中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 ネットオフ
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サントリーの嗅覚 (小学館文庫) 文庫 – 1999/11

5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

出版社からのコメント

技術現場から解き明かす日本一の商品を生み出す企業の秘密。

内容(「BOOK」データベースより)

「響」「山崎」「デリカメゾン」「マグナムドライ」「南アルプスの天然水」「ボス」「カクテルバー」などのヒット商品を次々とつくりだすサントリー。マーケティングや宣伝が目をひきがちだが、その高い商品力を支えているのは、高度な技術力と卓越した匠たちの技である。意外と知られていない、ウイスキー、ワイン、ビール、清涼飲料の研究開発、生産現場から、高品質の商品を生みだすサントリーの秘密を解き明かす。


登録情報

  • 文庫: 253ページ
  • 出版社: 小学館 (1999/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4094161155
  • ISBN-13: 978-4094161151
  • 発売日: 1999/11
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 1,076,759位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
2
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
両方のカスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 街道を行く #1殿堂トップ1000レビュアーVINE メンバー 投稿日 2002/9/22
形式: 文庫
ウイスキーは、多くの人が共感できる個性が備わっていなくてはなりません。
他と違っていて、尚且つ旨いと言わせなくてはウイスキーは商品になりません。
感性に頼らなくてはならないウイスキー作りは職人芸に頼る面が残されています。
企業はそれを組織として伝えてゆく性質を備えています。
ウイスキーという古代から人間に親しまれた酒の深みがよく分かります。
サントリーという会社は、日本の企業の中でも傑出した個性派です。
他と違うことをやる、他よりも早くやる。
そういう会社の面白味を伝えようとしたレポートです。
読みやすい文章も特徴です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
 ウイスキー・ワイン・ビール・烏龍茶・コーヒーの各開発現場に焦点を当て、インタビューを中心に構成されています。
 巻末に企業データがまとめられているあたりからも、情報を凝縮した実用書らしい味付けが感じられますが、普段私たちが口にする嗜好品が、どのような哲学と技術に支えられているのかを短時間で知ることができます。
 反面、読み物としてのゆったりとした味わいにやや欠けるほか、著者自身、「頭のなかでは、ああもいいたい、こうもいいたいという思いがつのるのだが、言葉にして表現することは、いかにもむずかしい。」と述べているとおり、味・香りに関する表現には物足りない部分もあります。ですが、本書はあくまで導入。読者がさらに関心と理解を高めるきっかけづくりに、というのが著者と本書に登場する人々の真意かも知れません。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告