通常配送無料 詳細
残り8点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代 (... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 帯あり。カバーに使用感(ヨレ、スレ、傷等)あり。中身は書き込み、ヨレ、汚れない状態です。万が一購読等に支障をきたすようなことがありました場合、アマゾンの規定に従いカスタマーサポートを通して適宜誠実に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代 (ちくま新書) 新書 – 2008/12

5つ星のうち 4.7 14件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 972
¥ 972 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サブリミナル・インパクト―情動と潜在認知の現代 (ちくま新書)
  • +
  • サブリミナル・マインド―潜在的人間観のゆくえ (中公新書)
  • +
  • 「意識」とは何だろうか―脳の来歴、知覚の錯誤 (講談社現代新書)
総額: ¥2,635
ポイントの合計: 80pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

現代社会は過剰な刺激に満ちている。直接快楽を刺激する音楽と映像。絶え間なくメッセージを投げかけるメディアやコマーシャル。それらは私たちの潜在脳に働きかけて、選択や意思決定にまで影を落とす。が、私たちはそれを自覚しない。意識下にある情動・認知系への介入は、意識レベルでは認識されないからだ。本書は、「情動」と「潜在認知」に関わる認知神経科学の知見をもとに、現代の諸相をつぶさに検証、創造性をもたらす暗黙知の沃野に分け入って、新たな人間観を問う意欲作。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

下條/信輔
1955年東京都生まれ。東京大学文学部心理学科卒。MIT大学院心理学科修了(Ph.D.)。東京大学大学院人文研究科博士課程修了。東京大学教養学部助教授などを経て、カリフォルニア工科大学生物学部教授。専門は知覚心理学、認知神経科学。独立行政法人・科学技術振興機構「下條潜在脳機能プロジェクト」研究統括などを務め、脳による情報処理の大半を占めると考えられている、意識に上らない神経情報処理、すなわち潜在認知の研究を継続的に行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 新書: 314ページ
  • 出版社: 筑摩書房 (2008/12)
  • ISBN-10: 4480064605
  • ISBN-13: 978-4480064608
  • 発売日: 2008/12
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 10.8 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.7 14件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 26,864位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.7
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
2003年のイラク戦争以降、情報操作・煽動について、腑に落ちないことが多く常々疑問に思って本を調べていたらアマゾンの関連本にこの本が出てきたが著者のことははじめて知った。

主に第4章の記述からとなるが、
現在の情報操作のパターンは、見え透いても虚報や捏造があちこちからいっせいに初動から繰り返し発せられ、矛盾を指摘されても強引に事を進め、徹底的に黙殺され、むしろ強化される。そして、事が成就すると何事もなかったがごとく一切スルー、後でその虚報が露見して問題になっても既に、事は引き返せない段階に進んでおり、その時点が前提で次の段階の話しになっている。
つまり、目的は完了若しくは予定どうりということになる。
もはや、古典的な認識や概念の操作のような時間と労力は使わなくなったということに集約される。
古典である、リップマンの「世論」やギュスターヴ・ボンの「群衆心理」等の他に、国内でも多くその分野の本が出版されているが、そこには大筋では支配者が気づかれないように大衆の認識や概念を操作することを目的として、情報の発信を主として工作している=という私自身の認識が既に時代遅れである事がこの本の4章にて、うすうす気づいてはいたが一気に整理できた。
新書であまり期待してなかったが、今まで読んだこの分野では、最も論理的で秀逸。、
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 nacamici トップ500レビュアー 投稿日 2016/6/23
形式: 新書 Amazonで購入
自分の意思や感覚なんて当てにならないものだ。この本を読むと、ふだん何気なくやっていることに「そもそもこれをやっている自分はやりたいと思ってやっているのか」といちいち気になるようになる。情動と潜在認知、これが本書のテーマだ。理性や意思といったものが、じつは身体、情動といったふだん意識することのない部分への刺激に対する反応であることがさまざまな実験でわかっている。

目にする回数が多いほど好感度が増す「単純接触効果」や、新規なものを検出する「ポップアウト現象」、それを際立たせる「親近性原理」、そして親近性と新奇性を同時に高めて神経系全体を活性化させる「ニューラル・ハイパー・リアリズム」。本書には、無意識の作用を説明するさまざまなキーワードが詰まっている。こうした言葉を知るだけで、意思や意識というものを自分から少し離すことができる。「そうか、私はこうしたいと思っているんだな」「ああ、私は怒っているな」とか、他人を見るような視点ができる。メカニズムを理解するということは、そのメカニズムが機能し、作用する文脈を理解することでもある。

こうした理解は言語でなされるのだけれども、その言語的記述機能の基盤にも情動表出機能があるのでは、というラマチャンドランの仮説も紹介されている。こうなるとものごとを客観的に把握したり、予想をたてたり、優先順位をつけたりとい
...続きを読む ›
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 本書は題名からして、コマーシャルの脳に及ぼす影響に関する最近の見地を解
説して最終的にはけしからん、といった趣旨の本だろうと甘く見て購入しました。
著者の専門は現役バリバリの知覚心理学、認知心理学の研究者で、私の見込みは
いい意味で裏切られました。巷に氾濫する密度の薄い新書とは一線を画しています。
論旨の根拠になるデータがMRIを用いて刺激に対する脳の活動部位を見出した結果
など新しく、研究者の方に言うのも僭越ですが、科学的な背景がしっかりしている
印象を受けました。

 前半の3章はモノを売る立場から、人はなぜそれを買うのかについて、経験的に
知っていたことの裏づけを多く提示してあり、経験と科学的根拠が合致した点で
ためになったと思います。特に好感が持てたのは、それらの事実に対しての情緒的な
評価を加えず事実のみをある意味淡々と提示していた点です。

 最終章の「暗黙知の海」に対する著者の仮説も私にとっては賛同できるものでした。
詳細は本書に譲りますが、その中で人間、勉強、経験した事は蓄積されてオリジナリティの
根っこになるということが言われています。そうしたことはたとえ忘れてしまっ
たとしても潜在知として残り、何かのトリガーにより新しい発想の材料になるそうです。
その点では読書好きの私にとって朗報といえます。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
人間の記憶や知覚には顕在領域の他に潜在領域があり、潜在領域は利用される弱点にも創造の源にもなりうる、というのが本書のアウトラインである。まず広告やメディア、娯楽は潜在領域に訴える方向に向かっていると筆者は主張する。潜在レベルに訴える事例として筆者は某ファストフード店では客を長居させず回転をよくするためにイスが硬い素材で作られている、という事例を紹介する。客に直接言葉で注意するというやり方が顕在領域に訴える方法なら、座り心地の悪い硬いイスは潜在領域に訴える方法で、客は「無意識に、なんとなく」立ち上がって店から出て行ってしまうというわけだ。潜在領域はこのように「無意識に、なんとなく」コントロールされてしまう弱点でもあるが、負の面ばかりではなく創造性の源でもあるという。人は何か閃いた時「何かが舞い降りてきた」などと表現するが、これは潜在領域にストックされた知が顕在領域に読み出されたということらしい。潜在領域への働きかけに抵抗するのは難しいと筆者は語るが、本書の潜在と顕在というキー概念を知っているだけで、かなりメディアや広告に対して自由になれるのではないだろうか。とても知的刺激に満ちた一冊であった。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー



フィードバック