通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サブプライム後の新世界経済~10年先を読む「経済予... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: ほぼ新品
コメント: ほぼ新品の本です中古品のため、検品には万全を期していますが、状態説明に錯誤・瑕疵等がある場合は、ご連絡頂ければ対応させていただきます。又迅速に対応し、発送いたします。簡易クリーニング済みです。発送月日ですが土日祝はお休みとなります月曜日と木曜日が発送予定日となります発送方法はゆうめーるになります
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サブプライム後の新世界経済~10年先を読む「経済予測力」の磨き方~ 単行本 – 2009/3/5

5つ星のうち 4.2 19件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620
¥ 1,620 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サブプライム後の新世界経済~10年先を読む「経済予測力」の磨き方~
  • +
  • 騙されないための世界経済入門
総額: ¥3,240
ポイントの合計: 32pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

●ベストセラー第2弾! 「最も当たる!」と言われるカリスマFPの経済予測法とは?

2005年と2006年の著作で
すでにアメリカの住宅バブル崩壊の正確な時期を予測し
今回の世界的な株価暴落の影響をほとんど受けなかったカリスマFPの投資法として
前作『サブプライム後の新資産運用』がベストセラーになりました。

その卓越した中原氏の経済予測は
マネー誌を中心に、テレビ、新聞、雑誌などで話題になり
今、各メディアで「最も経済予測が当たるエコノミスト」との評価を受けています。

第2弾の今回は、その中原氏が
自らの経済予測法(独自のアプローチ法、思考プロセスなど)を初公開!

その上で、2009年以降の世界経済を大胆に予測します!

●経済学は役に立たない! 中原氏独自のアプローチ法とは?

中原氏の経済予測が当たるのは
他のエコノミストとは違う、独自のアプローチ方法を持っているからです。

以下は、本書からの抜粋です。

-----------------------------------------------------------------------------------------

私自身は学生時代に独学で経済学を学びましたが
いざ経済予測を試みてみると、
教科書のように実体経済は動いていないし
当時の経済学では、バブル崩壊後の日本経済を
まったく説明することができませんでした。

金融市場の予測を試みても同様で
経済学は実学には程遠いものであると思い知らされました。

「なぜ、経済学では実体経済や金融市場を予測できないのか?」
と考えた時に行き着いた答えは、経済学だけではなく、
実体経済や金融市場を動かす要因になるものを
全部考慮しなければダメだという考えでした。

そして具体的な答えが、
普段学んでいる歴史学、心理学、哲学にあることに、
すぐに気が付くことができました。

実体経済を考える上で大切なのは、
人間の行動の繰り返しを表した歴史であり、
経済行動を決めている人間の心理であり、
世界経済を動かしている全体構造を捉える哲学的思考力です。

経済学の教科書どおりに、もはや実体経済は動いていません。

経済学の狭い知識の中だけでは
世界経済の大きな流れを捉えることはできないのです。

-----------------------------------------------------------------------------------------

以上から分かるように、中原氏の経済予測が当たるのは
歴史学、心理学、哲学といった学問からアプローチをして
予測を試みているからです。

本書では中原氏の言う
「歴史学的」「心理学的」「哲学的」アプローチを身につける方法を
できるだけ簡単に、分かりやすく解説します。
(経済の知識がまったくない人でも読めるように工夫しました。)

だから…

内容(「BOOK」データベースより)

『日経マネー』など、マネー誌を中心に各メディアで「最も予測が当たる」と評価されるカリスマFPが教える!著者の予測が当たる理由。当たらないエコノミストの予測は、もういらない。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 256ページ
  • 出版社: フォレスト出版 (2009/3/5)
  • ISBN-10: 4894513331
  • ISBN-13: 978-4894513334
  • 発売日: 2009/3/5
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.4 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 19件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 553,398位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
世界経済ということで前作より広い範囲の内容なだけに全体的に物足りないと感じました。ただし、著者の視点は変わらず賛同できる箇所ばかりです。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
 2009年の本である。サブプライム総括、これからの経済予測、エコノミスト批判、経済予測力の鍛錬方法、銀行批判・・・といった内容である。
 曰く・・・
 アメリカ人の消費意欲(輸入意欲)が旺盛なため、アメリカの貿易赤字は拡大し、世界中にばらまかれたドルが金余りを産み、金融市場にドルが大量に流れこんでくる。このドルを受け止めたのがさまざまな新型金融商品である。経済が成長するから金融商品が買われる、金融商品が増価するから経済が成長する、という好循環から「投資は儲かる」という概念が蔓延した。しかし、サブプライムによってアメリカ人の消費意欲は減退し、すっかりディフェンシブになった。今までのシステムはもう機能しないし、回復には10年以上かかる。
 世界経済は、基軸通貨国であるアメリカ次第。中国もインドもアメリカ関連のビジネスがメインで成長しているので、アメリカが壊れたら道連れになるので新たな受け皿にはならない。世界経済の右肩上がり時代は終わり、低成長の時代(世界平均2%程度、主要先進国では1%程度)に入る。中国やインドの後に続く大きな新興国もない。
 アメリカの国債5兆ドルよりも国有化したファニーメイとフレディマックの借金の方が多い(6兆ドル)。アメリカの借金はいきなり2倍以上になった計算。FRBのバランスシートの質も急激に悪化している。これも政府負担
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
名著「サブプライム後の新資産運用」の基本的考え方は以下のとおりでした。
(1)LTCMの破綻、サブプライムショックによって経済学から生まれた金融工学が
   実践的には役に立たないことが明確になった。「経済学の破綻」
(2)にも拘わらず、これからの時代では資産運用に明るくなければ、豊かな実りある
   人生は送れない。「自己責任の時代」
(3)従って、金融商品、その金融商品を取り扱っている金融機関、実体経済、世界の
   お金の流れ等の知識を学ぶことは重要であるが、日本の金融教育は遅れている。
  「金融知識の修得」
(4)さらにその先に学んでいくのは経済学や金融工学ではなく歴史学、哲学、心理学。
  「人文科学の有効性」

本著はその続編として今後の世界経済を具体的に以下のように予測します。
(1)100年に一度の危機は誤りで「穏やかな成長の時代」が続く。
(2)しかし、今回のような金融危機は10年〜20年サイクルで起こる可能性はある。
(3)今後も経済の中心は当面はアメリカと見るのが妥当。
(4)株価の底打ちは意外に早い。

また、著者はエコノミストの予測が当たらない理由を説明したうえで、自分自身で経済予測力<
...続きを読む ›
コメント 46人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
 現在の金融危機が,どのような原因によって発生したのかが,この本を読んで非常によく理解できる。要は,アメリカの金融危機というのは,住宅価格がこのまま値上がりし続けるという「幻想」のもとで,返済能力の無い低所得者に対して,多大な融資を行った,いわゆるバブルという状態に対して,サブプライムローンの問題が引き金となり,そのバブルが崩壊したということである。これは,20年前の日本の土地価格の高騰によるバブル崩壊と状況は酷似している。その後の「日本の失われた10年」というのは,政府の経済対策がまったく効果を発揮しなかったことが原因である。そして今,アメリカは日本が犯した過ちを繰り返そうとしている。当初,アメリカは日本のバブル崩壊を参考に公的資金を注入したが,著者はそのタイミングが悪かったと述べている。住宅価格が下げ止まり,国民が心理的に安心した段階で公的資金は注入するべきだったと述べている。今現在,アメリカの経済対策は成功しておらず,オバマ大統領の政策では,資金が足りず手遅れになると警告している。つまり,アメリカの景気低迷は,このままでは10年は続くかもしれない。
 そんな中で,今私達がすべきことは何かと考えたとき,著者はアメリカを支援することを提案しているのが印象的だった。これまでの景気上昇は,アメリカが住宅バブルにより,消費が拡大していたことにあった。それにより,新興国の輸出が
...続きを読む ›
コメント 11人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー