Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 500
100万冊以上を読み放題でお読みいただけます。 詳細はこちら
読み放題で読む
または

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[茶太郎豆央]のサードウェーブ! : サンフランシスコ周辺で体験した最新コーヒーカルチャー
Kindle App Ad

サードウェーブ! : サンフランシスコ周辺で体験した最新コーヒーカルチャー Kindle版

5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版, 2013/5/11
"もう一度試してください。"
¥ 500

【50%OFF】Kindle旅行本フェア
対象の旅行関連本が50%OFF。GWに向けて春のお出かけに、Kindle版で手軽に持ち歩こう! 今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

「サードウェーブ・コーヒーカルチャー」をご存じでしょうか。

コーヒーの波の第三波、現在アメリカ西海岸を中心に
世界に広がりつつあるコーヒーの文化のことです。

コーヒーの味をよりアースフレンドリーかつ多様化し、
またコーヒービジネスをコモディティからサステナブルに変えた、
オープンで共有することを価値とする最新のカルチャーです。

カリフォルニア州・バークレーに引っ越した茶太郎豆央(ちゃたろう・まめお)は、
サードウェーブ・コーヒーの味に魅了され、様々な新しいコーヒー体験をしていきます。

本書では、2012年5月12日から1年間に出会った様々なコーヒーピープル、
焙煎所、カフェと、コーヒーの味、その裏に隠れる歴史に迫ります。

そこには、あなたの毎日のコーヒータイムを大きく変えるヒントが隠されていたのです。


■ 著者について

 皆様、はじめまして。

 「茶太郎豆央」(ちゃたろう・まめお)は、アメリカ西海岸、サンフランシスコ近郊の街バークレーから、最新のコーヒーカルチャーを日本にお届けするコーヒーユニットです。当初は、コーヒー豆のギフト付きメールマガジンとして、ユニットのミッションでもある茶飲み話の「茶」(コーヒー)と「話」(マガジン)を毎月お届けしてきました。

 本書は、ユニット結成からちょうど1年たった2013年5月12日に、過去1年間に体験してきた、コーヒーの第三波、サードウェーブ・コーヒーカルチャーについてまとめた、茶太郎豆央初の書籍となります。

 サンフランシスコは、第三の波と言われるサードウェーブ・コーヒーカルチャーの発信地です。日本も含めた世界中で、スターバックスが街角に溢れ、良質で安価なコーヒーが身近に楽しめるようになりました。しかしその裏で、西海岸では新しいコーヒーのムーブメントが静かに始まり、西海岸以外の都市に飛び火し拡がりを見せています。

 小規模な焙煎所が、生産者と直接、あるいはフェアトレードでオーガニックの豆を仕入れ、大切に焙煎し、新鮮なうちに地元の人たちにコーヒー豆やドリンクとして提供する。大量消費、大量流通とは一線を画した、持続可能でアース・フレンドリーなコーヒーこそ、サードウェーブの特徴です。しかし、サードウェーブ・コーヒーカルチャーを通じて、全く違う体験を発見します。それは、日本人として非常に共感でき、また誇りに思えることばかりでした。

 茶太郎豆央では、体験した中で、サードウェーブ・コーヒーカルチャーからの2つの発見をお伝えします。

 一つは、サードウェーブ・コーヒーカルチャーの中に垣間見ることができる「日本」を発見したこと。活躍する日本の道具や、コーヒーや時間に対する所作など、様々な曲面で日本人として深く共感できることが多かったのです。こうした発見をお伝えしたいと思います。

 二つ目は、日々の生活の中で「コーヒーを淹れる時間」を、自分や家族、友人のための時間として再発見することです。効率化とは真逆の、コーヒーにまつわる時間、コーヒーを囲んだ時間が「ていねいな暮らし」に変わっていく発見は、暮らしを非常に豊かに彩るものであり、たくさんの人に体験して欲しい、と考えました。

 サードウェーブ・コーヒーカルチャーの体験を通じて出会ってきた人たち、ロースターやそこで働く人々、コーヒーが好きな人々みんなが、オープンで、フレンドリーで、シェアを大切にしていました。おいしいコーヒーをひとりでも多くの人と楽しめるようにし、それに関わる人皆が幸せになるよう努力する、そんなコミュニティの話を、拡げていきたいと強く願っています。



■ 目次

【はじめに】

【序章】サンフランシスコのサードウェーブ・ロースター探訪

  サードウェーブの風景とは
  サードウェーブの代表格となったブルー・ボトル
  ストイックなフォー・バレル
  サイトグラスにみる味とコーヒー空間
  老舗リチュアル・コーヒーの功績

【第1章】 きっかけ:越境して出会った新しいコーヒー文化

  東京から移り住んだバークレーという街
  フェリー・ビルディングという場所
  バークレーはカフェラテ発祥の地だった
  サードウェーブ・コーヒーとの出会い
  茶太郎豆央プロジェクトのスタートへ

【第2章】 歴史:コーヒーカルチャーの波と第三の波への道のり

  コーヒーカルチャーの「波」とは
  「セカンドウェーブ」発祥の地、バークレー
  セカンドの役割と、遅れてきたからこそのサード

【インタビュー1】 ミスター・エスプレッソが遂げたサードウェーブへの進化

  ベイエリアをコーヒーの本場に変えたロースター
  エレベーターからエスプレッソへ
  独自のローストと味の革新
  サードウェーブと対話し、次を見据える

【第3章】 「Starbucked」とはなにか?サードウェーブの反骨精神

  バークレーのカフェで
  コーヒーの味はスタバで覚えた
  フェアトレードへの消極姿勢に批判が集まる
  味の多様化のきっかけ
  スターバックスからの歩み寄り

【第4章】 カッピング:オープンで学びあふれるサード体験

  カッピングとは
  ブルー・ボトルのパブリック・カッピングに参加
  焙煎前の豆を知る
  豆そのものの香りを楽しむ
  飲む前に、さらに香りを楽しむ
  浮かんだ豆を取り除き、いざ試飲
  学びと交流を与えるパブリック・カッピング

【第5章】 場所:家で楽しむサードウェーブ

  サードプレイスから進化するコーヒーを楽しむ場所
  まずはコーヒーメーカーを捨てなさい
  ポア・オーバーのための道具と、新しい味に会える道具
  湯を沸かす、注ぎ入れる「やかん」
  豆を挽く「ミル」
  コーヒーを淹れる「ドリッパー」

【第6章】 作法と道具:日本に通じるサードウェーブ

  世界に通用する日本の文化
  もてはやされる日本の道具

【インタビュー2】 スタンダードとなったHARIO V60

  2011年夏、サンフランシスコでHARIO V60に出会う
  HARIOのガラス作りとV60
  1本のビデオで火がついた
  ひたすら道具に徹すること
  対話から新しいアイディアが生まれる
  日本の心意気も世界に広がる

【第7章】 時間:サードウェーブが教えてくれる本質

  時間をいかに「消費」するか
  DIYと、ていねいに暮らすこと
  ていねいな時間をいかに作るか
  ていねいに淹れる
  ていねいに頂く

【終章】 コーヒートーク:サードウェーブとその次を巡る旅

【あとがき】

【謝辞】

【参考文献】

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 2797 KB
  • 紙の本の長さ: 127 ページ
  • 出版社: 茶太郎豆央; 1.1.0版 (2013/5/11)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B00CQW6XLK
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: Kindleストア 有料タイトル - 55,313位 (Kindleストア 有料タイトルの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

Amazonで購入
アメリカ在住の日本人が、第三の波として今アメリカ西海岸でスタバの後に来ているコーヒーの世界のお話。コーヒーの歴史から、新しい楽しみ方、アメリカのコーヒーの世界の中に見る日本などあらゆる角度から色んなストーリーが。読んでいるだけで自分が一緒に旅している気にすらなります。スタイリッシュでとにかくオシャレ!!!一読の価値アリです☆☆☆
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
面白かった。楽しそうな夫婦。ていねいな暮らし。

茶太郎豆央というユニットが、
西海岸で主流になっているサードウェーブコーヒーを紹介している本です。

僕個人はコーヒー初心者なのですが、
なかなかフェチズムをくすぐられる。

サードウェーブコーヒーの本なんですけど、
・ビジネスとしてのサードウェーブ
・ファッションとしてのサードウェーブ
・デザインとしてのサードウェーブ
・ライフスタイルとしてのサードウェーブ
などなど、様々な視点がサードウェーブを題材にして盛り込まれていて、
読み応えありますし、だけれども本書に出てくる、
海の向こうの「ヒップスター」になっていなくて、
きちんと日本人がサードウェーブというムーブメントの中で見つけた日本の良さ、
みたいなところにもフォーカスがあって、
嬉しいなと思いながら読みました。

それと、僕はここに書いてあるエッセンスのいくらかを、
地元のfe.a coffeeさんというお店で経験させていただいています。
生活圏にたまたまそういうお店があって、
生豆の薫りをかがせていただいたり、
豆のことや淹れ方のこと、そ
...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
コーヒーをゆっくり楽しむということを、しばらく忘れていました。この本の影響でV60を使い始め、近所で見つけた独立系自家焙煎コーヒーショップで豆を買って、再びコーヒータイムを楽しむようになりました。
ステキな本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
仕事でサンフランシスコによく行き、またコーヒーも好きなのですが、知らないことがたくさん書いてあり、とても勉強になりました。例えば、

・サードウェーブとスターバックスとの決定的な違い
・カフェラテの発祥がバークレーであること
・パブリックカッピングというイベントがあること
・日本のメーカーの器具がサーブウェーブのお店で広く使われていること
・おいしいコーヒーの淹れかた
など。

著者が一番のお気に入りという「Sightglass」にも行ってみました。この店のエスプレッソの味は今でも忘れることができません。

コーヒー好きな方は読んで損はないでしょう。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
以前からFacebookページでチェックしていた茶太郎豆央のKindle本読了。

アメリカ西海岸のサードウェーブ・コーヒーについての本だが、ロースターであるブルー・ボトル、サイト・グラスへのSquareの投資の話などITベンチャーとサードウェーブとの関係性も興味深い視点。

また、『日々のコーヒーの時間を「ていねいな時間」に変え、「ていねいに暮らす」きっかけとする』考え方には心から同意。朝ていねいにコーヒー淹れてる間は確かに他の時間とは違う時間が流れてるから。お茶は嗜まないけど、茶道にも通じることなんだろうと思う。

本書の内容とは関係ないけど、KDPにより出版の敷居が下がり、こういった読みたい人は必ずしも多くはないだろうけれど、今の旬な情報をスピーディーに書籍として出版できるようになったのは、書き手にとっても読み手にとっても本当に素晴らしいと思う。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover