通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サバイバル登山家 がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 【メール便にて、迅速に発送致します】中古のため表紙に多少の使用感がございます。しかし、ページ部分は読むには差し支えないコンディションです。中古品の為、検品には万全を期していますが、書き込みや付録が付いていない場合など、状態説明に錯誤がある場合は対応させて頂きます。お手数をお掛け致しますが、ご連絡はメールにてお願い致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
2点すべてのイメージを見る

サバイバル登山家 単行本 – 2006/6

5つ星のうち 3.4 22件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 2,592
¥ 2,592 ¥ 992

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サバイバル登山家
  • +
  • 狩猟サバイバル
  • +
  • サバイバル登山入門
総額: ¥8,316
ポイントの合計: 196pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



2017年本屋大賞は『蜜蜂と遠雷』に
大賞は『蜜蜂と遠雷』恩田陸!2位は『みかづき』森絵都、3位『罪の声』塩田武士 …>> 作品一覧はこちら

商品の説明

内容紹介

「生きようとする自分を経験すること、僕の登山のオリジナルは今でもそこにある。絶対的な経験の先にある感情の起伏にこそ、心を物理的に動かしてゆく力がある」。
ハットリ・ブンショウ。36歳。サバイバル登山家。フリークライミング、沢登り、山スキー、アルパインクライミングからヒマラヤの高所登山まで、オールラウンドに登山を追求してきた若き登山家は、いつしか登山道具を捨て、自分の身体能力だけを頼りに山をめざす。
「生命体としてなまなましく生きたい」から、食料も燃料もテントも持たず、ケモノのように一人で奥深い山へ分け入る。南アルプスや日高山脈では岩魚や山菜で食いつなぎ、冬の黒部では豪雪と格闘し、大自然のなかで生き残る手応えをつかんでいく。 「自然に対してフェアに」という真摯な登山思想と、ユニークな山行記が躍動する、鮮烈な山岳ノンフィクション。
「彼の本能むき出しのような行動のなかに、人が山に向かう理由とそのヒントが隠されている気がしてならない。(…)この本を読むと、人間もあくまで動物の一員であるというあたりまえの真実を、思い知らされるにちがいない」序文・山野井泰史。

内容(「BOOK」データベースより)

「生きようとする自分を経験すること、僕の登山のオリジナルは今でもそこにある」ハットリ・ブンショウ。36歳。サバイバル登山家。フリークライミング、沢登り、山スキー、アルパインクライミングからヒマラヤの高所登山まで、オールラウンドに登山を追求してきた若き登山家は、いつしか登山道具を捨て、自分の身体能力だけを頼りに山をめざす。「生命体としてなまなましく生きたい」から、食料も燃料もテントも持たず、ケモノのように一人で奥深い山へと分け入る。南アルプスや日高山脈では岩魚や山菜で食いつなぎ、冬の黒部では豪雪と格闘し、大自然のなかで生き残る手応えをつかんでいく。「自然に対してフェアに」という真摯な登山思想と、ユニークな山行記が躍動する。鮮烈な山岳ノンフィクション。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 257ページ
  • 出版社: みすず書房 (2006/06)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4622072203
  • ISBN-13: 978-4622072201
  • 発売日: 2006/06
  • 商品パッケージの寸法: 19 x 13.6 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.4 22件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 221,951位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本
タイトルとカバー絵に惹かれて購入したが、正直少々期待外れであった。
前半の部分での著者のサバイバル登山に対する姿勢や装備について言及してあったので参考にもなり楽しく読めたが、メインの日高登山から後半以降のパートは単に自身の登山、野外活動を時系列に綴ったものであって、他の山岳系の読み物と変わらないものとなってしまっていた。
特に目新しいこともなく、淡々と話が進んでいく。
ただ、本書を通して色々な場面で、空腹の余り他人の食物に目がいったり、思わず他人の親切を当てにする記述が見られる。
そのことに関しては、タイトルとは裏腹に「結局は人・物に頼るのかよ」という見方あるが、一方で追い詰められた人間の動物としての本能の部分が色濃く出ている部分と見てとることもできると思った。
せっかくサバイバル登山というタイトルをつけていて、前半では正にサバイバルについて言及しているのだから、本書全体を通してサバイバルに照準を当てて綴って欲しいと思った。
結局、読み終えた後では、サバイバル登山というものの神髄がよく見えず、著者自身の登山日記に終始してしまっているかのような印象を持ってしまい、どうも後読感が良くなかった。
コメント 28人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
どうにも主題が何なのか?が最後までつかめないまま読み終えてしまいました。
登山家としての著者の技術、体力、経験といったものはまったく疑うべきものはないと思いますが、この本の中で「サバイバル登山」っていう概念が終止定まらず。。
米を10キロ担いで、イワナを釣りながら長期山行するのがサバイバル?
厳寒の黒部横断がサバイバル?
一つ一つの登山は記録的にはすごいものがありますが、そもそも記録となるような登山行為そのものに「サバイバル」という概念が内包されている以上、なんか無理して「サバイバル」という言葉にこじつけてるような印象が否めません。
全体にサバイバル感、冒険感、探検感、生死ギリギリ感は弱いです。
参考になる部分もありましたが(例えば山中での水場のありかの推測の仕方とか)、すくなくとも本の価格に見合う内容ではないと思いました。
タイトルとカバー写真につられて読んでみましたが、かえってフラストレーションが溜まってしまったので、東北のマタギの人の本とか読みたくなってしまいました。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
サバイバルとサバイバルごっこを勘違いしているおかしな人。もしくは、詭弁を駆使してただの「イワナ釣り山行」をサバイバルと言い張り、登山に無知な出版社や純真(?)な読者を煙に巻いて印税稼ぎをしている人。
この人まだ「岳人」編集部にいるのかな? 部数が減って行き詰まり、伝統ある名門山岳雑誌がモンベルに身売りするはめになったのもこんな人を雇っていたからじゃないのか。
コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
サバイバルも登山も文章もレベルが低いのに、自意識だけが高い。せめて何かないと、読むに値しない。彼の著作3冊まとめて買ってしまいました。失敗。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
雑誌のコラムやネットで旅や講演会の動画を見て服部氏の本を読んで見たくなった。

僕が面白く感じたのは、服部氏が山を恐れ、孤独を寂しく感じ、獣を恐れている点だ。
ちょっと頭のネジが外れたような人でないと出来ないような登山をしているわけだが、とても人間的だったのだ。
特に、久しぶりに山中で他の登山客と出会い食料を貰えないかと密かに期待して接する服部氏の描写は非常に面白かった。
単独で里山に入った経験がある人なら共感できる部分が多いと思う。

ただ、本の後半は仲間と雪山に挑んだ話であり、サバイバル登山の話ではなかったのが残念であったので星を一つ減らさせてもらいました。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
登山は、ハイキングレベルでももう20年近くやっていないのに、表紙とタイトルに引っかかって買ってしまいました(あとがきにその辺りの経緯が書いてありました)。

読み物としては面白いと思います。また著者の生存能力の高さも恐れ入りました。
この国で都市に普通に住んでいると、死の危険というものはまず実感せずに過ごすことになるわけで、死を実感して初めて、生きていることのありがたさを実感するという作者の主張がわからないでもありません。

しかし、他の生き方が選択できる中で、このような方法でなければ、生を実感したり、生きる覚悟を感じられないと言うのも、一種の贅沢、というかわがままな気もします。
また、山の中で困ったら結局、他人の食料を当てにしている、、、というスタンスも???と疑問を感じ、外務省が渡航を禁止している紛争地帯に自分探しに行く若者と何が違うのかなぁ?なんて思ったりしました。

ということで、星三つ。
コメント 23人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー