通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サロメ がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ●帯付き、状態良好。 ●防水のためクリアパックにお包みして発送いたします。 ●中古品となりますので細かい部分にイタミ(ヤケ・シミ・ヨレ・ケズレなど)がある場合もございます。通読には問題ありません。 ●はがき、チラシ、帯、応募券等の販促物は付属していないものとお考え下さい。 ●商品の詳細を確認されたい場合はメールにてご質問ください。 ●基本的にヤマト運輸クロネコメール便での発送ですのでポスト投函になります。配達日および時間指定はできません。 ●商品のサイズによっては宅急便にて発送させていただきますが、料金はメール便と変わりません。ただし、配達日および時間指定はできません。 ●店舗併売の為、品切れの場合はキャンセルさせて頂きますのでご容赦下さい。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サロメ 単行本 – 2017/1/16

5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,512
¥ 1,512 ¥ 999

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サロメ
  • +
  • モネのあしあと 私の印象派鑑賞術 (幻冬舎新書)
  • +
  • デトロイト美術館の奇跡
総額: ¥3,629
ポイントの合計: 166pt (5%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が発売開始!
新作長編「騎士団長殺し」が発売開始しました。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

メディア掲載レビューほか

原田マハさんが『サロメ』をテーマに描くミステリ 2人の天才、ワイルドとビアズリーに翻弄される世界とは

原田マハさんが新境地を切り開き、したたるような妖しいエロスの世界をくり広げる。

世紀末ヨーロッパで一世を風靡した作家オスカー・ワイルド、彼の戯曲『サロメ』に悪魔的挿画の数々を提供した夭折の画家オーブリー・ビアズリー、姉で女優のメイベル・ビアズリー。この三人の関係が、史実という大樹に絡みつく蔓草のようなフィクションに彩られる。

発端は現代のロンドン。ワイルド研究家がビアズリー研究家に、新発見の「サロメ」の絵を見せる。それは有名なクライマックスシーン、つまりサロメが預言者ヨハネの首に接吻する瞬間を描いた、紛れもないビアズリー真筆であったが、しかしその生首の顔はヨハネではなかった。

では一体誰なのか?

ぞくぞくするような謎を提示した後、物語は十九世紀末のロンドンへと遡る。メイベルの目を通して読者は、ヴィクトリア朝時代の息苦しい政治文化状況、ワイルドのエキセントリックな言動、ビアズリーの成功と挫折、そして結核による早すぎる死を、追体験してゆく。

だが何より息詰まる思いをさせられるのは、メイベル自身が――ワイルドとビアズリーという二人の天才に翻弄されているかに見えながら――本人も気づかぬうち、何やら化けものめいた存在へと変容するその過程である。

上質のミステリであり、心理劇でもある本作はまた、メイベルの口を借りたビアズリー讃歌でもある。曰く、「美しい絵を上手に描く、というのではまったくなかった。もっと痛いような、苦しいような、狂おしいような」。「なんという闇。なんという光。なんという力。――なんという圧倒的な世界」。「画室に満ち溢れる狂気と豊穣に、メイベルは静かに首を絞められる思いがした」。

大久保明子さんによる素晴らしい装丁も、書店で原田さんの艶めかしい世界へ強く誘なうに違いない。

評者:中野 京子

(週刊文春 2017.2.23号掲載)

内容紹介

現代のロンドン。日本からビクトリア・アルバート美術館に派遣されている客員学芸員の甲斐祐也は、ロンドン大学のジェーン・マクノイアから、未発表版「サロメ」についての相談を受ける。
このオスカー・ワイルドの戯曲は、そのセンセーショナルな内容もさることながら、ある一人の画家を世に送り出したことでも有名だ。
彼の名は、オーブリー・ビアズリー。
保険会社の職員だったオーブリー・ビアズリーは、1890年、18歳のときに本格的に絵を描き始め、オスカー・ワイルドに見出されて「サロメ」の挿絵で一躍有名になった後、肺結核のため25歳で早逝した。
当初はフランス語で出版された「サロメ」の、英語訳出版の裏には、彼の姉で女優のメイベル、男色家としても知られたワイルドとその恋人のアルフレッド・ダグラスの、四つどもえの愛憎関係があった……。
退廃とデカダンスに彩られた、時代の寵児と夭折の天才画家、美術史の驚くべき謎に迫る傑作長篇。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 322ページ
  • 出版社: 文藝春秋 (2017/1/16)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4163905898
  • ISBN-13: 978-4163905891
  • 発売日: 2017/1/16
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 12,147位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 トップ500レビュアー 投稿日 2017/1/17
形式: 単行本 Amazonで購入
 19世紀末のイギリスの画家・ビアズリーの生涯と、病弱な彼を影に日向に支えた姉のメイベル、そして作家のオスカー・ワイルドとの愛憎を描いた作品です。
 何十年も前の話ですが、学生の頃、ビアズリー展を見に行ったことがありましたが、確かに一目見たら忘れられない画風でした。当時、宇野亜喜良氏や俳優の米倉斉加年氏の幻想的な絵を見慣れていたにもかかわらず、です。これが19世紀末のイギリス(シャーロック・ホームズの時代ですね)で発表された時は、どれだけセンセーショナルでスキャンダラスだったことか。

 ただ、原田マハさんがどんなに筆舌を尽くしても、ビアズリーの絵を見たことがない読者には、そのすごさがピンと来ないのが実情でしょう。単行本の表紙は、ビアズリーが手がけた「イエロー・ブック」の体裁で、絵は「サロメ」の「お前の口に口づけしたよ、ヨカナーン」を用いていますが、この絵だけでは(いや、この絵だけでもある意味十分ですが)、本文中に出てくる絵のすべてを想像するのは無理かと思われます。
 まあ今の時代、ネットで画像検索すれば絵をいくらでも見つけることができるでしょうが、本作を読んでいて絵をすぐに思い浮かべられる方は、見た経験のある方か、画集をお持ちの方に限られると思います。
 せっかくの力作ですが、絵が見られないという致命的な欠点はどうにかならなかったものか。その点が非常に残念に思います。
コメント 26人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ヴィクトリア&アルバート博物館の客員学芸員にしてビアズリーの研究者、甲斐祐也。ロンドン大学のジェーン博士より彼に提示された100年前のそれは、<サロメ>に掲載されなかった1枚の挿画、幻のクライマックス・シーン。凍り付くサヴォイ・ホテルのティー・サロンで、オスカー・ワイルドの研究に長けたジェーン嬢は口にするのだ。<サロメ>の本当の作者は誰なのか……。

序盤からグイグイと引き込まれる展開だ。
稀代のパフォーマー、オスカー・ワイルドと天才画家ビアズリー。そして……。三人の暗い愛憎劇がパリとロンドンを駆け巡る。

・装丁は世紀末ロンドンの文芸誌The Yellow Bookを彷彿させ、手触りを含めて実に味わい深い。表紙はビアズリーの問題の挿画だ。また、ところどころに挿入される黒紙=幕が、演劇ライクな効果を生み出している。
・序盤ではワイルドとビアズリーの立ち位置と、1890年代パリとロンドンの芸術界の背景を愉しめた。
・ビアズリーとその姉メイベルが、バーン=ジョーンズ邸でオスカー・ワイルドと邂逅するシーンはとても印象的だ(p92)。そして、<サロメ>の挿絵を依頼される「火花」のシーンも(p125)。
・サラ・ベルナールの<ハムレット>(コメディ・フランセーズ)とジェニー・リーの<ジョー>(パブリック・シアター
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
「サロメ」の著者オスカーワイルド、そしてあの有名な挿絵を描いた
オーブリーピアズリーとその姉・メイベルとの愛憎渦巻く微妙な三角
関係(…といってよいのだろうか?)が、ワイルドの恋人・アルフレッド
ダグラスをも含めて錯綜し、破綻してゆく様が濃密に描かれる。

サロメというモチーフ自体が強烈なのに加えて、ワイルドらの中心的
登場人物だけでなく、周囲の人たちも含めたすべてがこの「サロメ」に
輻輳し、いつまでも消えない余韻が残る。
表紙のイラストや舞台の暗転を思わせるような処々に挿入された黒い扉
など、装丁の寄与しているところも大きいだろう。
エンディングには苦心したのか、やや不満も残る。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
見事な程に、全員が互いに貪り喰いあってるかの様な関係性と、原田氏のいつものうんちくを堪能した。
序盤は、天才の隣にいた凡人の姉が、天才に絞り尽くされてカスになるありがちの方向か?と思ったが、予測の上を行く展開で楽しんだ。
ビアズリーの絵は普通に目に入っていたが、経歴はほぼ知らなかった。イラストレーションの人にありがちな「画壇に認められたい」の葛藤がなかったんだ、の部分が割と「意外」な感じがした。
早世したからそこまで行きつかんかったのか、己の「天才」に迷いがなかったのか、体調と激務でそれどこじゃなかったのか、色々読んでみよっかな、と興味が湧きました。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告