ザ・インタープリター [DVD] がカートに入りました
+ ¥ 350 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: DVD1枚、ケースのセットです。その他の付属品はついておりません。中古の為、ケースにスレ等、多少の使用感がございます。盤面クリーニング済みで、再生に問題のない商品です。※48時間以内の迅速な出荷を心掛けております。ゆうメールにて発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

ザ・インタープリター [DVD]

5つ星のうち 3.5 51件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 3,564
価格: ¥ 980 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,584 (73%)
残り2点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、✅送料無料 ✅丁寧に梱包発送致します ☆ファミコントップ(愛知県) ✓English Supportが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品にはコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。

  • 【50%OFF以上多数】DVD・ブルーレイ冬の大セール開催中(2017年1月31日まで)バーゲンコーナーを今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • ザ・インタープリター [DVD]
  • +
  • ピースメーカー [DVD]
総額: ¥1,907
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ニコール・キッドマン, ショーン・ペン
  • 監督: シドニー・ポラック
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: ユニバーサル・ピクチャーズ・ジャパン
  • 発売日 2005/09/23
  • 時間: 129 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 51件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0009MUDV0
  • EAN: 4580120514145
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 49,298位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

Amazonレビュー

   ニコール・キッドマン、ショーン・ペンという2大実力スターが共演した社会派サスペンス。ニコールが演じるシルヴィアは、国連に勤務する同時通訳で、アフリカのクー語(架空の言語)を担当する。そのクー語が使われる小国マトボ(こちらも架空)の大統領が国連で演説することになるのだが、シルヴィアは大統領が暗殺するという情報を聞いてしまう。シークレット・サービスのトビンがシルヴィアを護衛するが、彼女も怪しげな行動をとる。
   マトボの国情には、アフリカ各国の悲惨な現状が凝縮されており、突然の激しいアクション場面とともに、随所で背筋を凍らせる。全体の展開はやや複雑で不可解な点もあるが、シルヴィアの素性が明らかになるにつれ、彼女とトビンが悲痛な心を慰め合う物語も生まれ、感情移入しやすくなっていく。それでいて、深いラブストーリーになだれ込まないのはリアル。主演2人は、いつもながらの名演(とくにクライマックスのペンの切ない表情は絶品!)だが、最も印象に残るのは、ニューヨークの国連本部内の映像だろう。ドラマに真実味を与えるのはもちろん、劇映画としては初めて撮影が許可されたという点でも、一見の価値はある。(斉藤博昭)

内容(「Oricon」データベースより)

国連通訳として働く女性が、マトボ共和国の大統領暗殺計画を知ってしまったことから命を狙われることに…。ニコール・キッドマン、ショーン・ペン出演による愛と感動のサスペンス・ドラマ。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
これとても面白かったです!!!
最初から最期まですごい緊張感で気を緩める暇が無い!STORYに無駄が無い!これだけの話をよく118分に収めましたね~編集の勝利!ぐいぐいと画面に引き込まれて行きます。極上のミステリー&サスペンス!久々に迫力のある映画を見ました!こういうの大好きです。堪能しました~♪星10個あげてもいいです!笑 
途中飛び上がるほどビックリするシーンがあります。お気をつけ下さい。笑
二コールは美しい~立ち姿が決まってるし、歩き方も絵になる!知的な女性の役に声のトーンがぴったりでトータルで素敵です!後半の感情をあらわにするシーンでは細かな心の揺れを表現して秀逸!もとよりニコールファンですが、ますます好きになりました。
ショーンは苦手な俳優さんでしたが、この映画ではあまり気になりませんでした。むしろやっぱり役者さんとしては力量があるうまいひとなんだなあと感心しました。ラストでショーンが柵の上に座っているのは二コールとの身長差をカバーするため?映画の途中ではあまり気にならなかったけど、カバーしようとすると返って目立ってしまう気がします。
脇役でニコールの兄の友人のカメラマン、フィリップ役でシャルロット・ゲンズブールの夫のイヴァン・アタル、トビンの上司の役で監督のシドニー・ポラックが出演しています。
ただひとつだけ気
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
みたいみたいと思っていて、劇場ではみ損ねました。テーマといい登場人物といい期待をしてみました。
で、面白い映画だったと思います。期待通りでしたね。

ションペーンはいい。 非常にいい味を出しますねえ、この役者さんは。
ニコール・キッドマンは、こう言う映画、特に似合いますね。ピースメーカの時と一部重なり一部異り。
やはり非常にインテリジェントで、しかもかわいい。キャリアあるコケティッシュな女性として、まさ
にぴったし。 これまた、期待通りでありがとう、と言う感じ。ほんと素敵だわ。
好み的には、ションペーンの同僚の女性シークレットサービスがいい味だと思う。

ポリティカルサスペンスとしてもヒューマンドラマとしても、一級だと思いますね。
あぁ、おもしろかった。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
この作品、時間を置いてもう一回見ようと思っております。というのは、故シドニー・ポラック監督の遺作となったこの作品、1934年に生まれて2008年に亡くなられた監督の目から見たこの作品は何だったのかに充分得心が行ってないからです。
私はまだこの映画を充分に読みきれておりませんが、制作年度とアメリカの対テロ戦争の経緯を考慮するに、このアフリカのマトボの大統領の示すものは、アメリカ自身の事ではないでしょうか? 国連を舞台に街並以外はアメリカというものを切り落としているように見える本作を考えますと、どうもそういう匂いがします。再度観劇した後にレビューを書きなおそうと思っております。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
このDVDを購入したのは、劇場で観たときにスクリーンいっぱいに映し出されたニコール・キッドマンのアップに魅了されたから。ブルーのちょっと充血したかのような瞳の美しさ。緊迫感をはらんだ彼女の顔、姿から目が離せない。背がすらっと伸びて華奢な姿がホント美しい。映画としては、ちょっと中途半端な出来で残念。本来、観客はS・ペンと同じ視点でこの謎めいたストーリー、キッドマンの振る舞いに、疑問を抱きながらも引き込まれていくというのが理想的な展開だと思うのですが・・・。どうもこの妻に先立たれた男のキャラクターがよくわからなくて、前半は誰に感情移入できるわけでもなく、謎ばかりのストーリーに付いていくのがやっとという感じ。(一度、観てストーリーがわかると、そんなことはありませんが!)バスのシークェンスからは、サスペンスが一気に盛り上がっていきます。このバスの場面、シチュエーションと演出でこんなに手に汗握ったのは久しぶり。ポラックが意識したかはわかりませんが、ヒッチコックの演出を彷彿とさせるものがあります。初めて国連内でロケした映像も見ものです。撮り方、構図がよいからでしょう、会議場などが美しく捉えられています。ラストシーンも国連の理念に通じるようなものが感じられて感動的です。初めて観たときは、S・ペンがどうにもミスキャストにしか思えなかったのですが、キッドマンを兄のような存在として守っていると思うと違...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー




フィードバック