¥ 2,052
通常配送無料 詳細
2017年1月20日に入荷予定です。 在庫状況について
今すぐご注文ください。
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福 単行本 – 2016/9/8

5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 2,022

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サピエンス全史(下)文明の構造と人類の幸福
  • +
  • サピエンス全史(上)文明の構造と人類の幸福
  • +
  • いま世界の哲学者が考えていること
総額: ¥5,832
ポイントの合計: 91pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



村上春樹の最新作が予約開始
新作長編「騎士団長殺し」が2月24日に発売。「第1部 顕れるイデア編」「第2部 遷ろうメタファー編」の全2冊で構成。 第1部を今すぐチェック

商品の説明

内容紹介

なぜ人類だけが文明を手にしたのか?
アフリカで暮らしていた取るに足りない生物であったホモ・サピエンスは、
なぜ食物連鎖の頂点に立ち、文明を打ち立て、地球を支配するまでに至ったのだろうか?
ホモ・サピエンスの過去、現在、未来を俯瞰するかつてないスケールの大著、ついに邦訳!

「歴史と現代世界の最大の問題に取り組んだ書」
──ジャレド・ダイアモンド(『銃・病原菌・鉄』著者)


【目次】

第12章 宗教という超人間的秩序
神々の台頭と人類の地位/偶像崇拝の恩恵/神は一つ/善と悪の戦い/自然の法則/人間の崇拝

第13章 歴史の必然と謎めいた選択
1 後知恵の誤謬/2 盲目のクレイオ

第4部 科学革命

第14章 無知の発見と近代科学の成立
無知な人/科学界の教義/知は力/進歩の理想/ギルガメシュ・プロジェクト/
科学を気前良く援助する人々

第15章 科学と帝国の融合
なぜヨーロッパなのか?/征服の精神構造/空白のある地図/宇宙からの侵略/
帝国が支援した近代科学

第16章 拡大するパイという資本主義のマジック
拡大するパイ/コロンブス、投資家を探す/資本の名の下に/自由市場というカルト/
資本主義の地獄

第17章 産業の推進力
熱を運動に変換する/エネルギーの大洋/ベルトコンベヤー上の命/ショッピングの時代

第18章 国家と市場経済がもたらした世界平和
近代の時間/家族とコミュニティの崩壊/想像上のコミュニティ/変化し続ける近代社会/
現代の平和/帝国の撤退/原子の平和

第19章 文明は人間を幸福にしたのか
幸福度を測る/化学から見た幸福/人生の意義/汝自身を知れ

第20章 超ホモ・サピエンスの時代へ
マウスとヒトの合成/ネアンデルタール人の復活/バイオニック生命体/別の生命/特異点/
フランケンシュタインの予言

あとがき――神になった動物
謝 辞
訳者あとがき
原 註
図版出典
索 引

内容(「BOOK」データベースより)

文明は人類を幸福にしたのか?帝国、科学、資本が近代をもたらした!現代世界の矛盾を鋭くえぐる!

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 296ページ
  • 出版社: 河出書房新社 (2016/9/8)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4309226728
  • ISBN-13: 978-4309226729
  • 発売日: 2016/9/8
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.6 x 2.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 8件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 26位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
個別の事象にはあまりこだわらず、宇宙人の視点で人類(ホモサピエンス)という生物を観察するような大局的な歴史書として読みました。

上下巻を通読して、サピエンスとその他の動物を分けた決定的な能力である「虚構」(あるいは空想、幻想)の重要性が面白かったです。実態として存在するわけではない何かを決まり事、ルールとして設定し、多くの人で共有し、皆んなでその存在を信じる。確かに人間らしい。宗教であれ国家であれそういうものでしょう。ただ、これは吉本隆明がそのものズバリで言っていた『共同幻想』のことでしょうから、本書の独創というわけではない。その『共同幻想』もそれ以前からあった概念の言い換えだそうですから。

偶然にも最初に小さな空想が出来たから爆発的な「発達」が始まったのか、そもそも「発達」できる頭脳的な素養を持っていたから必然的に小さな空想を始めたのか、どちらとでも言えるんじゃないの? というそもそもの疑問は残ります。サピエンスの脳の機能に関する医学生理学的な説明は無いので「まあ、そういう言い方もできますよね」以上の感想にはなりませんでした。

個人的には、歴史はすべての時点で分岐している、歴史に必然はない、歴史の流れの理由は説明できない、という歴史学者としての見方が印象に残りました。歴史は遡る方向で見れば収束の一途であり全てが当然
...続きを読む ›
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
前巻の先史時代がやはりおもしろく、下巻はジャレド・ダイアモンドの焼き直しかと思いきや、歴史の解釈のしかたがその後も独特で読みごたえがあった。オチも不安だったが、いち生物としてのホモ・サピエンスを通観することで、「幸福」と生きる目的に立ち返れという結論は予想外で、最後まで楽しめた。この手の本としては珍しく、再読してみたくなった。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
下巻では近代の科学革命から未来のサピエンスについて考察している。どの論説もなるほどとうなされるものがある。また、第19章の「文明は人間を幸福にしたのか」は大事。幸福をサピエンスの長い歴史の中で考察する。サピエンスの日々の行動は、幸福を追求するものがほとんどであろう。ただし、そもそも幸福の定義から深く考えていくと、幸福度を表すうまい指標がない。だからといって現代が幸せな時代ではなく、単純に昔の方が良かったと結論していないのがいい。少なくとも特定の条件下では幸福であるのは間違いない。本書はさらに未来のサピエンスについて考察する。もうSFの世界になってしまうが、数万年後には何が起きているか誰も予想できないわけで、むしろ本書で予想される範囲であれば、時を待たずして実現されていくのではないかと、恐怖さえ感じる。本書は自分を見失いそうになったときや、何らかの原点に戻りたいときに読み返したい。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
妄想という名の想像力がホモ・サピエンスを進化させた、そして、そう遠くない将来、ホモ・サピエンスはホモ・サピエンスを超えた生命体に取って代わられるという、とんでもないというか、驚くべきというか、何ともユニークな仮説が我々の眼前に投げ出された。

『サピエンス全史――文明の構造と人類の幸福』(ユヴァル・ノア・ハラリ著、柴田裕之訳、河出書房新社、上・下巻)のユニーク性は、3つにまとめることができる。

第1は、ホモ・サピエンスが他の人類に対し優位性を発揮できたのは、想像力のおかげだという主張。

第2は、認知革命に続く農業革命と科学革命が、さらにホモ・サピエンスの進化を推し進めたという主張。

著者は、ホモ・サピエンスの歴史はプラス面だけではないと指摘する。多くの動植物種を絶滅に追い込んだ、家畜化された動物の幸福を奪っているというのだ。さらに、ホモ・サピエンスという生物種としては大成功だとしても、その個々人の幸福が増したとは決して言えないというのである。文明は人間を幸福にしたのか、と我々に問いかけているのだ。

第3は、ホモ・サピエンスの未来は、このようになるという予測。「核の大惨事、あるいは生態学的な大惨事といった番狂わせがなければ、テクノロジーがこのまま発展を続け、ホモ・サピエンスは異
...続きを読む ›
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック