サムライガン 暗号指令 一 [DVD] がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

サムライガン 暗号指令 一 [DVD]

5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 5,076
価格: ¥ 2,820 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 2,256 (44%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、にしだ商店が販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。

Amazonビデオ

Amazonビデオは新作映画や話題のTV番組、アニメなどをいつでも気軽に楽しめるデジタルビデオ配信サービスです。 パソコンやFireのほかiPhoneやiPadでも観ることができます。詳細はこちら

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

キャンペーンおよび追加情報

  • 予約商品を通常商品と同時にご注文の場合、通常商品も予約商品の発売日にまとめて発送される場合がございます。通常商品の配送をお急ぎの方は別々にご注文されることをおすすめします。 予約注文・限定版/初回版・特典に関する注意はこちらをご覧ください。

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック。


登録情報

  • 出演: 森久保祥太郎, 小西克幸, 茅原実里, 氷上恭子
  • 監督: 菊池一仁
  • 形式: Color
  • リージョンコード: リージョン2 (このDVDは、他の国では再生できない可能性があります。詳細についてはこちらをご覧ください DVDの仕様。)
  • 画面サイズ: 1.33:1
  • ディスク枚数: 1
  • 販売元: エイベックス・トラックス
  • 発売日 2005/01/26
  • 時間: 50 分
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.0 2件のカスタマーレビュー
  • ASIN: B0006ISHUQ
  • JAN: 4988064221899
  • Amazon 売れ筋ランキング: DVD - 243,560位 (DVDの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

商品の説明

内容(「Oricon」データベースより)

幕末時代劇に、銃や蒸気機関などの要素を加えた近未来アクションアニメ。1800年代の日本で暗躍する男たち“サムライガン”の姿を描いている。2004年10月よりテレビ朝日系にて放送。

レビュー

監督: 菊池一仁 原作: 熊谷カズヒロ シリーズ構成: 園田英樹 キャラクターデザイン: 大貫健一 音響監督: 小林克良 音楽: 多田彰文 声の出演: 森久保祥太郎/小西克幸/茅原実里/氷上恭子/中井和哉/杉田智和/寺杣昌紀
-- 内容(「CDジャーナル」データベースより)

カスタマーレビュー

5つ星のうち 3.0
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

最初見た時はうわっ!!濃い~と思ってましたがこのアニメはまず歴史ものずきの人に見てもらいたいですね、サムライガンは一人ではなく1号2号とそれぞれことなる個性をもつヒーローなのでよいです!!
ただかっこいではなくダークヒーロで多くは語らないのでミステリヤスでそれでかっこいい!!見た目もオリジナリティあふれていいですね。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/5/27
 下品、下品だよ。見終わった後の後味の悪いこと。でっかいおっぱいしたうすうす着物で、おいおいさきっぽ際立ちすぎってねーちゃんが泣きながら串刺しにされる、サディスティックなシーン。しかもやるのがオレたち悪人って体中から主張しているバカ丸出しのヤローどもときた。ボクはそんなモラリストでもないし、おもしろければ別に何人殺そうと、どうやって殺そうと文句はない。けどねぇ、ここまでばかばかしく人を殺すと、お話がしらけちゃう。人を殺す仕事はいやだって言ってみたって、そんな主人公の葛藤にぜーんぜん共感がもてなくなるんだよ。敵の組織みたいのもまったくべたな悪の結社そのままで、美学ってものがない。敵の魅力が作品の深みにつながるもんでしょ。すばらしい敵があってこそ正義の味方のキャラクターも掘り下げられるってもんだ。それが中途半端に時代劇やってるのも最低。細かい時代考証なんて考えずに、ただそれらしい名前をつけときゃそれらしく見えるよねっていうやり方は、ボクは大嫌いだ。それならいっそのこと時代付けなんてしなければいい。それに、舞台が花柳街っていうのもこの作品の質を下げている。お色気を出しまくって大人の雰囲気を出そうってことかもしれないけど、逆効果。ここでも時代考証の不備がどんぴしゃ当たって、ただ下品なだけになっている。そういう大人の雰囲気は言い回しや言葉の選び方や、むしろチラリズムな演出の方が効果的だろうに...続きを読む ›
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す