この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サラ、いつわりの祈り (BOOK PLUS) 単行本 – 2005/5

5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

弱冠18歳にして描いたデビュー小説『サラ、神に背いた少年』で、早熟な天才の名をほしいままにした著者による二作目が登場した。男から男へと渡り歩きながらアメリカ各地を転々とする母サラと、少年ジェレマイアとの放浪生活。ジェレマイアは母からの精神的虐待、情夫たちによる性的虐待を受けながらも、ただひたすらに母の愛を求めつづける。そしてその愛の深さゆえに、みずからの性を忌み、自虐的願望へと駆りたてられていく…。著者の衝撃的な実体験をもとに、痛ましいまでの少年の想いをクールに描いた短編連作集。

内容(「MARC」データベースより)

ジェレマイアは母からの精神的虐待、情夫達による性的虐待を受けながらも、ただひたすらに母の愛を求め続ける。そして、その愛の深さゆえに、自らの性を忌み、自虐的願望へと駆り立てられていく……。短篇連作集。
--このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 377ページ
  • 出版社: アーティストハウスパブリッシャーズ (2005/05)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4902088746
  • ISBN-13: 978-4902088748
  • 発売日: 2005/05
  • 梱包サイズ: 18.2 x 12 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 131,886位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 カスタマー 投稿日 2004/3/21
形式: 単行本
強烈な印象を残した前作より、強い描写が多い今作。
それ故に、前作より主人公のピュアさがストレートに伝わってくる。
恐ろしいほどにドライで、切ないほどに繊細な
どこか遠い世界のようで、誰の中にも存在するような
この作者にしか表現できないだろう、曖昧な感覚。空気。
前作とは違い、短編調の今作だが、その世界観は健在である。
この作品を読む時、自分の感覚や、常識を取り去って、ひたすら何もない状態で読まれることをオススメしたい。
きっと、どうしようもなく、彼に会いたくなるだろうから。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
約10年前、この本に出会い、マドンナ絶賛・映画化決定の煽りを見て興味本位で購入した。

アメリカの貧しい母子家庭に生まれた少年の【実話】という内容だった。
少年なのに女の恰好をして売春婦をして・・・トラックの運転手相手に・・・等など、アメリカって白人社会でもこんな感じなのがあるの?とびっくりしたことを覚えている。
当時、13歳あの頃欲しかった愛のこと、等のアメリカの貧困層の少女たちを題材にした映画見たりしていたのでこういう環境にいる人もいるのだな、と普通に信じていた。

その数年後・・・メディアで作者であるJ・T・リロイは偽物でこの本も全て嘘偽りだったことが発覚。

凄くバカバカしい気分になったのを覚えている。

今世間にはびこっている自伝やノンフィクション作品のどれだけが実話なのだろう?
反社会的なことを売りにしているミュージシャンでさえ嘘のバックグラウンドをデビュー前に設定されるわけだし、嘘だらけなのでは?
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/3/21
形式: 単行本
強烈な印象を残した前作より、強烈な描写が多い今作。
それ故に、前作より主人公のピュアさがストレートに伝わってくる。
恐ろしいほどにドライで、切ないほどに繊細な
どこか遠い世界のようで、誰の中にも存在するような
この作者にしか表現できないだろう、曖昧な感覚。空気。
前作とは違い、短編調の今作だが、その世界観は健在である。
この作品を読む時、自分の感覚や、常識を取り去って、ひたすら何もない状態で読まれることをオススメしたい。
きっと、どうしようもなく、彼に会いたくなるだろうから。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
J.T. リロイは存在しません。本当の作者は、「ローラ・アルバート」という女性です。最初は本名でフィクション小説という形で出版社に売り込みをかけたそうですが、上手くいかなかったので、彼氏に相談した結果、「美青年が過去に受けた性的虐待を語る」ということで売り込むことになりました。なお、メディアに登場したJ.T. リロイという人物は、その相談に乗った彼氏の妹を男装させただけです。アメリカでは、この手の偽自伝小説を売り出すことがたまにあります。しかし、「誰がどのような精神的苦痛をどれだけ被ったか」という証明が難しいため、裁判になりにくく、この手の商売は後を絶ちません。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告