通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サードウェーブ・コーヒー読本 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 2013初版・帯なし・カバー小いたみ・PP袋緩衝材で梱包のうえ発送いたします・(229307)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

サードウェーブ・コーヒー読本 単行本(ソフトカバー) – 2013/11/6

5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー), 2013/11/6
"もう一度試してください。"
¥ 1,296
¥ 1,296 ¥ 159

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サードウェーブ・コーヒー読本
  • +
  • BRUTUS特別編集 もっとおいしいコーヒーの進化論。 (マガジンハウスムック)
  • +
  • Pen (ペン) 2014年 10/15号 [おいしいコーヒー]
総額: ¥2,646
ポイントの合計: 61pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

世界を席巻する新しいコーヒーカルチャーのルーツはここニッポンにあった。


登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 223ページ
  • 出版社: エイ出版社 (2013/11/6)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4777930289
  • ISBN-13: 978-4777930289
  • 発売日: 2013/11/6
  • 商品パッケージの寸法: 18.2 x 11 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 193,603位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

サンフランシスコのコーヒー事情が詳しく取材され、楽しく読まさせていただきました。この辺りの事情を知りたい方にはオススメです。
ノースウエストのシアトルやポートランドとは、また事情が違うとは思いますが、バークレイやサンフランシスコでのウエーブ状況がよく理解できました。特に米国でのコーヒーサードウエーブは男っぽい世界かと思っていましたが、レッキンボールコーヒーのオーナーやリチュアルなど女性たちから始まっていたとは、少し驚きました。
コーヒー器具に限らず、和食から始まる太平洋を挟んだ日米の融合が進んでいますね。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
本の題名から受ける印象とは異なり、ほとんどが米国西海岸のコーヒー文化と店についての文章だ。スターバックスに対する批判的な動きがどうとかいった、周辺情報とも言うべきものがかなりのページを占めている。それがこの本のもっとも不親切な部分ではないかと思う。

それに、日本製の道具、日本の喫茶店がどうこうという、海外在住者ならではと思われる過剰な思い入れや、スローな生き方はどうあるべきかというようなとってつけたような意見も目立ち、コーヒー読本という題名がますますミスリーディングに思える。

純粋にサードウェーブが知りたければ、もっと良い類書がある。(BRUTUSのGOOD COFFEE特集号など)

それから、編集の責任だろうが誤字もかなり目立つ気がした。

星三つにしたのは、写真(特に人の表情)がよく撮れているから。内容もピントが絞れていれば、もっとよかった。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 劣凡人 投稿日 2013/12/8
意味不明の横文字の羅列。私のような凡人には理解不能。かつても、こうゆう横文字だらけのポップカルチャー本がありましたね。
「時間の消費」のようなことが書かれているのが、かろうじて分かりましたが、流行ってるらしいあの酸っぱい珈琲をいただいて、豊かに過ごしている気分になるって事か?それって、スタバに行って勝ち組になったつもりになるのと変わりないじゃん。
少なくとも第三の波の残骸の後に、第四の波が来て、第五の波が来ることくらいは、想像できました。
コメント 19人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告