通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ザビエルコード (「eブックランド文庫」) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ザビエルコード (「eブックランド文庫」) 単行本(ソフトカバー) – 2012/6/11

5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2012/6/11
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 96
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



Amazonランキング大賞2017上半期 本
やせるおかずの柳澤英子さん、白石麻衣さん、にしのあきひろさん、諫山創さんからの受賞コメント付き 和書総合ランキングTOP20へ

商品の説明

出版社からのコメント

400年前の歴史と現代が織りなす興味尽きないノンフィクション・ノベルです。豊後竹田には禁教令の後、宣教師たちが潜んで布教していた洞窟が実在します。キリスト12使徒の1人ヤコブ(スペイン語SANTIAGO=日本語サンチャゴ)の石像頭部と1612年の年号を刻んだサンチャゴの鐘も遺っている。竹田市は2012年の岡藩城下町400年祭でこの鐘を復元して、それらを飾る聖堂の建立も計画するなど、「ザビエルコード」はその背景を語る重要な小説として竹田市の推薦図書に指定されました。

著者について

明治以来百年、祖父(甲山)、父(堅)、著者の三代に亘り、途中戦争で途切れそうになりながらも、受け継いだ伝承と探索をまとめたことからペンネームを甲山 堅とした。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 277ページ
  • 出版社: eブックランド; 2刷版 (2012/6/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4902887215
  • ISBN-13: 978-4902887211
  • 発売日: 2012/6/11
  • 梱包サイズ: 18.2 x 13 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,074,761位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
2
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

ルイス・フロイスが「日本史」の中で、1571(元亀2)年当時高槻城主だった武将和田惟政の突然の死を悼んで書いた一章があります。この部分に深く惹かれた私は、惟政公についてこの数年調べてきました。するとどうしても関わってくるのが高山右近とその父高山飛騨守です。その二人が高槻城を惟政公の息子からいわば奪取して城主になったあたりは、昨今カトリック教会側で盛んになっている高山右近の列福運動にある、キリスト者の模範とされる右近の姿とはかけ離れた感があり、強い違和感を覚えました。

ある日、「ザビエルコード」の存在をe-book(でしたか?)で知り、読んでみたところ、右近についての箇所に行き着きました。目を疑うほどの驚きとともに私の疑問が晴れました。高山右近は双子だった、私たちが思っている右近は実は左近。。。大納得です。

また、高山右近のほかにこの本に登場する中川清秀、安威了佐、古田織部などの摂津の武将たちとその土地で盛んだったキリスト教信仰の背景、そして中川清秀の子孫が受け継いだ豊後岡藩とのつながり、が詳細に語られており、類を見ない素晴らしい解説であると思います。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
・多角的に史跡や資料を駆使して書かれている。「推測」部分は多いが歴史物だからやむなし。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告