お届け先を選択
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

サンダカン八番娼館 望郷 [DVD]

5つ星のうち4.5 172個の評価

仕様
価格
新品 中古品
DVD 通常版 ¥1,891 ¥1,640
DVD 1枚組
¥1,383
DVD [DVD]
¥1,450
DVD 通常版
¥2,177
DVD 通常版
¥4,946
今すぐ観る レンタル 購入
CD・DVD スタンプカード
フォーマット ブラック&ホワイト, ドルビー
コントリビュータ 栗原小巻, 広沢栄, 高橋洋子, 水の江滝子, 田中健, 熊井啓, 小沢栄太郎, 山崎朋子, 田中絹代
言語 日本語
稼働時間 2 時間 1 分

CD・DVD・テレビゲーム・PCソフト お買い得ストア
タイムセール、キャンペーン、クーポン、在庫処分ワゴンセール、バーゲン品、廉価版など、お買い得商品がもりだくさん。 ⇒いますぐチェック

商品の説明

Amazonより

   ボルネオの港町サンダカンを訪れ、かつて“からゆきさん”と呼ばれた日本人娼婦たちの墓などを探す女性史研究家・圭子(栗原小巻)は、かつて九州で出会った元からゆきさんのおさき(田中絹代)から聞いた話の数々を思いかえしていく。戦前、若き日のおさき(高橋洋子)はサンダカンに娼婦として売られてきて、そこで苛酷な半生を過ごしたのだった…。
   山崎朋子のノンフィクション・ルポを原作に、名匠・熊井啓監督が描いた社会派女性映画の大傑作。ひとりの女がたどった、まさに想像を絶する地獄の体験を映像はあますところなく捉え続け、観る者に怒りと悲しみを込めて告発していく。伊福部昭の重厚な音楽も、歴史と女の悲劇を見事に奏であげている。ラストに至っては、いつ観直してもショッキングで鳥肌が立つ思いだ。また、それらを裏打ちする名女優・田中絹代の存在感は、まさに映画が与えたもうた文化的財産といっても過言ではない。同年度キネマ旬報ベスト・テン第1位および監督・女優(田中)賞受賞。田中は海外でもベルリン国際映画祭女優演技賞を受賞している。(的田也寸志)

レビュー

監督: 熊井啓 原作: 山崎朋子 音楽: 伊福部昭 出演: 田中絹代/栗原小巻/高橋洋子/田中健
--
内容(「CDジャーナル」データベースより)

登録情報

  • アスペクト比 ‏ : ‎ 1.33:1
  • Is Discontinued By Manufacturer ‏ : ‎ いいえ
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語
  • 梱包サイズ ‏ : ‎ 18.03 x 13.76 x 1.48 cm; 83.16 g
  • EAN ‏ : ‎ 4988104022868
  • 監督 ‏ : ‎ 熊井啓
  • メディア形式 ‏ : ‎ ブラック&ホワイト, ドルビー
  • 時間 ‏ : ‎ 2 時間 1 分
  • 発売日 ‏ : ‎ 2004/11/26
  • 出演 ‏ : ‎ 栗原小巻, 高橋洋子, 田中絹代, 田中健, 水の江滝子
  • 字幕: ‏ : ‎ 日本語
  • 言語 ‏ : ‎ 日本語 (Mono)
  • 販売元 ‏ : ‎ 東宝
  • ASIN ‏ : ‎ B0002Z7QCI
  • ディスク枚数 ‏ : ‎ 1
  • カスタマーレビュー:
    5つ星のうち4.5 172個の評価

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.5
星5つ中の4.5
172 件のグローバル評価

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

気になるトピックのレビューを読もう

上位レビュー、対象国: 日本

2021年10月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
24人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2021年9月20日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
ベスト500レビュアー
2020年7月1日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
28人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年11月13日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2022年3月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2019年1月26日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
カスタマー画像
5つ星のうち4.0 日本が貧しかった時代の悲しい物語
2019年1月26日に日本でレビュー済み
社会派・熊井啓監督による「からゆきさん」を題材にした物語。日本にもこんな貧しい時代があったんだなあ。からゆきさんには、天草や島原半島の出身者が多かったというが、潜伏キリシタンの歴史ともオーバーラップし、重くうら悲しい。本作の主人公サキが暮らしているのも天草の崎津である。冒頭のシーンで、2018年に世界遺産に登録された崎津教会がでてくる。このような長閑で美しいところで多くの女性たちの悲しい物語があったとは。
(写真は天草・崎津の遠景。本作にも映っていた崎津教会が見える。)
このレビューの画像
カスタマー画像
カスタマー画像
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2020年8月31日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
11人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する
2018年5月11日に日本でレビュー済み
Amazonで購入
16人のお客様がこれが役に立ったと考えています
違反を報告する