通常配送無料 詳細
残り12点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サラバ! 下 がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: カバーに傷みあり。 多少汚れあり。中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サラバ! 下 単行本 – 2014/10/29

5つ星のうち 4.1 59件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,728
¥ 1,728 ¥ 757
この商品の特別キャンペーン 本とのまとめ買いで対象商品が10%OFF 1 件


『サラバ 単行本 (上)(下)セット』

セット買いは こちら




click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サラバ! 下
  • +
  • サラバ! 上
  • +
  • i(アイ)
総額: ¥5,076
ポイントの合計: 153pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

本年度最大の衝撃と感動。

一家離散。親友の意外な行動。恋人の裏切り。自我の完全崩壊。
ひとりの男の人生は、やがて誰も見たことのない急カーブを描いて、地に堕ちていく。
絶望のただ中で、宙吊りにされた男は、衝き動かされるように彼の地へ飛んだ。

内容(「BOOK」データベースより)

父の出家。母の再婚。サトラコヲモンサマ解体後、世間の耳目を集めてしまった姉の問題行動。大人になった歩にも、異変は起こり続けた。甘え、嫉妬、狡猾さと自己愛の檻に囚われていた彼は、心のなかで叫んだ。お前は、いったい、誰なんだ。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 358ページ
  • 出版社: 小学館 (2014/10/29)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4093863938
  • ISBN-13: 978-4093863933
  • 発売日: 2014/10/29
  • 梱包サイズ: 18.8 x 12.8 x 3.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.1 59件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 19,445位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?


この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

投稿者 投稿日 2016/6/12
形式: 単行本 Amazonで購入
「すごかった。西加奈子の全部がここにある。」又吉直樹。
「こんな作品を書かれた後、自分は何を書くべきか。途方に暮れた。」朝井リョウ。

帯の言葉イマイチとさえ思ってしまった。これが、小説家の言葉か?
読み終えて思うこと
二人とも圧倒されて、きっと言葉が出てこなかったんだな。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
上巻を読んで、下巻の目次を目にしたとたんにこの後の展開を想像でき、悲しいというか複雑な気持ちが襲ってきた。主人公の僕(歩:あゆむ)はどんどん大人になっていく。ただし、どちらかというと体だけが大人になり、精神の成長は子供の頃から変わらない。歩むが青年期を過ぎ、実年にさしかかるところで、異常行動の姉が自分の心の拠所を見つける。歩の拠所はなかなか見つからないが、姉やおばさん、父親の話を聞くうちに、自分を探す努力を始める。目次に書いている通りのストーリーだが、読者の想像を超える展開が待っている。上巻では、どうしようもない姉であり母親であり僕であったが、下巻ではそれぞれが自分の幸せを追求する。実は、この家族は最初から自分の幸せを追求していただけなのだが、その時々の言動が奇異だったりするだけだったのかもしれない。純粋に自分を生きていたのかもしれない。その人物の“芯”を探して、見つけて、自分の中心にすえたのかもしれない。この作品を読んで、生きる上で大事な何か(“芯”)を探すことが人生の目的であることように感じた。困難な道を歩むことになるのかもしれない。しかし、探さないことには幸せを掴めない。歩には魔法の言葉「サラバ」があった。自分には何があるのだろう。答えは出ないかもしれない。でも、私たちは答えを探して歩み続ける。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 tpl 投稿日 2017/1/6
形式: 単行本
 三島由紀夫著「仮面の告白」同様、主人公が産道を通るところから物語が始まります。その出方で受け身の性格を象徴させるなんて、うまいにもほどがあります。
 買うかどうか迷っていたうちに、直木賞を受賞してしまったので、なんとなく遠ざかってしまい、読むのがずいぶん遅くなりました。
 おもしろかったなあ。特に「姉」幼少期の、はじけっぷりが素晴らしかった。あとは、関西弁のなんともいえない丸みをおびた使い方がよかったです。ただ、著者は子供と老人を書かせたら抜群に上手なのだけど、それ以外の年齢層になるとなぜか魅力が薄まるようです。
 ともあれ、「円卓」の次に好きな作品となりました。あれは、なかなか越えられない。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 ギンコ 投稿日 2015/8/4
形式: 単行本 Amazonで購入
前編に比べて笑える箇所が少なかったかと思う。
あんなに「おりこうさん」な優等生の歩がここまで落ちるかという転落ぶりは
ある意味びっくり仰天だった。同じ人格で人ってここまで変貌するものなのだろうか・・?
幼い頃からの抑え込まれた感情が、歩をあそこまで変えてしまったということか・・?
そんな歩とは正反対にどうしようもなかった姉がまともになったのもビックリ仰天だった。
歩の腐った感情を描くところがリアルだった。嫌なやつだなぁ~と思いつつ、人間ってみんな
こういう黒い感情を持ってるよなぁと妙に納得させられた。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
神とか宗教を持てとか、そんな単純な話ではなく、信じるものを見つけるのは(特に日本では)とてつもなく困難である。
しかしそれを見つけた人間は凄まじく強い。それを「姉」と「歩」から学んだ。
だからと言って我々が安易に「サラバ!」の中から「信じるもの」を探したり、与えられてはならない。
なぜなら著者は「姉」にこう言わせているからだ。

「あなたが信じるものを、誰かに決めさせてはいけないわ。」
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
上下巻合わせて700ページ強の長編小説。序盤の印象はあまり良くなかったが上巻の中盤以降、そして下巻に突入してから終盤まで物語が濃くなり引き寄せられていく。ひさしぶりにあっという間に読めた長編。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
友人から紹介された本です。
あまりにしつこく紹介されたので読みましたが長くて何度か挫折しそうになりました。
あしかし上の後半から面白くなり下はすらすらと読むことが来ました。
主人公の歩むの気持ちに所々共感しました。
正直私の中で「すくいぬし」「信じるもの」は見つかっていませんが、考えさせられる本でした。
久々の小説で1ヶ月ちかくかかってしまいましたが読む価値アリです!
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー