中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サブプライム問題の正しい考え方 (中公新書) 新書 – 2008/4

5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 4,497 ¥ 1
click to open popover

この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容紹介

世界金融を不安定化させているサブプライム問題。銀行、証券会社などが巨額の損失を計上し、動揺が広がっている。アメリカ経済の減速があきらかになるなか、円高や、原油・原材料の高騰が追い打ちをかけ、日本の経済にも不気味な影が落ち始めた、アメリカの住宅ローンの仕組みに遡って、この問題の根源を洗い流し、影響を拡散させたと言われる「証券化」に関しては、明快な分析を試みた、日本は何を教訓として汲むべきか。

内容(「BOOK」データベースより)

世界金融を不安定化させているサブプライム問題。銀行、証券会社などが巨額の損失を計上し、動揺が広がっている。アメリカ経済の減速が明らかになるなか、円高や、原油・原材料の高騰が追い打ちをかけ、日本の経済にも不気味な影が落ち始めた。アメリカの住宅ローンの仕組みに遡って、この問題の根源を洗い出し、影響を拡散させたと言われる「証券化」に関しては、明快な分析を試みた。日本は何を教訓として汲むべきか。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 新書: 221ページ
  • 出版社: 中央公論新社 (2008/04)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4121019415
  • ISBN-13: 978-4121019417
  • 発売日: 2008/04
  • 商品パッケージの寸法: 17.2 x 11 x 1.8 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.4 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 504,488位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.4
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 藤崎健一 VINE メンバー 投稿日 2008/5/18
形式: 新書
 サブプライムとは何ぞやから始まって、小口の住宅ローンまとめて証券化
した「だけ」の一金融商品が、どうしてここまで劣化し、それが波及して
金融市場全体に現状の事態を引き起こしたのか?という点を詳細に説明して
います。
(サブプライムという言葉が毎日複数回掲載されている日経でもここまで
掘り下げた説明は無い)

 加えて最終章ではこの問題を受けて「では日本はどうすべきなのか?」と
いう点にまで論及しています(本来ならそれだけで一冊書ける話なので
「こうした方が良いよ」レベルに終わっているのは勿体無いのだが、課題点の
整理にはなる)。

 専門用語が飛び交ってますが、詳細な補足説明(ちょっと脇道に逸れる
ところもあるがそれも御愛嬌だ)に、多くの図表を用いての説明等、新書と
いう体裁を理解した作りになっているので一般人でも読めます。
(でも、新聞の経済面を日頃読まない人にはちょっと辛いかも)

 世界経済が相互連結している以上、自分には直接の害は無くとも、間接的に
ジワリジワリとその影響は及んでいます。そういう現実を踏まえると本書は
読んでおいて損は無しと判断する次第です。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
日本語で書かれた一般向けのサブプライム問題に関する本のなかでは,もっとも専門性がたかい本だとかんがえられる.この問題はサブプライム・ローンの証券化を通じておこっているが,証券化というしくみじたいがわるいのではないということを強調している.その一方で,本の末尾では金融工学の弱点を分析してもいる.また,「レバレッジ」や「優先劣後構造」など,証券化にかかわる概念も解説している.さらに,日本の住宅金融システムや証券化市場について解説し,サブプライム問題の日本への影響をさまざまな統計などをつかって分析してもいる.じっくり読めばサブプライム問題への理解がふかまるだろう.
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書
 本書の最大の眼目は、米国のサブプライム問題を教訓に、いかに日本において優良な住宅金融を構築していくか(ちなみに著者は建設省出身者と住宅金融支援機構職員)だが、問題発生の原因ばかりでなく、過剰流動性の原油、穀物市場への逃避による影響や金融機関の問題など、世界全体の実体経済への影響もそれなりにしっかりと描かれている。なにより評価できるのは、「モーゲージ」や「劣後」「レバレッジ」など金融以外ではあまりお目にかからない商品や用語を、時には図を添えて、私のような金融商品に疎い人間にも分かるように解説し、「ABCP」などの略語表も用意してくれていること。その意味で、金融について簡単に学びたい初心者が、現実の動きに即しながら読むのに適した内容となっている。
 ただ、金融工学に基づく証券化の危険性について、リスク管理と情報の非対称性の問題であり、融資時の適切な審査と情報公開基準の確立により解決可能だと考えているようだが、一方で「金融工学にもとづくリスク管理は、基本的に各主体の相互作用がないという前提で(中略)、状況によっては、皆が一斉に売りに走り、予想を超えて価格が暴落し、市場の不安定性が増加する可能性がある」、との指摘も。情報の非対称性の問題に加え、このような問題点も行動経済学の成果を取り入れて考慮した場合、ここで著者のいっている「補完的なリスク管理」だけで解決可能なのかは、検討の余地があるように思う。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 革命人士 トップ500レビュアー 投稿日 2008/5/13
形式: 新書
アメリカの住宅ローン市場というのがとてつもなく巨大だ。日本の5倍以上ある(残高1000兆円!!)。サブプライムはそのうち2割程度だが、それでも日本と同じ程度。それがことごとく焦げ付くか?というのだから、日本のバブル崩壊とは比較にならないインパクトがある可能性も感じる。日本にも「地価は下がらないという」神話があったが、アメリカもこれまで地価が下落すると言う経験がなかった。カリフォルニアやフロリダでは2002,3年で5割以上の値段に跳ね上がるということも珍しくなかった。トレンド線を大きく離れたのに、それでも「まだ上がる」とみんな思っていたのが崩壊した。金利変動型サブプライムローンの延滞率は20%とありえない数字だ。

本書はページ毎に統計、スキームを描いた図表などを掲載して、問題理解を促進してくれる。住宅ローンの金利選択で、固定金利より安いということで、変動型金利を選ぶ人が多いのだが、変動型選択者は固定型選択者に比べ、延滞率が高いことが統計は示す。(プライム、サブプライム共通で起こっている)。変動金利、とりわけ金利先送り型では、金利が上昇して地価が下がった場合、あっという間に破綻してしまう。にもかかわらず、みんな「もう家が持てなくなる」あるいは「まだ儲かる」と焦って無理なローンを組んでしまった。日本であれ、アメリカであれバブルの渦中にあるとバブルが見えないんだなあ、
...続きを読む ›
コメント 9人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー