¥ 3,888
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サルトル伝 (上) 〔1905-1980〕 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

サルトル伝 (上) 〔1905-1980〕 単行本 – 2015/4/24

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本, 2015/4/24
"もう一度試してください。"
¥ 3,888
¥ 3,888 ¥ 3,000
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サルトル伝 (上) 〔1905-1980〕
  • +
  • サルトル伝 (下) 〔1905-1980〕
総額: ¥7,776
ポイントの合計: 112pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

11カ国語に翻訳された国際的ベストセラーの完訳、決定版!! 20世紀最高の哲学者の全体像。
サルトルは、いかにして“サルトル”を生きたか。
「世界をこそ所有したい」――社会、思想、歴史のすべてをその巨大な渦に巻き込み、自ら企てた“サルトル”を生ききった巨星、サルトル。“全体”であろうとしたその生きざまを、作品に深く喰い込んで描く畢生の大著が、満を持して完訳!
●口絵32頁

-----
【上巻】
 日本の読者へ
 関連地図
 はじめに

第一部 天才への歩み(1905年~1939年)
 1 ジャン=バチストに照明を
 2 アンヌ=マリーの不幸の数々
 3 お山の大将の私的寓話集
 4 ラ・ロッシェルの生活情景
 5 千人のソクラテス
 6 ただひとりのソクラテス
 7 不機嫌、狂気、そしてあれこれの旅行……
 8 慌ただしい幕間劇――二年間の幸福

第二部 大戦中の変身(1939年~1945年)
 1 カフカ風の戦争
 2 尊大な捕虜
 3 「社会主義と自由」
 4 行き詰まり
 5 「作家としてレジスタンスをしたのであって、
    レジスタンス闘士としてものを書いたのではない……」
 6 無数の若者の精神的指導者
 7 バッファロー・ビルからルーズヴェルト大統領まで
    ――最初のアメリカ旅行――

 原 註
 訳 註
 詳細目次


【下巻】
第三部 サルトル時代(1945年~1956年)
 1 パリ、実存主義の到来
 2 ニューヨーク――サルトル・イズ・ビューティフル
 3 機関室にて
 4 具体的なものとの二度目の衝突
 5 二度目の行き詰まり
 6 鳩と戦車

第四部 目覚める人(1956年~1980年)
 1 みなさんは素晴らしい……
 2 反逆の対抗フランス大使
 3 アンタッチャブル
 4 フローベールと毛沢東主義者たちの間で
 5 モンパルナス・タワーの陰で

 原註/訳註
 〈後記〉反抗的にしてかつ同意的な英雄を追い求めて――校庭に銅像を建てる?
 謝辞
 詳細目次/サルトル年譜
 訳者解説(石崎晴己)
 文献一覧/人名索引

出版社からのコメント

すでに1940年に『戦中日記――奇妙な戦争』の中で、「私は世界全体を所有したい」と彼は書いていた。事実、サルトルはその生涯を通じて、疲れを知らぬ旅行者だった。彼の旅の道筋はその一つ一つが、変動する世界へと向けられた眼差し、それについての証言である。
 1950年代の始めに描かれていた世界の地図はやがて砕けて飛び散ってしまうであろうと自覚していたサルトルは、支配する者と支配される者の関係についての鋭敏な自覚が存在していたことを、時代に先駆けて、立証している。それはまさに大文字で始まる〈世界〉の到来に他ならず、われわれが住まうこの惑星への眼差しの変化に他ならない。その惑星の地政学的力関係は、根底的に違ったものとなったのである。サルトルのメッセージは、いまやかつてなく今日的なものとなっているのだ。
(「日本の読者へ」より)

サルトルとは何だったのか、という問いに対して、最も要約的な答えは、「すべて・全体」であろうとする、もしくは「すべて・全体」を包含しようとする途方もない野心、というものではなかろうか。本書冒頭のエピグラフが、『戦中日記――奇妙な戦争』から発掘して来た「世界を所有したい」という野心の表白であることは、まことに示唆的である。
 一部分であることに満足できず、すべてを欲し、すべてであろうとする意欲は、「全体的に拘束され、かつ全体的に自由な全体的人間」という初期の文言から、「全体化」という独特の用語に至るまで、通底している。要するに、世界全体を「所有」し、世界全体に匹敵する人間=意識主体であろうとする野心。これの具体的な現れ、あるいは実現形態は、ブルデューがサルトルを規定するために用いた「全体的知識人」という語で、ある程度表現されるかもしれない。
(「訳者解説」より)

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 544ページ
  • 出版社: 藤原書店 (2015/4/24)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4865780211
  • ISBN-13: 978-4865780215
  • 発売日: 2015/4/24
  • 梱包サイズ: 19.2 x 13.2 x 4.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 697,697位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(1)

トップカスタマーレビュー

2015年10月11日
Amazonで購入
0コメント| 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか?はいいいえ違反を報告
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ペンタックス レンズ