この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サムライの剣‾ファイティング・ファンタジー (20) 文庫 – 1987/7

5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー

その他(4)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
ペーパーバック
"もう一度試してください。"
¥ 13,265 ¥ 7,248
文庫, 1987/7
¥ 2,600
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

Fighting Fantasy(TM) is a brilliant series of adventure gamebooks created by games masterminds Steve Jackson and Ian Livingstone. Each book pits YOU - the reader - against a terrifying hoard of adversaries. Monsters like the foul Bloodbeast, the devilish Ganjee or noxious Orcs are all out to put a violent end to your daring quest. Often the choice is to kill or be killed...dare you enter the realm of Fighting Fantasy(TM)? The once-peaceful world of Orb is in terrible danger. Dark forces are at work to unleash the awesome might of the Evil One - and only YOU can stop them. YOUR mission is to destroy the Talisman of Death before the dark lord's minions reach you. But beware! Time is running out ... --このテキストは、絶版本またはこのタイトルには設定されていない版型に関連付けられています。

内容(「BOOK」データベースより)

君は将軍指南役をつとめる若きサムライ。君の使命は、将軍のもとから奪われた名刀“鍔鳴りの太刀”を闇将軍イキルから奪い返すことだ。だが、イキルは亡霊がうごめく鬼軽城の奥深くそれを隠した。はたして君は…サイコロ2つと鉛筆、消しゴムさえあれば、冒険の旅に出ることができる。どの道をたどり、どんな怪物と戦うか、それをきめるのは、君自身だ!


登録情報

  • 文庫: 298ページ
  • 出版社: 社会思想社 (1987/07)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4390111639
  • ISBN-13: 978-4390111638
  • 発売日: 1987/07
  • 商品パッケージの寸法: 15 x 10.8 x 1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.0 1 件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 983,211位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.0
星5つ
0
星4つ
1
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
カスタマーレビューを表示
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
欧米人の視点から東洋、日本を見たらどう感じるのか。それを如実に示してくれている『サムライの剣』です。
逆にいえば日本人だって、外国に対して誤解や偏見を抱いているかもしれないという警鐘とも受け取れます。
難しいことは抜きにして、ゲームとして、充分に和風(?)世界を楽しむことができます。
物語の構造は、敵のアジトに入り込み、ボスを倒して奪われた品物を奪還する、というもの。そう言ってしまえばホント普通ですよね。
しかし舞台、登場人物、アイテム等を和風に変えれば、ファンタジー世界の雰囲気も大きく変わります。舞台となっている八幡国は、クール大陸にあるので、一応タイタン世界の作品ではあります。
ただせめて邦訳タイトルが『剣』ではなく『太刀』か『カタナ』あたりにはならなかったのですかね?探索するアイテムが「鍔鳴りの太刀」なんだし。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告