通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
ザビエルの首 (講談社文庫) がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆非常にきれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

ザビエルの首 (講談社文庫) 文庫 – 2008/8/12

5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 792
¥ 792 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • ザビエルの首 (講談社文庫)
  • +
  • はじまりの島 (創元推理文庫)
  • +
  • 新世界 (角川文庫)
総額: ¥2,412
ポイントの合計: 61pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

その首が過去へ誘う。時の彼方の殺人事件

聖フランシスコ・ザビエル。日本にキリスト教を伝えたその人の首が、あるはずのない鹿児島で発見されたという。彼の首と、目を合わせてしまった修平の意識は、聖人が立ち会った400年以上前の殺人の現場へ跳ばされるーー。時空を超えて、誰もがその名を知る歴史上の人物にまつわる謎を解く異色ミステリー。

※本作品は、2004年10月、小社ノベルス『聖フランシスコ・ザビエルの首』として刊行されたものを改題しました。

内容(「BOOK」データベースより)

聖フランシスコ・ザビエル。日本にキリスト教を伝えたその人の首が、あるはずのない鹿児島で発見されたという。彼の首と、目を合わせてしまった修平の意識は、聖人が立ち会った四百年以上前の殺人の現場へ跳ばされる―。時空を超えて、誰もがその名を知る歴史上の人物にまつわる謎を解く異色ミステリー。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 400ページ
  • 出版社: 講談社 (2008/8/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4062760835
  • ISBN-13: 978-4062760836
  • 発売日: 2008/8/12
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 633,149位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.5

トップカスタマーレビュー

投稿者 志村真幸 トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2013/3/12
形式: 文庫
 2004年に講談社ノベルスとして出た『聖フランシスコ・ザビエルの首』の改題・文庫化。
 語り手である現代日本のライターが、ザビエルの生きている過去に意識だけ飛ばされ、殺人事件の謎を解くという話。4本を収める短編集。
 ミステリとしては他愛もない。むしろ、設定の怪しさで読ませるような本だ。いったい誰がザビエルを題材にこんな話を考えつくだろう。
 また、過去の世界の迷信深く信心深い人たちを相手に、語り手が快刀乱麻を断つがごとく謎を解決していくあたりに爽快感があった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
日本にキリスト教を伝道したフランシスコ・ザビエルをテーマにした連作短編。
なぜか日本人ジャーナリスト(?)がザビエル周辺の人物に憑依してミステリー(すべて殺人事件)を解き明かす。
ただ、この主人公があまり人間的に魅力がないため共感を覚えにくい。
ミステリー自体も後半(より遠い過去)に行くほど質が下がる感じだ。
ザビエルに関して、最後にオチ(といっていいのか?)のエピソードがある。
ザビエルとイエズス会(軍事組織でもある)が布教の過程で何をやってきたのか描かないと、彼が背負う精神的重みが感じられないだろう。
同じ作者の『はじまりの島』 『黄金の灰』 の密度の濃さにはほど遠い。
はじまりの島 (創元推理文庫)
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
2004年に出版された歴史ミステリの連作集。

雑誌記者の主人公が、フランシスコ・ザビエルの首が日本で発見されるという事件をキッカケに、ザビエルが生きていた時代にタイムスリップし、しかも、ザビエル周辺の人の体に精神が乗り移り、そこで起きた殺人事件を解決していくというもの。

4章に分かれ、それぞれ、若干、タイムスリップする年代が異なることで、日本におけるザビエル、インドにおけるザビエル、パリのザビエルと、フランシスコ・ザビエルが神の戦士として、各地を回ることとなった経緯から、その死に至るまでのエピソードをうまく利用している。
もちろん、そのエピソードは史実を踏まえながらも、フィクションだけど、こういった歴史ミステリ好きの私には、楽しく読めた。

また、著者らしく、エンターテイメントとしても成立させながら、キリスト教、特にカトリックの教義と仏教、ヒンズー教など、さらにはプロテスタントとの教義の違い、宗教観の違いをうまく取り入れていて、宗教批判とは言わないまでも、あの2001年9月11日のテロなどの現代の「宗教戦争」についての主張も混ぜているところがいい。

軽い読み物なんだけど、いろいろ考えさせられる1冊だった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告