サン=サーンス: 交響曲第3番/動物の謝肉祭、他 がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

サン=サーンス: 交響曲第3番/動物の謝肉祭、他

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,543
価格: ¥ 1,373 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 170 (11%)
残り4点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

Prime Music Prime Music


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サン=サーンス: 交響曲第3番/動物の謝肉祭、他
  • +
  • ストラヴィンスキー:作品集
  • +
  • ラヴェル:作品集
総額: ¥3,990
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • 演奏: リテーズ(ガストン), ロジェ(パスカル), パリ管弦楽団, アルゲリッチ(マルタ), パールマン(イツァーク)
  • 指揮: バレンボイム(ダニエル)
  • CD (2005/3/23)
  • ディスク枚数: 2
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 収録時間: 130 分
  • ASIN: B0007OE2N0
  • EAN: 4988005387394
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 118,404位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. 交響曲 第3番 ハ短調 作品78 《オルガン付き》 第1楽章 : Adagio - Allegro moderato - Poco adagio
  2. 交響曲 第3番 ハ短調 作品78 《オルガン付き》 第2楽章 : Allegro moderato - Presto -
  3. 交響曲 第3番 ハ短調 作品78 《オルガン付き》 第2楽章 : Maestoso - Allegro
  4. ピアノ協奏曲 第2番 ト短調 作品22 第1楽章 : Andante sostenuto
  5. ピアノ協奏曲 第2番 ト短調 作品22 第2楽章 : Allegro scherzando
  6. ピアノ協奏曲 第2番 ト短調 作品22 第3楽章 : Presto
  7. 交響詩 《死の舞踏》 作品40_アンリ・カザリスの詩による

ディスク:2

  1. 組曲 《動物の謝肉祭》_動物学的大幻想曲 第1曲 : 序奏と獅子王の行進曲
  2. 組曲 《動物の謝肉祭》_動物学的大幻想曲 第2曲 : メンドリとオンドリ
  3. 組曲 《動物の謝肉祭》_動物学的大幻想曲 第3曲 : 野性のロバ
  4. 組曲 《動物の謝肉祭》_動物学的大幻想曲 第4曲 : カメ
  5. 組曲 《動物の謝肉祭》_動物学的大幻想曲 第5曲 : 象
  6. 組曲 《動物の謝肉祭》_動物学的大幻想曲 第6曲 : カンガルー
  7. 組曲 《動物の謝肉祭》_動物学的大幻想曲 第7曲 : 水族館
  8. 組曲 《動物の謝肉祭》_動物学的大幻想曲 第8曲 : 耳の長い登場人物
  9. 組曲 《動物の謝肉祭》_動物学的大幻想曲 第9曲 : 森の奥のカッコー
  10. 組曲 《動物の謝肉祭》_動物学的大幻想曲 第10曲 : 鳥小屋
  11. 組曲 《動物の謝肉祭》_動物学的大幻想曲 第11曲 : ピアニスト
  12. 組曲 《動物の謝肉祭》_動物学的大幻想曲 第12曲 : 化石
  13. 組曲 《動物の謝肉祭》_動物学的大幻想曲 第13曲 : 白鳥
  14. 組曲 《動物の謝肉祭》_動物学的大幻想曲 第14曲 : 終曲
  15. ハバネラ 作品83
  16. 序奏とロンド・カプリチオーソ 作品28
  17. バッカナール (歌劇《サムソンとデリラ》 作品47から)
  18. 「あなたの声に心も開く」 (歌劇《サムソンとデリラ》 作品47から)
  19. 交響詩 《オンファールの糸車》 作品31

商品の説明

内容(「CDジャーナル」データベースより)

フランスにおいて、器楽曲の地位を大いに高めたサン=サーンスの作品集。ここではオルガン付の壮麗な交響曲第3番や、ユーモアあふれる室内楽の「動物の謝肉祭」など、サン=サーンスの多彩な音楽が満喫できる。


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

この「作品集」シリーズの存在は最近知ったのだが、CD2枚にギッシリ、超一流演奏家の名演佳演を詰め込み(2枚とも最大収録時間の80分以内にギリギリ収めるために曲順も工夫して)、1500円という信じられない安価で提供している姿勢はまさに尊敬に値する。そもそもこのシリーズ自体が☆5つなんかでは全然足りないくらい高評価を与えるべきなのだが…なぜこの「サン=サーンス作品集」は☆1つ減にしたのか?これはあくまで私の同シリーズ内での相対評価だが…バレンボイム指揮の有名な「オルガン付き」「死の舞踏」「サムソンとデリラ」のキリッとした演奏、このアルバムで初めて聴いた曲「ピアノ協奏曲第2番」でのパスカル・ロジェの流麗なピアノなど、演奏はいずれも素晴らしく文句のつけようがない。ただ、彼の作品の一番の代表作「動物の謝肉祭」、なぜあえて室内楽版を収録した?もちろんアルゲリッチ、クレーメル、ツィンマーマン、マイスキー、グラフェナウアーという"これでもか"と言わんばかりの名手揃い、演奏自体に不満がある訳じゃないし、ある訳がない。でも、このシリーズってこれだけある意味"安全牌"的に、誰もが安心して聴ける超一流演奏家を集めてるはずなのに、なぜこの曲だけあえてオーソドックスな管弦楽版を外したのか。シリーズ全体を見てもすごく異質な感じを受ける。しかも、このアルバムはなぜかこんなに収録時間...続きを読む ›
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
 本CDは素晴らしい。名演揃いでしかも廉価。本シリーズの他のCDも追々購入したいと思います。

 特に良いと思うのは「動物の謝肉祭」ですね。聴いていると情景が目に浮かび、思わず笑みがこぼれてしまします。他の追随を赦さない名演かと。これだけの豪華メンバーが揃えば、ま、当然とも言えるのかも知れませんが。

 別の投稿者が書いておられるように、管弦楽版も収録すべきだったんでしょう。しかしボク的には、この室内楽版を聴けば、演奏が大変素晴らしいだけに、十分この曲の真髄を堪能できると思い、管弦楽版をあえて収録しなくても良いのかとも思います。それだけ本CDの評価は高いです。

 ただし、本CDで唯一気に入らないのが、まさに本CDの「目玉」とも言える「交響曲第3番(オルガン付)」です。

 「オルガン付」は、オーマンディ盤、デュトワ盤、カラヤン盤を所有していますが、それらと比較して、この「バレンボイム版」はどうにも出来が悪い。
 本CD収録同者指揮の「死の舞踏」や「バッカナール」は良いんです。しかし、何故か「オルガン付」はいただけない。第1楽章前半が。
 ざっくり言うと、劇的な「オーマンディ盤」、完璧な「カラヤン盤」、洗練の「デュトワ版」みたいな感じでそれぞれの特徴でそれなりに好き(オーマンディが一
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
もともと私はそこまでクラシックが好きなわけではなく、

バッカナールしか知らずに買ったのですが、本当に買って正解のCDでした。

二枚組でこの内容は安いと思います☆

特に交響曲第3番は豪華でメロディアスで、聞いていて素直にかっこいいと思いました。

このCDでサンサーンスの曲の特徴も少しわかりましたよ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
「動物の謝肉祭」がすてきです!音楽を聴いているとありありと情景が目に浮かびます・・・ユーモラスだったり、崇高に美しかったり、謎めいていたり。「ピアニスト」、これをアルゲリッチが弾いていると思うと(笑)。気心のしれた演奏者同士、楽しんで演奏していることが伝わってくる、いきいきとした素晴らしい演奏です。このシリーズ、他の作曲家はジャケットに自然風景が採用されるなか、キリンも小粋です!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
クラシックファンです。生演奏会も年に何回か足を運びます。
最近は、作家の時代が新らし目の作品を耳障りよく思います。(リズムや調に変化があって、楽しめる感じ)
このCDは出勤の車でずっと聴いています。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック