通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サロメ がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ★年中無休・局留対応・返品保証★埼玉県よりゆうメールにて毎日発送させて頂きます。配送は平日のみ、追跡番号はございません。局留めご希望の場合は、お届け先ご住所を郵便局の住所にして頂き、○○郵便局留めとご記入下さい。特に記述の無い場合、帯や初回特典等は付属しません。商品状態の詳細なお問合せはお受けできませんので、ご注文後納得いただけなければ返品お受けいたします。恐れ入りますが、併売商品もございますので在庫切れの際は速やかに返金をさせていただきます[book]
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サロメ 単行本 – 2017/1/16

5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 986
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サロメ
  • +
  • 暗幕のゲルニカ
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 98pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



第157回芥川賞&直木賞 候補作品決定
『星の子』今村夏子、『あとは野となれ大和撫子』宮内悠介など作品一覧は >> こちら

商品の説明

メディア掲載レビューほか

原田マハさんが『サロメ』をテーマに描くミステリ 2人の天才、ワイルドとビアズリーに翻弄される世界とは

原田マハさんが新境地を切り開き、したたるような妖しいエロスの世界をくり広げる。

世紀末ヨーロッパで一世を風靡した作家オスカー・ワイルド、彼の戯曲『サロメ』に悪魔的挿画の数々を提供した夭折の画家オーブリー・ビアズリー、姉で女優のメイベル・ビアズリー。この三人の関係が、史実という大樹に絡みつく蔓草のようなフィクションに彩られる。

発端は現代のロンドン。ワイルド研究家がビアズリー研究家に、新発見の「サロメ」の絵を見せる。それは有名なクライマックスシーン、つまりサロメが預言者ヨハネの首に接吻する瞬間を描いた、紛れもないビアズリー真筆であったが、しかしその生首の顔はヨハネではなかった。

では一体誰なのか?

ぞくぞくするような謎を提示した後、物語は十九世紀末のロンドンへと遡る。メイベルの目を通して読者は、ヴィクトリア朝時代の息苦しい政治文化状況、ワイルドのエキセントリックな言動、ビアズリーの成功と挫折、そして結核による早すぎる死を、追体験してゆく。

だが何より息詰まる思いをさせられるのは、メイベル自身が――ワイルドとビアズリーという二人の天才に翻弄されているかに見えながら――本人も気づかぬうち、何やら化けものめいた存在へと変容するその過程である。

上質のミステリであり、心理劇でもある本作はまた、メイベルの口を借りたビアズリー讃歌でもある。曰く、「美しい絵を上手に描く、というのではまったくなかった。もっと痛いような、苦しいような、狂おしいような」。「なんという闇。なんという光。なんという力。――なんという圧倒的な世界」。「画室に満ち溢れる狂気と豊穣に、メイベルは静かに首を絞められる思いがした」。

大久保明子さんによる素晴らしい装丁も、書店で原田さんの艶めかしい世界へ強く誘なうに違いない。

評者:中野 京子

(週刊文春 2017.2.23号掲載)

内容紹介

現代のロンドン。日本からビクトリア・アルバート美術館に派遣されている客員学芸員の甲斐祐也は、ロンドン大学のジェーン・マクノイアから、未発表版「サロメ」についての相談を受ける。
このオスカー・ワイルドの戯曲は、そのセンセーショナルな内容もさることながら、ある一人の画家を世に送り出したことでも有名だ。
彼の名は、オーブリー・ビアズリー。
保険会社の職員だったオーブリー・ビアズリーは、1890年、18歳のときに本格的に絵を描き始め、オスカー・ワイルドに見出されて「サロメ」の挿絵で一躍有名になった後、肺結核のため25歳で早逝した。
当初はフランス語で出版された「サロメ」の、英語訳出版の裏には、彼の姉で女優のメイベル、男色家としても知られたワイルドとその恋人のアルフレッド・ダグラスの、四つどもえの愛憎関係があった……。
退廃とデカダンスに彩られた、時代の寵児と夭折の天才画家、美術史の驚くべき謎に迫る傑作長篇。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 322ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2017/1/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163905898
  • ISBN-13: 978-4163905891
  • 発売日: 2017/1/16
  • 梱包サイズ: 18.8 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 11件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 21,403位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 トップ500レビュアー 投稿日 2017/1/17
形式: 単行本 Amazonで購入
 19世紀末のイギリスの画家・ビアズリーの生涯と、病弱な彼を影に日向に支えた姉のメイベル、そして作家のオスカー・ワイルドとの愛憎を描いた作品です。
 何十年も前の話ですが、学生の頃、ビアズリー展を見に行ったことがありましたが、確かに一目見たら忘れられない画風でした。当時、宇野亜喜良氏や俳優の米倉斉加年氏の幻想的な絵を見慣れていたにもかかわらず、です。これが19世紀末のイギリス(シャーロック・ホームズの時代ですね)で発表された時は、どれだけセンセーショナルでスキャンダラスだったことか。

 ただ、原田マハさんがどんなに筆舌を尽くしても、ビアズリーの絵を見たことがない読者には、そのすごさがピンと来ないのが実情でしょう。単行本の表紙は、ビアズリーが手がけた「イエロー・ブック」の体裁で、絵は「サロメ」の「お前の口に口づけしたよ、ヨカナーン」を用いていますが、この絵だけでは(いや、この絵だけでもある意味十分ですが)、本文中に出てくる絵のすべてを想像するのは無理かと思われます。
 まあ今の時代、ネットで画像検索すれば絵をいくらでも見つけることができるでしょうが、本作を読んでいて絵をすぐに思い浮かべられる方は、見た経験のある方か、画集をお持ちの方に限られると思います。
 せっかくの力作ですが、絵が見られないという致命的な欠点はどうにかならなかったものか。その点が非常に残念に思います。
コメント 29人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ヴィクトリア&アルバート博物館の客員学芸員にしてビアズリーの研究者、甲斐祐也。ロンドン大学のジェーン博士より彼に提示された100年前のそれは、<サロメ>に掲載されなかった1枚の挿画、幻のクライマックス・シーン。凍り付くサヴォイ・ホテルのティー・サロンで、オスカー・ワイルドの研究に長けたジェーン嬢は口にするのだ。<サロメ>の本当の作者は誰なのか……。

序盤からグイグイと引き込まれる展開だ。
稀代のパフォーマー、オスカー・ワイルドと天才画家ビアズリー。そして……。三人の暗い愛憎劇がパリとロンドンを駆け巡る。

・装丁は世紀末ロンドンの文芸誌The Yellow Bookを彷彿させ、手触りを含めて実に味わい深い。表紙はビアズリーの問題の挿画だ。また、ところどころに挿入される黒紙=幕が、演劇ライクな効果を生み出している。
・序盤ではワイルドとビアズリーの立ち位置と、1890年代パリとロンドンの芸術界の背景を愉しめた。
・ビアズリーとその姉メイベルが、バーン=ジョーンズ邸でオスカー・ワイルドと邂逅するシーンはとても印象的だ(p92)。そして、<サロメ>の挿絵を依頼される「火花」のシーンも(p125)。
・サラ・ベルナールの<ハムレット>(コメディ・フランセーズ)とジェニー・リーの<ジョー>(パブリック・シアター
...続きを読む ›
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
英国生活をした人には堪らない雰囲気とデカダンス。久々快作です。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
実に背徳的で、衝撃の強い作品。

「ドリアン・グレイの肖像」などで有名な作家オスカー・ワイルドと、無名の画家オーブリー・ビアズリー、その姉のメイベルを軸に、物語は展開する。

オスカーが著した「サロメ」は、聖書の一節をもとにしていながらも、倒錯した性愛と猟奇性に彩られた頽廃的な戯曲。この「サロメ」に魅入られたオーブリーのペンは、鬼気迫るほどの光茫を放つ。そしてメイベルは、次第に狂気に身を委ねるようになる。

この三人にオスカーの恋人(男性)のダグラスも加え、当時のイギリスでは禁忌であった男色も交えた四つ巴の愛憎劇が進行する。

この作品は、匂い立つばかりの官能と、世紀末の気分を投影した悪徳の香りに満ちている。序盤で破滅を強く示唆されているが、読み進めるにつれ、そのときが訪れるのを強く待ち望んでいる自分に気づく。

傑作だが、表紙だけではなく、随所にオーブリーの挿絵が欲しいところ。編者の問題だと思うが、この点は惜しかった。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「不謹慎な」「不健全な」「奇怪な」「退廃的な」「見たこともない」小説の新境地。前作「リーチ先生」のほのぼのとした読後感からは大きく乖離しており、基本的に「いい人」しか登場しないといえる筆者としてはかなりの異端作。

人間の根源としての欲求(愛情、恋愛、嫉妬、独占、出世、成功など)から絶対に逃れられない登場人物たちは傍からみればほぼ全員が「悪人」であり、唯一の例外は献身的な介護を続ける母親ぐらい。しかし「悪漢小説」ということもなく、いつものように「巻き込まれ学芸員」から話はスタートし、時空を100年以上遡って展開される物語は読者を惹きつけてやまない。もちろん「美術ネタ」は渾身の盛り込みであり、人物描写と心象表現もたいへん秀逸。

行きの機内で「サロメ」を読み、ホテル・サボイに宿を取ってロンドン街歩きをして、ベットの上で「オーブリーの画集」を見たくなること必至です。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー