サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード 5 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード+5

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,851
価格: ¥ 1,695 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 156 (8%)
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:6¥ 1,693より 中古品の出品:15¥ 649より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の ビル・エヴァンス ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • キャンペーン【1,000円OFF】:PC不要で音楽CDをスマホに取り込める「CDレコ」とお好きな音楽CDをまとめ買いで、CDレコがお買い得。6/30(金)まで。今すぐチェック

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


よく一緒に購入されている商品

  • サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード+5
  • +
  • Explorations
総額: ¥3,594
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2007/9/19)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: ユニバーサル ミュージック クラシック
  • 収録時間: 76 分
  • ASIN: B000SLI7OC
  • JAN: 4988005483669
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 187,896位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

曲目リスト

ディスク:1

  1. グロリアズ・ステップ(テイク2)
  2. マイ・マンズ・ゴーン・ナウ
  3. ソーラー
  4. 不思議の国のアリス(テイク2)
  5. オール・オブ・ユー(テイク2)
  6. ジェイド・ヴィジョンズ(テイク2)
  7. グロリアズ・ステップ(テイク3) (ボーナス・トラック)
  8. 不思議の国のアリス(テイク1) (ボーナス・トラック)
  9. オール・オブ・ユー(テイク1) (ボーナス・トラック)
  10. オール・オブ・ユー(テイク3) (ボーナス・トラック)
  11. ジェイド・ヴィジョンズ(テイク1) (ボーナス・トラック)


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

最初に購入したジャズCDがこのアルバムでした。ポートレイトに興味を引かれたからか、20年以上前のことなので憶えていません。

ピアノやベースやドラムのブラシの音がいいのは当然として、何故この一枚にずっとずっと惹きつけられているのか。
食器のぶつかる音、会話や笑い声、雑音であるはずのそれらがかえってLiveのリアリティーを強く印象づけているからでしょうか。

それまでのトリオではあり得なかったインタープレイ。誰が主になるわけでもなく(ボスはEvansだっただろうけど)3人の呼吸。
一人一人の演奏(音)だけを抽出すれば、さらに優れた演奏は他にも沢山あるでしょうが、3人の呼吸が見事に重なり合って、
こんなスリリングな音楽があふれ出たんでしょう。

別テイクを聴くとimprovisationの妙というか、やはり最初の6曲の流れが一番しっくり来ます。

聴衆は結構好き勝手に話しながら聴いています。大声上げて笑っているヤツもいる。こんなに素晴らしい演奏が目の前で展開されているのに。
これがJazzなんだろうか。つまりJazzってそんな扱いを受けているgenreなんだろうか。多分そうなんだろう。

でも3人はお構いなしです。それぞれが3人(他の二人の)の呼吸
...続きを読む ›
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
リバーサイド4部作の中で、最もラファロが活躍しているのが、このライブだ。1曲目のグロリアズステップ(自作)からあいさつ替わりの長尺のソロを取る。やや大きめのベースの音が左チャンネルから聞こえる。つづく2曲目のバラッドで、リーダーはビルエヴァンスだったことに気づく。そのタイトルは、”マイマンズゴーンナウ”。本作録音直後事故死したラファロの追悼だろうか。ジャケ写の不機嫌なエヴァンスはそのことを暗示しているのだろうか。指だけでピアノを弾くポーズは、ラファロの死を意味するのだろうか。
とっても繊細で危ういバランスの上の立つ3人のプレイが、前作エクスポラレーションズを彷彿とされるライブだ。ドラムスのモチアンは少し引っ込みで、エヴァンスとラファロのインタープレイが前面に出ていところが良い。ラファロの音程がしっかりした歌うベースとリリカルなエヴァンスのピアノをじっくり聴いて欲しい。
リバーサイド4部作は、デビー、ポートレイト、エクスポラレーションズ、ヴィレッジ・ヴァンガードの順に聴くのが一番良い。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 voodootalk 殿堂入りレビュアートップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2008/9/15
『ワルツ・フォー・デビー』と同日の1961年6月25日 ニューヨーク、ヴィレッジ・ヴァンガードにて録音。わずか11日後、1961年7月6日に25歳の若さでラファロを交通事故で失うことになる。

言ってみれば双子のアルバムである『ワルツ・フォー・デビー』だが、実際はこちらの『サンデイ・アット・ザ・ヴィレッジ・ヴァンガード』の方が第一集だった。この日はライヴの最終日でもあったらしい。でもよく考えるとTake1からTake3まで存在するライヴということは、実際はヴィレッジ・ヴァンガードでの何日かのテイクをまとめたうち最も良くできた演奏をアルバムにしたものというのが真相なのかも知れない。そうでなければ『All Of You』や『Gloria's Step』を一日に3回も演奏したことになる。

そういった些細なことはともかく。聴き出した瞬間から世界が変わってしまう。ビル・エヴァンスはスコット・ラファロという不世出の天才を得て、ピアノ・トリオを発明したのだ。ひたすら静かに輝くビル・エヴァンスのピアノはこのトリオの持つ計り知れない可能性を確信しているかのようだ。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告