¥ 12,800 + 関東への配送料無料
在庫あり。 販売元: サンワサプライ直営【サンワダイレクト】★13時までの注文は当日出荷★≪土日も出荷中≫
数量:1

サンワダイレクト Bluetoothスピーカー 高音質 AAC/apt-X対応 低音専用サブウーファー搭載 NFC対応 2.1chスピーカー 400-SP053

5つ星のうち 3.5 14件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 12,800
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、サンワサプライ直営【サンワダイレクト】★13時までの注文は当日出荷★≪土日も出荷中≫ が販売、発送します。 返品については出品者のリンクからご確認ください。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。
  • 低音再生専用のサブウーハーとサテライトスピーカーからなる2.1chスピーカーシステム。
  • 5.25インチの大口径サブウーファーと大型ボディで重低音を楽しめる。サブウーハー部背面には、BASSコントロールを搭載。
  • 高音再生を可能にするサテライトスピーカーを搭載。上向きセパレート型のスピーカーが、立体感のある音場を作り出す。
  • 実用最大出力50W(サブウーハー26W、サテライトスピーカー12W+12W)の高出力。
  • Bluetooth4.0を搭載し、高音質コーデックapt-X/AACに対応。
  • ヘッドホンジャックを搭載し、音量操作が手元でできるワイヤード手元コントローラ付き。
  • ワンタッチでワイヤレス接続のON/OFFが可能なNFCを搭載。
表示件数を増やす


【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

 

お知らせ:「ショッピングカートに入れる」ボタンをクリックすると、Amazonマーケットプレイス®の商品がカートに入ります。マーケットプレイスの商品は、出品者によって配送料 が異なります。(詳しくはこちら



キャンペーンおよび追加情報


商品の情報

詳細情報
ブランドサンワサプライ
商品重量4.4 Kg
梱包サイズ35 x 34.2 x 20.2 cm
メーカー型番400-SP053
  
登録情報
ASINB00PAGEFVY
おすすめ度 5つ星のうち 3.5 14件のカスタマーレビュー
Amazon 売れ筋ランキング パソコン・周辺機器 - 25,223位 (ベストセラーを見る)
発送重量4.4 Kg
Amazon.co.jp での取り扱い開始日2014/11/6
  
ご意見ご要望
 画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる
 

商品の説明

商品紹介

◆仕様
【スピーカー部】
■実用最大出力:50W(サテライトスピーカー/12W×2、サブウーファー/26W)
■周波数特性:サテライトスピーカー/200Hzから20,000Hz、サブウーファー/35Hzから200Hz
■スピーカー形式:バスレフ式フルレンジスピーカシステム (非防磁設計)
■スピーカーサイズ:サテライトスピーカー/2.5インチ、サブウーファー/5.25インチ
■インピーダンス:サテライトスピーカー/4オーム、サブウーファー/8オーム
■接続方法:NFC、Bluetooth、有線接続(3.5mmステレオミニプラグ)
■電源:内蔵
■サイズ:
サテライトスピーカー/W88×D77×H173mm
サブウーファー/W168×D305×H214mm
■重量:約3.7kg(サブウーファー/約2.8kg、サテライトスピーカー/約360g×2 手元コントローラ/約180g ※ケーブル含む)
■生産国:中国
■保証期間:購入日より6ヶ月
■取扱説明書:あり

【Bluetooth部】
■適合規格:Bluetooth 4.0
■対応プロファイル:A2DP、AVRCP
■対応オーディオコーデック:AAC 、SBC、apt-X
※apt-X/AACは、対応機種の使用に限ります。apt-X/AAC非対応の場合、SBCコーデックになります。
※機器がBluetoothの伝送形式におけるAACコーデック対応の場合でも、保存している音楽ファイルがAAC形式でなければ対応しません。(.m4aや.mp4)その場合はSBC形式で再生されます。
■通信距離:最大約10m
※他の機器と見通しの良い場所で通信してください。建物の構造や障害物によっては通信距離は短くなります。特に鉄筋コンクリートや人間の体(接触した状態)などを挟むと雑音が入ったり通信不能になる場合があります。
※Bluetooth対応のヘッドホン・ヘッドセット・スピーカーなどの音楽・音声機器とマウス・キーボードなどを同時に接続して使用した場合、音楽や音声が途切れることがあります。
■送信出力:Class 2
■対応コンテンツ保護:SCMS-T
※apt-X接続の際は、SCMS-T方式で著作権保護されたコンテンツはご利用できません。SBC接続に切り替えてご使用ください。


◆対応機種
【NFCワンタッチ ペアリング接続・解除操作】
■対応機種:NFC・Bluetooth内蔵スマートフォン・タブレットPC

【Bluetoothワイヤレス接続】
■対応機種:Bluetooth 4.0/3.0/2.0+ EDR、A2DPプロファイル対応のBluetoothデバイス
Bluetooth内蔵スマートフォン、タブレットPC、iPad/iPhone、パソコンなど
※iPhone 6、iPhone 6 Plus等のiOS端末ではNFCワンタッチ ペアリング接続・解除に非対応です。
※NFC機能非搭載の機種では、NFCワンタッチ ペアリング接続・解除の操作は行えません。
※NFC接続・Bluetooth接続時は有線接続の音声出力はOFFになります。
※NFC接続・Bluetooth接続を解除すると有線接続の音声出力がONになります。
※本製品はBluetooth対応の全ての機器との接続動作を保証したものではありません。


※取扱説明書一部記載誤りのご案内
商品に同封されております取扱説明書の【■13.仕様】につきまして、一部記載誤りがございました。
ご迷惑をおかけいたしまして、誠に申し訳ございません。

修正箇所
4ページ目【■13.仕様】内 対応プロファイル
誤)A2DP、AVRCP、HFP、HSP

正)A2DP、AVRCP

Amazonより

充実の2.1chスピーカーシステム
充実の2.1chスピーカーシステム

◆大迫力の重低音を楽しむ
力強い超低音域を再現する、大口径5.25インチのパワフルサブウーファー。
大型ボディの性能を最大限に活かし、弾むような重低音を楽しめる。
また、背面には低音域の大きさを調整できるバスコントロールを搭載しており、環境に合わせて低音を調節することができる。

◆左右のスピーカーで2.1chサウンドを実現
高音再生を可能にするサテライトスピーカーを搭載。
スピーカーが上向きでセパレート型なので、音が広がりやすく立体感のある音場を作り出す。

高音質コーデック「AAC」「apt-X」対応。

スマートフォンからスピーカーにBluetooth転送される音楽データは、量が多いので「圧縮」される。
本製品は、より高音質の圧縮形式の「AAC」「apt-X」に対応しており、美しい音が楽しめる。

◆「AAC」の特徴:送信時のタイムラグがほぼない。伝送用再圧縮するプロセスを省略できるため、遅延や音質の劣化が少なく高品質な音楽を楽しめる。
→iPhoneやiPod touchなどで使用されている。

◆「apt-X」の特徴:圧縮率が少ないので、高音質な音楽を楽しめる。タイムラグもほぼ無く、映像と音声のズレによる違和感が少ない。
→主にAndroidで使用されている。

※apt-X/AAC非対応の場合、SBCコーデックになります。

Bluetoothでワイヤレス接続
Bluetoothでワイヤレス接続

Bluetooth搭載機器とペアリングすれば、ワイヤレスで音楽を楽しむことができる。

また、NFCを搭載しているので、NFC搭載機器をコントローラー上部にかざすだけで自動的に接続・解除ができる。

便利なコントローラー付き
便利なコントローラー付き

手元でスピーカーの音量を調節できるコントローラー付き。
このコントローラーにはヘッドホンジャックも搭載されているので、時間帯や周囲の環境によってはヘッドホンを接続して音楽を楽しむことができる。

有線接続にも対応

有線接続も可能なので、Bluetooth・NFC非対応の機器でも接続できる。


カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 misa トップ1000レビュアー 投稿日 2015/1/21
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
テレビ用として使用しています。
高い機種じゃないと違いはわからないかなと思っていたのですが、
普通の番組でも十分違いがわかりました。
ウーハーが効くような音楽番組だと更に違いが出ます。

あまり設置場所が無く、とりあえずウーハーと同じ幅ぐらいの
細いテレビボード上に乗せました。ウーハーに物が寄りかかる状態でも
特に振動音はなく、また棚板との共鳴も発生せず快適に使えています。
これにより子供が手に届く範囲に置かずに済んで助かりました。
外観についてウーハーは特徴ありませんが、左右のスピーカ足部分が
透明になっており、浮いているように見えるのでカッコイイです。

スピーカ側に手動コントローラが接続間に用意されていますが、
席を立つのがイマイチだったのでウーハー上に固定で放置して
テレビの音量とリンクさせて使用しています(テレビ側で設定すればOK)。
手動コントローラで今までのテレビの音量と同じぐらいになるように
しておけば特に違和感もなく使用できました。
Bluetoothでスマホやタブレットと接続できますので、
それらの外部スピーカとしても使用できるのは良い部分ですね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
Bluetooth 4.0規格に準拠しているということで、96kHz/24bitまでのApple Lossless Audio Codec、
略称:ALAC再生が行えるかどうかとそれぞれの音質をiTunes環境での三つの方法で聴き比べをしてみました。

環境 : MacBook Pro (15-inch, Mid 2009) OSX10.10.1 iTUnes12.0.1.26 環境でBluetooth接続

1. ALACファイルをiTunesで再生
2. iTunesで CDを再生
3. iTunesでAAC(256kdps)を再生

3方法とも音飛びも雑音も無く高品質で再生出来ました。

自分的には、ウーファーのBASS調整が中位で低音高音ともとても好きな方向の音質で、
順位的には、
1. CD(音質、音量共に群を抜いてる)
2. ALAC(ファイルで扱えてCDに音量出力は劣るが音質は良好)
3. AAC(iTunes標準のエンコードで容量が小さいが音質的には3位)
での順(私的感想)です。
私はAppleユーザーのため一押しでALACファイルですが、容量が大きいので外付けHDDにALAC専用iTunesライ
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
両サイドのスピーカーは中音から高音までバランス良く鳴って、
低音はウーファーで調整できるので好みに合わせられ、迫力もあります。
1万円半ばの価格相応の音質でホワイトノイズもさほど感じません。

デザインはシンプルでコンパクトです。
スピーカーの台座部分が透明なプラスチック製で
チープとも取れますが個々の許容範囲によります。
コードの長さも十分でパソコンラックに配置していますがちょうど良いです。

欠点は以下の通りです。

・再生してからの反応が遅いく曲の頭が切れることが多い
・手元コントローラーは便利さよりもコードの取り回しの面倒臭さが先に立つ
・Bluetooth4.0だが、対応してるはずのパソコンと接続できない(PC側の問題?)
 スマホ、ウォークマン(SONY NW-S786)、Nexus7(2012)との接続は問題なし

総合的に音に不満はないですが、配線のしづらさや
搭載機能が一部使えない点でフラストレーションを感じざるを得ないです。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ないと VINE メンバー 投稿日 2014/12/21
Amazon Vine レビュー ( 詳しくはこちら )
いままで無線接続できるスピーカーが部屋になく(車載のはあったのですが)、早速手持ちのありと
あらゆる機器で再生を試してみたのですが、音質は(金額的に)思っていたものよりも良いものでは無く。
それもその筈、他の方のレビューを見ると(僕のレビューこんなんばっかですみません)、この機器の本領を発g揮させる為には、
なんでも「apt-X」という規格に対応したもので再生する、外付けヘッドホンアンプ等をつける等々、当方の環境では
試せないものばかりで、本機のスペックを生かしきれているとはお世辞にも言い難い状況なのでした(泣)
  ※実際に再生を試した機器はスマホ(XperiaA ※apt-X非対応)/ガラケー(CA006)/iPhone4です。
    この中では恐らくiPhoneが規格的に一番高音質と思われます。

なので音質に関しては星の数には一切関係ありません。これは環境次第で上二つは優にあり得かと思われます。

次に使い勝手の部分ですが、こちらはまだまだ改善の余地ありと言うのが正直な所と思われます。
せっかく無線対応なのですから、電源のオートオフは実装してほしかったですし(主電源は切れなくても、
せめて省電力の待機状態になるとか)、光デジタル端子等くらいあればTVやP
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー