サムシン・エルス 1 がカートに入りました

こちらからもご購入いただけます
カートに入れる
¥ 1,394
対象商品 ¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
発売元: Amazon.co.jp
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
今すぐダウンロード
¥ 1,050MP3アルバムを購入

サムシン・エルス+1 Original recording remastered

5つ星のうち 4.5 71件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,749
価格: ¥ 1,394 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 355 (20%)
残り1点 ご注文はお早めに 在庫状況について
この商品は、BLOWINが販売し、Amazon.co.jp が発送します。 この出品商品には代金引換とコンビニ・ATM・ネットバンキング・電子マネー払いが利用できます。 ギフトラッピングを利用できます。
新品の出品:7¥ 1,393より 中古品の出品:13¥ 249より

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の キャノンボール・アダレイ ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サムシン・エルス+1
  • +
  • Cool Struttin
  • +
  • Kind of Blue
総額: ¥3,841
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2008/3/26)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Original recording remastered
  • レーベル: ユニバーサルミュージック
  • 収録時間: 44 分
  • ASIN: B000XAMEUQ
  • JAN: 4988006855175
  • 他のエディション: CD  |  カセット  |  DVD Audio  |  LP Record  |  MP3 ダウンロード
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 71件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: ミュージック - 176,447位 (ミュージックの売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • このアルバムを試聴する アーティスト (サンプル)
1
30
5:05
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
2
30
8:13
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
3
30
10:59
アルバムのみ
4
30
7:04
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
5
30
4:07
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 
6
30
8:25
今すぐ聴く 購入: ¥ 150
 

商品の説明

内容紹介

BN RVG コレクション

今シリーズは、モダンジャズの音を創り上げた伝説のエンジニア、ルディ・ヴァン・ゲルダーによる
最新リマスタリング、しかもUSヴァージョン・マスターを数多く使用。
2004年から発売された決定盤シリーズ、1998年から発売されたブルーノート24ビットby RVGシリーズ
(紙ジャケ仕様)には含まれなかったボーナス・トラックが数多く含まれています。

マイルス・デイヴィスの名演も光るモダン・ジャズの聖典。究極の「枯葉」を収録。

人気アルト・サックス奏者キャノンボール唯一のブルーノート盤は、当時彼のボスであったマイルス・デイヴィスも
参加した超豪華盤。演奏、メンバー、ジャケット・デザインが3拍子揃った奇跡の1枚。

(as)キャノンボール・アダレイ
(tp)マイルス・デイヴィス
(p)ハンク・ジョーンズ
(b)サム・ジョーンズ
(dms)アート・ブレイキー

●録音:1958-3

メディア掲載レビューほか

人気アルト・サックス奏者キャノンポール唯一のブルーノート盤は、当時彼のボスであったマイルス・デイヴィスも参加。演奏、メンバー、ジャケットデザインが3拍子揃った奇跡の作品。究極の「枯葉」を収録したモダン・ジャズの聖典といえる内容。 (C)RS


カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: CD
 アルバムの幕を開ける一曲、「枯葉」。この演奏に、まず、ノックアウトされてしまう。
 ミュートを効かせたマイルス・デイヴィスのトランペット・ソロが終わったところに、キャノンボール・アダレイのアルト・サックスが滑り込んできて、ソロが繰り広げられる。それが終わると、また、マイルス・デイヴィスのトランペット・ソロに戻るあたりの音楽。いいですねぇ。ふたりの連携プレイとセンスのよいソロに、ぞくぞくさせられました。

 マイルス・デイヴィスとキャノンボール・アダレイ、ふたりの掛け合いがよかったってことでは、トラック3収録の表題曲「サムシン・エルス」もいいですね。夜を切り裂くトランペットのキレのある高音と、ブルージィーなアルト・サックスの音が溶け合う、聴き手にとってはこたえられない饗宴。

 クールで知的、いぶし銀のきらめきを感じたマイルス・デイヴィスのトランペット。その醍醐味、旨味に唸ったのが、トラック2「ラヴ・フォア・セイル」と、トラック4「ワン・フォア・ダディ・オー」。即興的なひらめきを感じる弱音での演奏が、マイルス・デイヴィス、天才的で素晴らしいと思う。

 さらに、オリジナル・アルバムにはないトラック6「バングーン」が楽しかった。軽やかに飛ばしていく、スピーディな演奏の快感。終盤、アート・ブレイキーのドラムス・ソロも
...続きを読む ›
コメント 32人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
よく語られる話ですが、このアルバムのキャノンボールは裏事情で仕方なく表に出されたに過ぎないそうです。
そのため、このアルバムはマイルスのアルバムとして語る向きが強いのですが、
私はこのアルバムのキャノンボールがとても好きです。

音楽的・技術的なことはよく分からないので、私の解釈は間違っているかもしれません。
しかし、キャノンボールのサックスはとてもふくよかで情感がこもっていて、
あるときはとても明るく、またあるときは胸が詰まるほどやるせない気持ちにさせてくれます。
何より、とても音楽を楽しんでいることがほんとうによく伝わり、私はそこに魅力を感じました。
やっぱり黒人音楽の素晴らしさは、なんにも恥じないその素直さにあるのではないかと思います。

ジャズはかっこ良さを求めても、おしゃれさを求めても、芸術性を求めても、
どれもこれもみんな馬鹿丁寧に返してくれるすごい音楽です。
でも私がジャズを好きになったのは、気まぐれでジャズメンたちが鳴らしたフレーズやリズムが、
ときどき聞く側にぴったりと寄り添ってくれる瞬間があるからこそでした。

ジャズは音楽です。
色んな難しい要素もたくさんありますが、
一目惚れのような言葉にで
...続きを読む ›
コメント 22人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
"AUTUMN LEAVES(枯葉)"といえば数多くの名プレーヤーが演奏を手掛けておりますが、何といってもこのレコードにトドメを刺します。リーダーはキャノンボール・アダレイですが、マイルス・デビスの名演奏中の名演奏としても有名です。いったいこのレコードは今までに何枚売れたことでしょう。後世すべてのトランペッターに影響を与えたマイルス、その独特の音色は聴く者すべてを惹き付けます。キャノンボールもこの演奏で永遠にその名を残すことでしょう。どうぞ、一人静かにこれらの名演奏にひたってください。
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: LP Record
言わずとしれたブルーノートの名盤中の名盤である。
曲や演奏のレビューは全く必要がないでしょう。

このLPは重量盤(180g)であり、迫力満点の音が楽しめます。
A面の3曲目はボーナストラックでAllison's Uncleが収録されている。

CDを所有していたとしても、コレクションに入れるべき1枚である。
コメント 15人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD Amazonで購入
キャノンボールもそうだが、特に50年代をガムシャラに走ってきたマイルスにとって、この
一枚は実りの果実だったんじゃないかな。Kind Of Blueの定義付けは、ある種特別なのであれ
だが、60年代以降、良くも悪くも貪欲に自らの道を開拓していった両者だが、ここではそんな
ハングリーさとかストイックさとかとは別で、本当に悠然と心から音を楽しんでる感じが
伝わってくる。「Autumn Leaves」、「Somethin' Else」、「One For Daddy-O」では、音色、
フレージングともに見事なまでに安定したユニゾンを聴かせてくれる。ほんと艶然と微笑む
ような気持ちになれる。

もう何度も聴いた一枚だが、昔は前述の両者とサム・ジョーンズの芯の強いベース音に感服
してたりしたが、年月たって聴いてみると、ハンク・ジョーンズのピアノ音は何とも温かい
というか、心に沁みるというか、だんだん彼の凄さに気づいてくる。そう思って聞き返すと
以外に、この作品で彼は、おいしい所どりしてるのがよくわかる。彼の音を一音一音追って
聴くと何時までも飽きのこない贅沢さがあると思う。

あとキャノンボール名義じゃないともいわれてるが、何々ラストナンバー「Dancin
...続きを読む ›
コメント 17人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー