この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

サン・ピエールの未亡人 [DVD]

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

出品者からお求めいただけます。 在庫状況について
新品の出品:1¥ 7,980より 中古品の出品:11¥ 1,980より

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: ジュリエット・ビノシュ, エミール・クストリッツァ, ダニエル・オートゥイユ, ミシェル・デュショスワ
  • 監督: ジュリエット・ビノシュ
  • 形式: Color, Dolby, Widescreen
  • 言語: フランス語, 日本語
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: アミューズ・ビデオ
  • 発売日 2001/05/25
  • 時間: 112 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B00005IX05
  • JAN: 4900950511600
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 181,778位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

フランス領“サン・ピエール島”を舞台に、強い信念と愛を貫く孤高の女性の姿を描いた作品。監督はパトリス・ルコント。

レビュー

『橋の上の娘』のパトリス・ルコント監督、『溺れゆく女』のジュリエット・ビノシュ主演によるラブロマンス。公開時タイトルは『サン・ピエールの生命』。
-- 内容(「DVD NAVIGATOR」データベースより)

製作: ジル・ルグラン/フレデリック・プリリオン 監督: パトリス・ルコント 脚本: クロード・ファラルド 撮影: エドゥアルド・セラ 音楽: パスカル・エステーヴ 出演: ジュリエット・ビノシュ/エミール・クストリッツァ/ダニエル・オートゥイユ/ミシェル・デュショスワ/エミール・クストリッツァ 声の出演: 山像かおり/山路和弘/西凛太朗
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

「未亡人」という意味の"veuve"には、隠語として「ギロチン」という意味がある。
"epouser la veuve"を、直訳すれば「未亡人と結婚する」となるが
古くは「ギロチンにかけられる」という恐ろしい意味を持った隠語表現でもあった。
"veuve"という単語にこめられた、「未亡人」と「ギロチン」という二つのまったく異なる意味
このひとつの言葉が、物語のキーワードになっていく。
「ギロチン」と「未亡人」の結びつきとは?
こじんまりとした作品が多かったパトリス・ルコント監督が
ストーリーでじっくり見せる壮大な歴史物語。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 dom 投稿日 2002/11/9
とにかく一筋いかない恋愛映画を撮らせたら右に出るものはいない、パトリス・ルコント監督。死刑囚に類希な情けを注ぐ妻と、それを許す夫。そして、徐々に心を開いていく死刑囚。そんな三人の変った愛の形を描いた作品。
献身的に死刑囚に尽くす妻の姿をずっと見守る夫を演じているダニエル・オートイユが素晴らしい。重厚にその男を演じきっている。さすが。
次作の「フェリックスとローラ」よりも深すぎる大人の恋愛映画じゃないだろうか。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告