サンシャイン2057 (特別編) [DVD] がカートに入りました
2000円以上国内配送料無料(一部例外あり)でお届けします。 詳細
中古品: 良い | 詳細
発売元 BUY王
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 中古品ですが概ね良好です。なお、こちらの商品はAmazon配送センターが商品の保管、梱包、配送を行ないますので、安心してご利用ください。ラベルは跡が残らず剥がせます。万が一品質に不備があった場合は返金対応。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

サンシャイン2057 (特別編) [DVD]

5つ星のうち 3.5 97件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,890
価格: ¥ 1,100 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 790 (42%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、サイクルヒットが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:4¥ 1,000より 中古品の出品:16¥ 1より

この商品には新しいモデルがあります:

Amazonビデオ

Amazonビデオ(デジタル動画配信サービス)でサンシャイン2057 (字幕版)を今すぐ観る ¥ 300 より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【20世紀FOXストア】 『デッドプール』、『X-MEN』、『ダイ・ハード』、『007』、『24 -TWENTY FOUR-』、『glee/グリー』ほか、新着タイトルや人気ランキング、海外TVシリーズ情報など

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


よく一緒に購入されている商品

  • サンシャイン2057 (特別編) [DVD]
  • +
  • イベント・ホライゾン デジタル・リマスター版 [DVD]
総額: ¥2,027
選択された商品をまとめて購入

この商品を見た後に買っているのは?


登録情報

  • 出演: キリアン・マーフィ, 真田広之, クリス・エヴァンス, ミシェル・ヨー
  • 監督: ダニー・ボイル
  • 形式: Color, Dolby, DTS Stereo, Dubbed, Subtitled, Widescreen
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 2.35:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: 20世紀フォックス・ホーム・エンターテイメント・ジャパン
  • 発売日 2008/10/16
  • 時間: 108 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 97件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B001EI5LYW
  • JAN: 4988142694621
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 158,648位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容紹介

太陽滅亡の危機を、人類は救えるのか?

<キャスト&スタッフ>
キャパ…キリアン・マーフィ(田中 実)
カネダ…真田広之
メイス…クリス・エヴァンス(竹若拓磨)
コラゾン…ミシェル・ヨー(塩田朋子)

監督:ダニー・ボイル
製作:アンドリュー・マクドナルド
脚本:アレックス・ガーランド
美術監督:マーク・ティルデスリー

●字幕翻訳:戸田奈津子 ●吹替翻訳:辺見真起子

<ストーリー>
50年後の未来。地球上の全ての生命の源である太陽の活動が終焉を迎えようとしていた。人類に残された最後の望みは、太陽を再生させるための核爆弾を積んだ宇宙船“イカロス2号”。そこには船長のカネダをはじめ、男女8人のエキスパートが乗り込み、命がけのミッションに挑もうとしていた。太陽からの強大な熱を巨大なシールドで回避しながら慎重に太陽へと接近していくイカロス2号。やがて一行は、7年前に同じミッションに向かったまま消息を絶ったイカロス1号の救難信号を受信するが……。

<ポイント>
●大ヒット映画「トレインスポッティング」「28日後...」のダニー・ボイル監督が贈る、SFアクション大作!
●真田広之出演
ハリウッドで活躍する日本人といえば、真田or渡辺謙! 洋画:「ラストサムライ」「上海の伯爵夫人」「PROMISE」、邦画:「亡国のイージス」「たそがれ清兵衛」「陰陽師」「リング」で活躍
●映像特典:もうひとつのエンディング入り!

<特典>
●ダニー・ボイル監督による音声解説
●ブライアン・コックス博士(科学監修)による音声解説
●もうひとつのエンディング(監督による音声解説付き)
●未公開シーン集(監督による音声解説付き)
●メイキング&インタビュー映像集
●短編映画集
・CHRIS SHEPHERD監督『DAD'S DEAD』
・DAN ARNOLD監督『MOLE HILLS』
●オリジナル劇場予告編集

内容(「キネマ旬報社」データベースより)

『28日後...』のダニー・ボイル監督が放つSFアクション。太陽の活動が終焉を迎えつつある近未来を舞台に、太陽を再生させるべく宇宙船に乗り込み旅立った8人のエキスパートの運命を描く。“ベスト・ヒット・マックス”。

商品の説明をすべて表示する

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: DVD
一切の事前情報を持たないまま鑑賞したのですが、SFとしての完成度が高く、物語に引き込まれました。
近未来的な完璧UFOではなく、現実的な装備による宇宙船、太陽の美しさ、大袈裟ではない宇宙船内部での生活。

実際に太陽は30億年後くらいには膨張しその一生を終えると言われています。
そう言った話を聞いていたためスターウォーズ的ではない、ある程度リアルな話に引き込まれていきました。
消息不明だったイカロスとのドッキング、そして未知の乗組員。
ここまでは五つ星です。

しかしながら、ここから突然ホラー映画に豹変します。
エルム街の悪夢の無敵フレディ系キチガイに追い回される話へと突然変わります。
「ええっ?」っという展開です。
SF+ホラーです。
エイリアンを参考にしたという事ですが、エイリアンはSFとホラーの融合したSFホラーですが、

この作品は前半SF,後半ホラーという別の作品を合算したような印象を受けます。
SFで統一して欲しかった。
それでしたら五つ星でした。

映像の見せ方、細かいセッティングが素晴らしかっただけに惜しい。
SF一本で話を通してくれたら2001年宇宙の旅のように興行的にも成功し、殿堂入りしていたのかもしれません。
コメント 38人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD Amazonで購入
興行的には成功しなかった様ですが、なかなか見ごたえのある異色作です。
派手な都市の崩壊シーンや地球の危機を具体的に描いたシーンは一切なく、多くの犠牲を払いながらも地球が救われ拍手喝さいのなか生き残ったヒーローが帰還する、といった感動的なありきたりの結末でもない。
「太陽が死ぬ・・・」と言う主人公の語りで静かに物語が始まり、ほぼ全編が宇宙船内とあまりにも美しく描かれた太陽を取り巻く宇宙空間で話が進んで行きます。そしてラストに1シーンだけ、救われた地球が暗示的に静かに描かれる。

「アルマゲドン」を代表とする人類の危機に立ち向かう命がけのミッションを題材とした内容ですが、ドル箱俳優を起用して大ヒットを狙ったエンターテイメント作品とは明らかに一線を隔し、この作品は非常に重いテーマを投げかけています。この話のなかで人類の危機というのはあくまで背景でしかなく、ミッションの成否はあまり重要では有りません。太陽という神の領域に介入し、そこに変化を及ぼそうとする人間たちが各々何を思い、どう行動するのかがこの話のメインテーマなのではないでしょうか。

このメッセージをどう捉えるかは人それぞれだとは思いますが、いつどんな災厄が起こるかわからない現代にあって、人類の存続する価値、人間の生きる意味などといったセンチな事を考えてしまった作品でした。
コメント 41人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
誰かがあそこまで運ばなければならない…

衰えたとはいえ直視することさえ出来ない太陽に対し、
まるでコウモリ傘の陰にでも隠れるかのように、
遮蔽シールドを盾に一か八か太陽に肉薄していく宇宙船…
運ぶのは核兵器一発…太陽の内部で爆発させ、
連鎖反応によりもう一度太陽を生き返らせ…
チャンスはたった一度だけ。

この映画は、故郷の地球に住む人々からは知られることもなく、
太陽にもう一度火を灯すことにより、
命を懸けて未来をつなごうとする8人の男女のハードな物語です。

ところで、この映画の中で一瞬とても気味が悪い瞬間…
ミッション中に消息を絶ったイカルス1号の船内探索する際に
突然映像に表れるサブリミナルイメージ…

セリフには表現されていないが、瞬間的に見える、
既にいないクルーたちの無邪気な笑顔は、
ボクに声もなく語りかけてくる…

「我々はかつてここにいたのだ」

我々人類もいつかそのような声なき言葉を発するしかない、
「かつての存在」となる未来を選択するのだろうか?
そんなことを、映画を見ながら、ふと思った。

...続きを読む ›
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: DVD
太陽に魅せられたクルーたちの顛末、神に出会った
彼らはそこに何を見ていたのかと目が離せなかった。

この映画の持つ精神面、観念的なところ、神がかって
いるような部分に魅かれ、とても楽しめる映画だった。

選択を迫られるクルーの人間ドラマとしても面白い。
映像はきれいだし、そそられる雰囲気がたまらない。

終盤のキリアン・マーフィーの表情も素晴らしかった。
神の存在を感じられる結末に言葉を失ってしまいました。

ダニー・ボイル監督の中ではこの作品が一番だと思う。
精神世界を体感できる映画で、とても面白かったです!
コメント 16人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー