¥2,980
無料配送: 10月24日 日曜日 詳細を見る
最速の配達日: 明日10月 23日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り3点 ご注文はお早めに 在庫状況について
お客様情報を保護しています
Amazonはお客様のセキュリティとプライバシーの保護に全力で取り組んでいます。Amazonの支払いセキュリティシステムは、送信中にお客様の情報を暗号化します。お客様のクレジットカード情報を出品者と共有することはありません。また、お客様の情報を他者に販売することはありません。 詳細はこちら
出荷元
Amazon
販売元
出荷元
Amazon
返品・交換の条件: 返品が可能な商品です
お届け時の状態で商品を返品いただくと、返金を受けられます
サンワサプライ ワットモニター5種類測定可能 検電... がカートに入りました
この商品は1-Click注文できません。
こちらからもご購入いただけます
¥2,980
詳細
発売元: 大宝オンライン
¥2,980
詳細
発売元: ウエストモール
¥2,980
詳細
発売元: もちまる商店本店

サンワサプライ ワットモニター5種類測定可能 検電器 TAP-TST8

5つ星のうち4.1 1,155個の評価

参考価格: ¥6,380 詳細

参考価格は、製造業者、卸売業者、輸入総代理店等、小売業者以外の者(以下「製造業者等」といいます)が設定し、あらかじめカタログや商品本体への印字等により公表されている希望小売価格または製造業者等が小売業者に対して呈示している参考小売価格です。
価格: ¥2,980
OFF: ¥3,400 (53%)
旧モデル
単品

購入を強化する

ブランド サンワサプライ
電圧 110 ボルト
商品重量 0.1 キログラム
商品寸法 (長さx幅x高さ) 42 x 60 x 59 mm
アンペア数 15 アンペア

この商品について

    以下に適合します: .
  • モデル番号を入力してください これが適合するか確認:
  • 仕様:ワットチェッカー
もっと見る
最大5,000ポイント還元

一緒に購入

  • サンワサプライ ワットモニター5種類測定可能 検電器 TAP-TST8
  • +
  • 長尾製作所 グラフィックボード ディスプレイ台 NB-VGA-DP01
  • +
  • サイバーワールド ライザーカード 【最新Ver.009S】 USB3.0 PCI-E Express 1x-16x 拡張ライザーカードアダプター マイニング ビットコイン グラフィックボード アダプター 【3個セット】
総額:
当社の価格を見るには、これら商品をカートに追加してください。
ポイントの合計: pt
これらの商品のうちのいくつかが他の商品より先に発送されます。
一緒に購入する商品を選択してください。

不明な点がある場合

商品情報、Q&A、レビューで回答を検索

リクエストの処理中に問題が発生しました。後でもう一度検索してください。
すべて 商品情報 カスタマー Q&A カスタマーレビュー

あなたの質問は、この商品を購入した出品者、メーカー、購入者が回答する場合があります。

有効な質問が入力されていることを確認してください。質問は編集することができます。または、そのまま投稿してください。

質問を入力してください。

商品の情報

スタイル:旧モデル  |  パターン:単品

詳細情報

登録情報

保証とサポート

返品:Amazon.co.jpで購入した商品について、原則として未開封・未使用のものに限り商品到着後30日以内の返品を受け付けます(返品および交換不可の商品を除く)。商品到着後は速やかに商品の状態をご確認ください。初期不良の商品については、お客様からのお問い合わせ内容に応じて返品期間を過ぎてからでも受け付ける場合があります。なお、返品条件は、Amazon.co.jpが発送する商品と、Amazonマーケットプレイス出品者が発送する場合で異なります。家電&カメラの返品について、くわしくはこちら

商品の説明

スタイル:旧モデル  |  パターン:単品

商品紹介

5種類の測定ができる検電器です。
消費電力(W)、積算電力量(KWH)、積算時間(H)、積算電力料金、二酸化炭素量の5種類が測定できます。
コンセントに差し込んでボタン1つですぐ測定できます。

Amazonより

   5種類の測定ができる検電器。積算電力料金や二酸化炭素量測定可能。

   5種類の測定ができる検電器です。

   消費電力(W)、積算電力量(kWH)、積算時間(H)、積算電力料金(円)、二酸化炭素量(kg)の5種類が測定できます。

画像を拡大して見る
画像を拡大して見る

画像を拡大して見る
画像を拡大して見る


   コンセントに差し込んでボタン1つですぐ測定できます。

   液晶画面に数値で表示されるので、一目でわかります。

   本体下面差込口に測定する機器の電源プラグをしっかり差し込んで、本体を壁のコンセントなどに差し込みます。
   測定したいボタンを押すと数値を読み取ります。

続きを見る

カスタマー Q&A

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.1
星5つ中の4.1
1,155 件のグローバル評価
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2019年5月9日に日本でレビュー済み
スタイル: 新モデルパターン: 単品Amazonで購入
86人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年11月20日に日本でレビュー済み
スタイル: 新モデルパターン: 単品Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち1.0 液晶の表示が所々消える
ユーザー名: まさ、日付: 2018年11月20日
液晶の表示が所々消えたり半消えしたりして数字がうまく読み取れません。
分解して液晶パネルと基盤を繋ぐ導通ゴムの接触面を軽く磨いて組み直したら直りました(分解は自己責任でお願いします。)。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
104人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年5月7日に日本でレビュー済み
スタイル: 新モデルパターン: 単品Amazonで購入
51人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2019年7月13日に日本でレビュー済み
スタイル: 新モデルパターン: 単品Amazonで購入
37人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2018年8月1日に日本でレビュー済み
スタイル: 新モデルパターン: 単品Amazonで購入
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
ベスト500レビュアー
2021年6月19日に日本でレビュー済み
スタイル: 新モデルパターン: 単品Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 機能的には優れていますが、ピークホールド機能がないのは残念です。
ユーザー名: わんこ、日付: 2021年6月19日
パソコンの部品をアップグレードするにあたり、パソコンの電源(600W)にどれだけ余裕があるかを見極める目的で本製品を購入しました。
実は、電力計について色々な商品を調べたのですが、低価格で日本のメーカーが作った商品は他に見つからず、本製品をチョイスすることになりました。
これだけ世間が環境や省エネに注目しているのに、それに関連した商品がほとんどないのにはちょっと驚きでした。
本製品は、けっこう小型で幅・高さが60mmで厚みが25mmと壁に設けられたコンセントに差し込んでも邪魔にならないサイズです。(写真②)
ボタンも「料金」・「CO2」・「計測」の3つだけのシンプルな作りです。
本製品の前面には黄色のラベルで注意書きが張られています。
内容は「熱器具・調理器具・エアコン・洗濯機・乾燥機など、壁のコンセントへ直接することが決められている機器には使用しないでください。上記の機器を本製品に接続した場合、接続不良などの要因により、本体が熱くなったり、電源が切れる場合があります。その場合はすぐに使用を中止してください。詳しくは機器、本製品の取扱説明書をご確認ください。」
PL法に鑑み、本製品の使用上におけるトラブルを避ける目的で、使用者に事前に誤った使い方とは何を指すかを事前に周知させる典型的な方法です。平たく言えば、「注意書きに関連する用途については使用者の自己責任でやってね!」と言うことです。(写真③)
実際に8A以上の電流を流す製品は壁のコンセントに直接接続するように注意書きがなされているものが多いようです。いちばん測定したい消費電力量の多い電気製品が測定出来ないのでは困りますよね。現実的な選択としては、本製品を電源コンセントと電気機器の間にセットする場合は、なるべく短時間として、接続しっぱなしにはしない。本製品を使用する場合はsの近くに待機するようにし、放置しない。と言うことになるのでしょう。
それでは、早速、私のパソコンの消費電力を測定してみます。(写真⑤)
パソコンの主電源のスイッチOFFの状態では消費電力は0(W)です。主電源のスイッチをONにしてパソコンを起動させない状態(待機時)の消費電力は2.3(W)、Windows10を起動しただけの状態の消費電力は67.2(W)、パソコンに負荷をかけた状態(FF15のベンチマークを実行)では
215(W)と言う結果でした。一般的にはパソコンの電源にかける負荷は定格の60~70%以下にすべきと言われていますので、私のPCの電源(600W)の上限は400W前後と考えられるので、400-215=185(W)程度と言うことが分かりました。今回の測定で不自由に思った点は、測定値の最大値を保持する機能(ピークホールド機能)が無い事でした。
PCの消費電力はその負荷量によってかなり変動し、その最大値をとらえるのが困難でした。高度な電力系なら、ピーク値を保持する機能はもちろん、一定の期間(例えば1秒単位で)平滑した値を表示する機能があります。せめてピーク値を保持出来る機能だけでもあれば、データの精度を増すことが出来るはずです。
最後に、本製品の電気代表示機能、CO2の排出量表示機能について記載します。
本製品の電気代とCO2の表示は、積算電力量をもとに、予め設定されてされているレート(Rate)をもとに算出します。
このレートの設定方法を電気代を例に説明します。(写真⑦)
本製品に予め設定されているレートは20円/1kWhです。まず契約している電力会社の換算レートを電力会社のホームページで調べます。私が契約している電力会社のホームページで契約プランのレートを調べると24.9円/kWhでした。(写真⑦左下)
本製品のレート設定は、「料金」ボタンを3秒以上長押しすることで設定可能状態になります。(設定可能状態になると上の段の数値が点滅し始めます。)
設定可能状態で「CO2」ボタンを押すとレートが0.01円ずつ増加し、「計測」ボタンを押すと
レートが0.01円ずつ減少します。ボタンを押し続けると高速で増加・減少しますので慣れればけっこう簡単に設定が出来ると思います。ただこの設定可能状態は「CO2」or「計測」を数秒押さないとその時点で確定されてしまいます。あまりのんびりしたペースで設定していると途中で確定されてしまうことがありますので、急いで操作してください。
なお、一度確定した値は、電源を抜いても記憶されています。
本製品は、小型で使いやすい製品ですが、本文中に記載したように、ピークホールド機能が用意されているのが唯一の欠点だと思います。
後継機種を企画されるときはぜひピークホールド機能を追加して欲しいものです。
このレビューの画像
カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像 カスタマー画像
カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像カスタマー画像
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2015年11月25日に日本でレビュー済み
スタイル: 旧モデルパターン: 単品Amazonで購入
65人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告
2017年8月23日に日本でレビュー済み
スタイル: 新モデルパターン: 単品Amazonで購入
27人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告