サンティアゴ・デ・ムルシア~バロックギターによるス... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

サンティアゴ・デ・ムルシア~バロックギターによるスペイン宮廷のためのフランス舞踏曲集

5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー

価格: ¥ 1,543 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

インディーズ ストアオープン
ブレインコミックス、久保田麻琴、コン・ブリオほか、インディペンデントレーベルをご紹介するインディーズ ストアオープン 詳しくはこちら


キャンペーンおよび追加情報


登録情報

  • CD (2008/10/1)
  • ディスク枚数: 1
  • レーベル: EMC Records
  • 収録時間: 52 分
  • ASIN: B001IDPMLU
  • EAN: 4562229790057
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 455,502位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. アシルのブレ La Buree de Chil
  2. ラ・マリエ La Mariee
  3. ル・パスピエ Paspied Viejo
  4. ラ・コントルダンス Otra Giga
  5. 船のリゴドン Rigodon
  6. ラ・ブルゴーニュ La Borgogne
  7. ラ・サヴォア La Saboyana
  8. ラ・フォルラーナ La Ferlana
  9. ラ・コンティ La Conty
  10. 四季のパヴァーヌ La Pabana des Sesons
  11. 愛すべき征服者 La Amable
  12. アルマンド La Alemanda
  13. 4人のメヌエット Le menuet a quarter
  14. 新しいガイヤルド La nueba Gallarda
  15. アルシードのメヌエット El Menuet de Alcides
  16. 4人のパスピエ El Paspied a quarto
  17. ラ・カリニャン La Cariguan
  18. 魅力的な征服者 La Charmant de Vainqueur
  19. ラ・シルヴィ La silbia
  20. ラ・ドンブ La Dombe
  21. 組曲I Suite I

商品の説明

Santiago de Murcia サンティアゴ・デ・ムルシア French Dance Music for the Spanish Court バロックギターによるスペイン宮廷のためのフランス舞踏曲集 “Resumen de acompanar la parte con la guitarra” 1714 「バロックギターによるスペイン宮廷のためのフランス舞踏曲集」ムルシアのギター曲ち当時の舞踏譜をもとにバロックダンサー湯浅宣子が検証、18世紀の宮廷で踊られたダンス曲を佐野健二のバロックギターが奏でる 佐野健二/バロックギター 湯浅宣子/選曲、監修

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
1
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

この舞曲集は、18世紀のスペインのギタリスト、サンティアゴ・デ・ムルシアが、スペイン宮廷のために、当時舞踏の中心であったフランスの舞曲を、スパニッシュギター独自の奏法を用いて編曲した曲の数々ということである。
ギター愛好家にとっては、軽やかでかつ、おおらかさを感じさせるバロックギターの演奏が心地よいことであろう。
また、この時代の舞踏(バロックダンス)に興味のある人にとっては、この種の舞曲が往々にして演奏用の演奏でなされていて、実際に踊るには不向きな場合が多いのに比べ、この曲集は、実際に踊れるようなテンポや繰り返し回数で演奏されている点が興味深いのではないだろうか。
さらに、添付の解説には、ムルシアの音楽活動についての詳しい考察が掲載されていて、歴史的な興味もそそられる。ムルシアの作品集が、チリやメキシコで発見されていて、彼がメキシコに渡ったという説もあるが、まだ真実は謎である。いずれにしても、スペイン人が中南米大陸に進出して行った過程で、当時のヨーロッパの音楽や舞踏もまた一緒に海を渡っていたことは、当然と言えば当然なのだが、戦いや政治だけが歴史ではないのだと改めて感じさせられ、想像が膨らむ。
そして、このような分野別の興味とは関係なく、休日の午後などに、お茶を飲みながら心穏やかに楽しめる絶好の一枚でもある。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック