、徹底したインタビューと、エピソードを積み重ねるニュージャーナリズムと呼ばれる手法で、アメリカのメディア産業の勃興を描いた『メディアの権力』(1979年)、日米自動車戦争を描いた『覇者の驕り』(1986年)など、骨太な現代史のテーマを次々とものにした。2007年4月23日、交通事故で死亡

山田/耕介
1935年生まれ。元東京新聞・中日新聞記者。香港支局、マニラ支局長などを経て翻訳業

山田/侑平
1938年生まれ。元共同通信記者。ニューヨーク支局員、ブリュッセル支局長など歴任。人間総合科学大学名誉教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 621ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2012/8/3)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4167651831
  • ISBN-13: 978-4167651831
  • 発売日: 2012/8/3
  • 梱包サイズ: 15.2 x 10.8 x 2.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.9 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 286,822位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

2015年9月6日
形式: 単行本|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2016年1月11日
形式: 文庫|Amazonで購入
2人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年7月10日
形式: 文庫|Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年10月15日
形式: 文庫|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2015年10月8日
形式: 文庫|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2014年7月12日
形式: 文庫|Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2018年1月22日
形式: 文庫|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2013年9月3日
形式: 文庫|Amazonで購入
3人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告

最近のカスタマーレビュー