Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Windows Phone
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

Kindle 価格: ¥ 628
ポイント : 91pt (14%)

これらのプロモーションはこの商品に適用されます:

Kindle または他の端末に配信

Kindle または他の端末に配信

[黒江S介]のサムライせんせい三 (クロフネコミックス)
Kindle App Ad

サムライせんせい三 (クロフネコミックス) Kindle版

5つ星のうち 3.1 7件のカスタマーレビュー
[まとめ買い] サムライせんせい(クロフネコミックス)の3の第3巻
その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
¥ 628
コミック
"もう一度試してください。"
¥ 678 ¥ 232

紙の本の長さ: 194ページ

【Kindle Unlimited】
月額¥980で、本・コミック・雑誌・洋書が、好きな時に好きなだけ読み放題。初回30日間無料体験 今すぐチェック
【Kindleコミック ストア】: コミックの人気タイトル、新着・ニューリリース、お買い得タイトルをチェック。 Kindleコミック ストア へ



商品の説明

内容紹介

武市半平太の居候先の佐伯家に、お調子者のかつての相棒・坂本竜馬が入り浸るようになり、ますます賑やかに。平成での侍の暮らしを描いた現代編、さらに新章・幕末編突入!! 笑いと憂いと感動の侍タイムスリップ!

登録情報

  • フォーマット: Kindle版
  • ファイルサイズ: 85052 KB
  • 出版社: リブレ (2016/7/9)
  • 販売: Amazon Services International, Inc.
  • 言語: 日本語
  • ASIN: B01I0XI9N8
  • X-Ray:
  • Word Wise: 有効にされていません
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.1 7件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  •  画像に対するフィードバックを提供する、またはさらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: コミック Amazonで購入
過去から来た人が現代でどうなるかという点を楽しみにしていた人間としては、過去は回想でちょろっと出してくれれば十分だったので残念
逆に幕末の話を読みたかったという人にはお勧めの巻になっているかと
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
幕末の志士であるところの武市半平太先生の現代へのタイムスリップ物語も第3巻です。
同じく平成の世にタイムスリップしてきた龍馬との邂逅。

そして・・・予想していた方も多いかと思いますが「過去編」がここから開始されます。
これはかなりの長丁場になりそうな予感がします。
作品としての設定が「コメディ路線」のように見えて、その実はわりかしシリアスという作風なのでこの流れは避けられない。
「笑えるシーン」はそもそも、幕末の志士が現代に来たという時代の差で生み出されるものだったから、
同時代の幕末の話では笑える場面は減ってしまうのもまた必然。
どうせなら、現代で「高知旅行」とかして、武市先生の業績を確認するほうが良かったのではないかと思います。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック Amazonで購入
幕末とタイムスリップ物が大好きなので、1、2巻をすごく楽しく読みました。
そして待望の3巻ということで、
武市先生もなんだかんだと現代に馴染んできているようで、
相変わらず面白かったです!
…ただ、一冊の7割くらいが幕末編となっていて、
これがこの後どのくらい続くのかが少し心配です。
個人的には幕末は好きなのですが、
このお話はあくまで「現代にやってきたお侍」というのがコンセプトかと思うので、
あまり幕末編が続くと史実的にもしんどくなってしまうな…と。
(私はコミックス派なので連載がどうなっているのかは分かりません)
せっかく以蔵らしきキャラも出てきたことですし、
早く現代での3人の邂逅が見てみたいです。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前半は フワフワとした中途半端なコメディ路線に逆戻り。
ただただチャラさが目立つ坂本龍馬、現代人との絡みも特になく新たな展開もうまれません

 メリハリがない ぼんやりとした話で数話通過していきます
  (読み切りから、長編連載へと突然切り替わった上で
   どう描いていくべきなのか、ネタ切れの様子など作者さんの苦悩がつたわってきます)

そんなモヤモヤした気持ちにさせられていると後半、なんと過去編に突入
しかし、これまでコメディたっちで描きすぎてしまっている為、緊張感はうまれず見ていてずっと生ぬるい感じが取れません
既にライトに描きすぎてしまった坂本龍馬などの印象が ”かなり” 足を引っ張ります
 また、がっつり歴史もの寄りになってしまったので、セリフも説明気味におおくなり、頭にぜんぜん入ってこなくなりました

”攘夷志士”の肝の座った価値観と、現代(人)との摩擦・葛藤 ・・そしてその二つの化学反応で生まれる 
 一風変わった タイムスリップ侍の”おもしろさ”を求めていたのに。

別の時代の名のある武将 または 幕府軍を現代にタイムスリップさせて、
 現代の価値観とで 三つ巴に衝突させたりだとか、”明日”を描いていってほしかったです

 
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
click to open popover