中古品
¥ 1,054
コンディション: 中古品: 良い
コメント: ☆送料無料・保証付【Amazon直送につき、365日毎日発送致します】帯付きです。表紙に軽度のダメージがありますが、中のページは、見た目キレイで、折れや書込もなく良好です。十分な検品をしてから出荷をしていますが、まれにチェック漏れによる書込や欠品がある場合がございます。その際はご連絡頂ければ対応を致しますので、ご連絡をください。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

サラサラの組織―あなたの会社を気持ちいい組織に変える、七つの知恵 単行本 – 2008/12/12

5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 794
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

すべては「場」の革新から始まる-。今日、経営者の最大の関心事は、いかにして社員の知識や創造性を爆発させるかということだ。「知的にぎわい」を創り出すためには、多様な信念を持った「個」が集まり、対話や実践を重ね、「知の綜合」を引き出すしかない。本書で展開されるのは、こうした「組織イノベーション」の具体的な方法論である。

内容(「BOOK」データベースより)

「日本企業復活の鍵は、知識創造にある」という思いの下に生まれた企業内イノベーション集団KDI(富士ゼロックスKnowledge Dynamics Initiative)が、仕事のあり方を変革していこうとする企業人たちとともに、組織の「知」のめぐりを「サラサラ」にしていく物語と方法論を示した。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 243ページ
  • 出版社: ダイヤモンド社 (2008/12/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 447800787X
  • ISBN-13: 978-4478007877
  • 発売日: 2008/12/12
  • 梱包サイズ: 20.8 x 14.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.6 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 85,141位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.6
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
「サラサラの組織」とは、効率追求一辺倒の経営へのアンチテーゼと映った。
上の許可がないと何もできない階層的組織に、困っている同僚を助けない方が合理的な成果主義。組織で働く誰もが感じている問題を解くカギは、想いを持つ個の行動にあると説く。

すべての責任を経営者に押し付ける議論からは、何も生まれない。それよりも、まず行動を。そして、行動を起こす誰もが組織変革のリーダーとなりうることを、この本は示している。
何よりも、9社の変革リーダーの物語が、実名で語られているのが良い。そのリーダーが社長から部長、課長に若い女性までと、多岐に渡っていることが、この本の主張を裏付ける。

決して、組織変革の美しい理論が書かれているわけではない。しかし、「現実に裏付けられた理想論」だからこそ、説得力がある。組織を変えたいという想いを持つ方には、強くお勧めしたい一冊だ。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
組織を変えるのはすごく難しい。だから「変革」というコトバはあちこちに転がっているものの、それに真っ向から取り組む人の数はきわめて少ない。この本の読みどころは、9人の(たぶん普通の)企業人たちが、出来れば誰もが避けて通りたい、その「変革」に手を出してしまった様子を語っている第3章である。
もとよりスマートな展開であるはずもなく、憤ったり、気負ったり、嘆いたり、愕然としたり、思わぬ助っ人に感激したり、意外な伏兵に仰天したりの悲喜こもごもである。しかし、語り手の皆さんの穏やかで頑固で、たぶん楽天的な人間味のせいか、和やかな(?)読後感があった。日本の企業ってまだ捨てたもんじゃないな――そんな感想である。
しばらく前から、ビジネスマンにとって「戦略」というコトバは抗い難いものになってしまった。戦略的でロジカルでなければビジネスや企業を語る資格はない、と。
しかし、人は本当に戦略で動くのだろうか。確かに戦略は環境変化を企業行動に変換するための合理的方法を提供するだろうが、組織で働く人間の側にもそれなりの合理がある。しかも、それは少なからず戦略と矛盾する場合がある。戦略は確かに組織の変革を要請するが、その変革を実現するためには、「戦略的努力」だけでは絶対に足りない。戦略的ではない努力、むしろ見返りなき非合理的行動が人を動かすことも多いのだ。本書に登場する語り手たちは、その辺りの何ともいえない事情をそれぞれの「物語」として伝えている。等身大のマネジメントブックとして好感が持てる。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 この本はKDIというユニークな企業イノベーション集団と、その同志たちの物語です。
一般的なコンサルティングの文脈では、コンサルタントとクライアントなのでしょうが、ここでの彼らの関係はまさに「志」を同じくするひとたちのコミュニティです。「知識創造」を切り口とした取り組みが、そのコミュニティに属する複数のひとたちの視線で語られます。
とても賑やかな、楽しい物語が多数描かれています。都合が良い成功事例を集めたものではありません。それぞれの過程には沢山の失敗や戸惑い、葛藤もあります。
でも全体のトーンが明るいのです。この明るさがタイトルでいうところの「サラサラ」につながる鍵の一つかなと感じました。
「サラサラ」というキーワードを当初は単に「風通しが良い」ということかなと思いました。また帯にあるような「ドロドロ」と対立する概念として、ドロドロが悪で、サラサラが善という単純な対立構造の話かなと思いました。でも読み進むうちに、自分の経験と照らし合わせても納得がいく、もっと奥行きのある像が結んだ気がしました。
この本は、おざなりな組織論のフレームワークを並べたものではありません。また欧米から拾い集めた概念のラベルを貼り替えただけの経営論でもありません。
ここにあるのは血の通った、知の飛び交う物語です。
閉塞感、悲壮感漂う組織を
...続きを読む ›
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 じゃぐぁ トップ1000レビュアー 投稿日 2009/6/20
形式: 単行本
 富士ゼロックスKDI(Knowledge Dynamics Initiative)という、知識ベースで企業にイノベーションを起こそうという会社があるらしい。初めて知った。

 この会社が手がけたコンサルティング、あるいは勉強会のようなものを元に、自社の改革を行った事例が豊富に掲載されている。組織改革やナレッジマネジメントを目指す人にとっては、手っ取り早いベンチマーキングになると思う。
 社内サイトでコミュニティを立ち上げた人、会社のレイアウト変更に取り組んだ人、研究棟を斬新なデザインで建設してしまった人、色々な話がある。

 また、本の冒頭には、会社変革に挑む若き女性の架空の成功物語が掲載されている。会社を変えるためのエッセンスが7つ習得できるように工夫されている。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告