Facebook Twitter LINE
¥ 2,641
通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サンサーラ ―輪廻という神話 ― 第5巻 、第4部... がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

著者をフォローする

何か問題が発生しました。後で再度リクエストしてください。


サンサーラ ―輪廻という神話 ― 第5巻 、第4部「日本仏教と因果応報(中)」 (サンサーラ ―輪廻という神話―) オンデマンド (ペーパーバック) – 2016/4/4


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
オンデマンド (ペーパーバック)
¥ 2,641
¥ 2,641
この商品の特別キャンペーン まとめ買いでオーディオ・情報家電が10%OFF 1 件


booksPMP

【まとめ買いキャンペーン開催中】

本・雑誌を3冊以上を購入する際、クーポンコード「1111」を入力すると最大12%ポイント還元!今すぐチェック

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サンサーラ ―輪廻という神話 ― 第5巻 、第4部「日本仏教と因果応報(中)」 (サンサーラ ―輪廻という神話―)
  • +
  • サンサーラ ―輪廻という神話 ― 第3巻 、第3部「中国仏教と輪廻転生」 第2版 (サンサーラ ―輪廻という神話―)
  • +
  • サンサーラ ―輪廻という神話 ― 第4巻 、第4部「日本仏教と因果応報(上)」 第2版 (サンサーラ ―輪廻という神話―)
総額: ¥8,343
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるAmazonオリジナルブックカバー
10種類のロゴ入りデザインから好みのデザインを印刷して取り付けよう。 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

奈良時代から平安時代までの、いわゆる古代文学における因果思想が最も明瞭に現れているのは仏教説話の類においてである。そもそも日本人が仏教に寄 せた関心は、「ブッダに成ること」ではなく「現世安穏・後生安楽」であった。日本人は前者を薬師などの仏像や密教僧・陰陽師・修験者などの呪術者に期待 し、後者を阿弥陀如来や観音菩薩に期待した。これら仏教説話が諸国遍歴の聖(唱導僧・談義僧)たちによって民衆教化のための種本として用いられた以上、そ れらの中に現れた因果思想は、なるほど仏教の世俗化としての現世中心主義という面を濃 厚にもっている。だが事はそれほど簡単ではない。最初期の『日本霊異記』においてさえ、既に因果応報思想の日本化つまり変質や逸脱が生じているのである。 それは更に各種の往生伝や『法華験記』が編集される過程で顕著となり、善人往生・善人正機から悪人往生へ、更には悪人往生から悪人正機へと展開してゆく。 その場合、編集者は厖大な往生譚を採集・収録したわけだが、それらはいかにして創作され、真実として定着・流布したのだろうか。言い換えれば、「モノ語 り」はいかにして「物語」になるのだろうか。この点が重要なのは、その構造とメカニズムが、実は伝説や昔話、ひいては現代の呪術・祈禱に至るまで変わらな いと考えられるからである。その際大きな役割を演じているのは「夢告」と「託宣」である。以上がこの第3 章、第1 節で扱われる諸問題である。続く第2 節では「かな文学」が扱われる。その主たる系譜はいわゆる「作り物語」であり、当然ながら「虚構」である。ただし、虚構としての物語が、これまた虚構とし ての因果応報を道具として単に用いるだけならば、底の浅い荒唐無稽な話に堕するだろう。従って、作り物語の作者は虚構によっていかに真実を描くかに腐心す るはずである。『竹取物語』『源氏物語』、そして輪廻転生をモティーフにした『浜松中納言物語』の作者は自分の作品をいかに構想し、そこにいかなる真実を 描こうとしたのか。その際無視できないのは、彼ら・彼女らの無常なる現実への眼差しである。平安文学は「無常感」から「無常観」への深化と言い換えてもよ い。作者たち、特に紫式部は「無常観」と格闘することによって『源氏物語』を創作した。すると我々は日本文学における無常観の進展を見ておかなければなら ないが、そのためには『古今和歌集』以後の勅撰和歌集と日記文学を論じておく必要がある。なお、平安文学に特徴的な因果応報思想絡みの観念は「宿世」であ る。この語の多用は何を意味しているのか。そして、ここでもまた「夢告」が大きな役割を演じていることが確認されるのだが、「夢告」にせよ「託宣」にせ よ、一体これらは因果思想とどう関係するのであろうか。いずれにせよ、古代文学は因果思想と密着している。ただし、それをはみ出している人物もいた。彼 ら・彼女らこそ中世を先取りした人物である。さて、次は中世文学であるが、「中世」を私は因果超脱を志向した時代と捉え、続く近世から現代までを再び因果思想に頽落した時代と捉える。勿論、後者は 古代的因果思想への単なる先祖返りであるはずはない。因果超脱が鎌倉仏教の根本動向であることは上巻で既述した通りだが、様々な文学ジャンルにそれは反映 している。特に顕著な人物と作品を挙げれば、鴨長明の仏教説話『発心集』と随筆『方丈記』、兼好法師の『徒然草』、歌人としては西行の和歌群と彼の歌論、 そしてまた西行に仮託された仏教説話『撰集抄』である。(日本仏教と因果応報(下)に続く。)

著者について

新田章:1956年福島県生まれ、早稲田大学大学院文学研究科博士課程修了、文学博士、早稲田大学・立正大学講師、哲学者。[主要著書] 『ニーチェ解読』(共編著)早稲田大学出版部、1993;『ヨーロッパの仏陀―ニーチェの問い』理想社、1998;『サンサーラ 第1部ギリシア・ローマの輪廻思想』テクネ、2014;『サンサーラ 第2部 インドの輪廻思想』テクネ、2014;『サンサーラ 第3部 中国仏教と輪廻転生』テクネ、2014;『そのつどの今』 悠光堂、2015;『サンサーラ 第4部 日本仏教と因果応報(上)(中)』テクネ、2015,2016;[翻訳]ヨーゼフ・デアボラフ『ヨーロッパ倫理学の足跡』 川原栄峰編(共訳)早稲田大学出版部、1984; 『バイオエシックスの基礎―欧米の「生命倫理」論』加藤尚武・飯田亘之編(共訳)東海大学出版会、1988;エミール・ケッテリング『近さ―ハイデッガーの思惟』川原栄峰編(共訳)理想社、1989;リヒャルト・ヴィッサー『人間存在と問い 批判的・危機的・人間学』(共訳)南窓社、1994;ヴォルフガング・ミュラー=ラウター『ニーチェ論攷』理想社、1999


登録情報

  • オンデマンド (ペーパーバック): 254ページ
  • 出版社: テクネ; 1版 (2016/4/4)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4908381143
  • ISBN-13: 978-4908381140
  • 発売日: 2016/4/4
  • 商品パッケージの寸法: 14.8 x 1.6 x 21 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 917,131位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


まだカスタマーレビューはありません


この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう