通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サードカルチャーキッズ 多文化の間で生きる子どもた... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
発売元 にゃんこ堂☆
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品のため多少のスレ、クスミ、ヤケ, 折れ等がある場合が御座いますが概ね良好な状態です。表紙カバーが画像と異なる場合がございます。商品の発送は注文確定後3日から4日程度を要す場合がございます。発送前の点検時に問題が発見された場合はメールにてご連絡をさせていただきます。発送方法はゆうメールにて発送致します。商品到着までに、天候等により多少の遅れが発生する可能性も御座います事をご了願います。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サードカルチャーキッズ 多文化の間で生きる子どもたち (クロスカルチャーライブラリー) 単行本 – 2010/9/9

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2010/9/9
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 1,043

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サードカルチャーキッズ 多文化の間で生きる子どもたち (クロスカルチャーライブラリー)
  • +
  • 私も「移動する子ども」だった
  • +
  • 異文化に暮らす子どもたち―ことばと心をはぐくむ
総額: ¥4,752
ポイントの合計: 144pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

今後日本でも確実に増えていく「サードカルチャーキッズ」。
一人でも多くの方に、知られざる彼らの心の叫びに注目していただき、
グローバル化が生み出したこの問題を知ってほしい。

内容(「BOOK」データベースより)

サードカルチャーキッズとは?両親の生まれた国の文化を第一文化、現在生活している国の文化を第二文化とし、この2つの文化の間で、特定の文化に属することなく独自の生活文化を創造していく子どもたちのことをいう。


登録情報

  • 単行本: 340ページ
  • 出版社: スリーエーネットワーク; 初版 (2010/9/9)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4883195260
  • ISBN-13: 978-4883195268
  • 発売日: 2010/9/9
  • 商品パッケージの寸法: 2.1 x 12.8 x 18.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 237,396位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

海外で子育て中です。我が子がどんなことで悩んだり、躓いたりするのか、またそれをどう親がケアしてあげられるのかを知りたくて購入してみました。原著は英語なので、やはり日本ぽくない感はあるのですが、訳者の方が実際にTCKの親であるとのこと、安心して読むことができました。本の帯に「僕の居場所はどこ?私のふるさと(国)はどこ?」と書いてあります。グサリとします。海外転勤が多いご家庭の方におススメです。しかし、本の中にでてくる例として挙げられるTCKがみな日本人以外です。そのため、日本人独特の村社会文化からくる「日本人から見た、日本人帰国子女」についての問題は当然ありません。世界的に見たTCKの分析本として読むと良いと思います。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告