サブウェイ・パニック(The Taking of ... がカートに入りました
数量:1

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

サブウェイ・パニック(The Taking of Pelham One Two Three) Special Edition

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 2,700
価格: ¥ 2,656 通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 44 (2%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more


Amazon の デヴィッド・シャイア ストア


キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サブウェイ・パニック(The Taking of Pelham One Two Three)
  • +
  • ブリット(Bullitt)
総額: ¥5,882
選択された商品をまとめて購入

登録情報

  • CD (2010/5/15)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Special Edition
  • レーベル: FSM / Rambling Records
  • ASIN: B003HLHBC4
  • EAN: 4545933160750
  • その他のエディション: CD
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 231,392位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

商品の説明

現金100万ドルとの引き換えに地下鉄をハイジャックした4人の男たちと刑事たちの戦いをスリリングに描ききったハイジャック映画の秀作。音楽を担当したデヴィッド・シャイアは、この映画にジャズ、ファンク、ビッグバンドの要素を持ち込みたいと考え、しかもそれが軽すぎず、また無作為に成りすぎずということに留意し、そしてこのクールな中にも熱いスコアを書き上げた。今回のCDには15分にもわたる映画でも使用されなかったスコアなども収録した完全盤。


カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
~コッポラの「カンバセーション盗聴」や「大統領の陰謀」等、渋めの映画音楽家っぽいイメージのデヴィッド・シャイアの派手派手なサントラ。ビッグ・バンド・ジャズ・サウンド(ジャズ・ロック・テイストもあり)で、都会派アクション/サスペンス音楽を奇数拍子を交えてブチかましてます。12音階的なメロディーとノリの良いビート、凝ったアレンジ、ジェリー・ゴー~~ルドスミスの得意なパターンでもありますが、彼に匹敵する格好良さを持った音楽だと思います。疑う方は、まず映画を見てみてください。映画ももちろん傑作ですから。~
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
地下鉄ハイジャックを描いた'70年代犯罪アクション映画の傑作『サブウェイ・パニック』のサントラ盤。
ただ疾走するのではなく、力強く前進し刻むリズム、時に音程を乱すメロディや信号機のような音をはさみ、終始硬派で緊張感のあるメイン・タイトルが素晴らしい。
その緊張感とリズムは、全曲に一貫していて、よくあるサントラ盤のような愛のテーマや、つかの間の休息とかの「総花的な曲のならび」にはなっていない、タイトな仕上がりもまた良いです。
エンドタイトルでのみ、後半で初めて安らぎのフレーズが顔を出しますが、その展開は、同時期の「エアポート'75のテーマ」を思い起こさせます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
地下鉄ハイジャックを描いた'70年代犯罪アクション映画の傑作『サブウェイ・パニック』のサントラ盤。
ただ疾走するのではなく、力強く前進し刻むリズム、時に音程を乱すメロディや信号機のような音をはさみ、終始硬派で緊張感のあるメイン・タイトルが素晴らしい。
その緊張感とリズムは、全曲に一貫していて、よくあるサントラ盤のような愛のテーマや、つかの間の休息とかの「総花的な曲のならび」にはなっていない、タイトな仕上がりもまた良いです。
エンドタイトルでのみ、後半で初めて安らぎのフレーズが顔を出しますが、その展開は、同時期の「エアポート'75のテーマ」を思い起こさせます。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


クチコミ

クチコミは、商品やカテゴリー、トピックについて他のお客様と語り合う場です。お買いものに役立つ情報交換ができます。


フィードバック