通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サハラ砂漠の王子さま (幻冬舎文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

サハラ砂漠の王子さま (幻冬舎文庫) 文庫 – 2004/2

5つ星のうち 3.5 10件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 617
¥ 617 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サハラ砂漠の王子さま (幻冬舎文庫)
  • +
  • モロッコで断食(ラマダーン) (幻冬舎文庫)
  • +
  • モンキームーンの輝く夜に (幻冬舎文庫)
総額: ¥1,810
ポイントの合計: 59pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容紹介

次々と襲いかかってくる髭面の男たち。サハラ砂漠の独立独歩横断。連続して迫り来る貞操と生命の危機!たかのてるこの痛快ハチャメチャ紀行エッセイ、ヨーロッパ&サハラ砂漠編。

内容(「BOOK」データベースより)

ヨーロッパを駆け抜け、サハラ砂漠を目指してアフリカへ。しかし、憧れのイスラムの国モロッコへ足を踏み入れた途端、次々と襲いかかってくる髭面の男たち!思わぬ貞操の危機に「女はつらいよ…」と呟きつつも、今度は砂漠を徒歩で突き進む!!過酷な大自然で絶対絶命の危機を救ってくれたのは!?痛快ハチャメチャ紀行エッセイ第二弾。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 文庫: 312ページ
  • 出版社: 幻冬舎 (2004/02)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4344404858
  • ISBN-13: 978-4344404854
  • 発売日: 2004/02
  • 商品パッケージの寸法: 16 x 10.4 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 3.5 10件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 212,589位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
こちらの文庫は楽しみにしていた、たかのさんの新刊かと思って買ってしまいましたが、「モロッコで断食」を改題して再構築したものだそうです。
私は「モロッコで断食」を読んでいたので、ダブって買ってしまったのと同じようなことになってしまいました。
「モロッコで断食」を読まれた方は気を付けてくださいね。
コメント 24人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2005/7/12
形式: 文庫
女性の一人旅ってすごいと思うけど、後半正直ちょっと恥ずかしい。だって恋愛とかいっても、結局自分の安全範囲の中からでない、リゾラバと同じことをやってる訳だから、それってそんなに胸張っていばれるようなことなのかなあ。行動力はすごいと思うけど、逆にいうと、こういうシチュエーションじゃないところで行動を冷静にみたら、かなり反感買うと思う。きっとそれをカモフラージュできるのが「海外」のいいところ、なんだろうけど。でも、この本のころはまだ節度あるかな。その後の現地の若者とのSEXを書いたり、不倫に走ったりっていうのを見てると、そう思う。
コメント 13人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 カスタマー 投稿日 2004/12/22
形式: 文庫
ラオスの本から読んだので、たかのさん若かりし頃に妙に新鮮に感じました(笑)モンキーマンのチェリーを奪った前書からすると、キスで済ませたストイックさは若さゆえの潔癖さなのかなーと思いました。でも異国で会った男にふらふらついていくのはあまり人には薦められないかな~たかのさんの本を読んでウラヤマシクても、皆さんくれぐれも真似しないように!例えどういう目にあっても自己責任ですから。大恋愛も大失恋も、ね。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
最終章・・ほろりときちゃいました。長い旅の中で人間は、本来の自分の姿というものにだんだんと向き合っていくものなんだなぁってぼんやりと思いました。もう二度と会わない事がわかっている人との別れのつらさは、経験した人にしかわかりません。旅先でそんな思いをした事がある人は特に、最終章共感できるんじゃないかなと思います。この本のタイトルの意味がやっと分かって、うわー切ないー!と泣きそうになりました。でもこの本の70パーセントはひたすらアホらしくてもう・・(笑)
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
前回のガンジスに続き、楽しく読ませてもらった。
就職活動に苦労してる時の母親からの手紙、念願の就職が決まり
卒業旅行に出る前に厚生課の部長に、
入社前から荷物だけを寮で預かってもらうことを交渉したくだり、
旅に出る前から笑いが満載!
今回は前半はヨーロッパ編、後半はモロッコ編という構成に
なっていて、ヨーロッパ編のスキーの章は特に笑えた。
モロッコ編からは少し恋愛の話がフィーチャーされてきて
前回のガンジス河の時より、たかのさんのかわいらしさが
感じられた。
後半部分はかなり切ない気持ちが伝わってきたが
気持ちに流されず、自分で決意して別れのタイミングを
決めるところなど潔くて、スゴイなーと感じた。
後で振り返った時に、旅の思い出がよいものになっているのは
この決断力なのかもしれない。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック