日本外に滞在中または居住中ですか? ビデオによっては、日本外でご視聴いただけない場合があります。サインインして、利用可能なビデオをご確認ください。

サニー 永遠の仲間たち(字幕版)

 (204)7.82時間4分2012PG12
優しい夫と高校生の娘に恵まれ、何不自由ない日々を送りながらも、どこか物足りなさも感じていた専業主婦のナミ。ある日、母の見舞いに行った病院で高校時代の親友チュナと再会する。彼女は、田舎から転校してきたばかりでイジメられそうになっていたナミを助けてくれた恩人。ナミはチ...
このビデオは、現在、
お住まいの地域では視聴できません
ウォッチリストに追加する
ウォッチリストに
追加する
おうち時間はPrime Videoをテレビ画面で観よう

ご自宅のテレビ画面でPrime Videoの視聴が可能なデバイスをご紹介。Prime Videoアプリ対象のスマートテレビ、またはテレビに接続して利用するPlayStationなどのゲーム機器をご利用いただくことでPrime Videoをテレビ画面で視聴できます。 対象の機種・機器を今すぐチェック

注文確定またはビデオを再生することにより、お客様は各種規約に同意したものとみなされます。販売者:Amazon.com Sales, Inc.

詳細

出演
カン・ソラコ・スヒキム・ミニョンホン・ジニパク・チンジュイ・ヨンギョンナム・ボラキム・ソンギョンキム・ボミミン・ヒョリン
提供
© 2011 CJ E&M Corporation, All Rights Reserved
レーティング
PG12対象
コンテンツ警告
薬物使用暴力
購入権
すぐにストリーミング再生 詳細
フォーマット
Prime Video(オンラインビデオをストリーミング再生)
デバイス
サポートされているデバイスで視聴できます

その他のフォーマット

レビュー

5つ星のうち4.6

204件のグローバルレーティング

  1. 74%のレビュー結果:星5つ
  2. 15%のレビュー結果:星4つ
  3. 7%のレビュー結果:星3つ
  4. 1%のレビュー結果:星2つ
  5. 3%のレビュー結果:星1つ

レーティングはどのように計算されますか?

カスタマーレビューを書く
並べ替え:

トップレビュー日本から

購入者2018/05/06に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
素敵な友情物語
確認済みの購入
日本版をやる事になり、韓国版が気になって視聴しました。自分自身の年齢に近い背景だったので、登場人物の気持ちがストレートに入ってきました。妻になり母になり…の現実の中で学生時代の楽しかった想い出やママ友とは違う純粋な友情に懐かしさや暖かな気持ちにさせてくれる映画です。韓国の友情ドラマや映画は大好きです。チングやベストフレンズもとても好きですが、この映画もまた素敵な作品でした。豪華女優人さん達のキャストで、カンソラちゃんの初々しさや、シムウンギョンちゃんの爽快な演技、後の大人役の女優さん達、チンヒギョンさん他、皆さん数々のドラマで見た方達で、とても素敵でした。ちょっとした笑いもあり涙もありで見終わった後に、感動と共に心がほっこり暖かな気持ちにさせてくれます。エンドロールも綺麗で素敵でした。また何年後かに見たくなる映画です。
33人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
KUBOCHIN2019/05/30に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
あ~口悔しい、韓国映画に泣かされるなんて!
確認済みの購入
大韓民国の政治的方向性が大嫌いな私が、またもや韓国映画に泣かされてしまった。
アメリカ映画、邦画、その他いずれの国の映画でも、青春と音楽が合体して描かれた場合には失敗作というのは少ないだろう。(方向性の違うミュージカル映画 愛と誠 は珍しい失敗作だったけど)

サニーが本国で大成功をおさめた要因はまずキャスティングの良さでしょうね。ヒロイン イム・ナミの現在を演じる1969年生まれのユ・ホジョン氏、そして女子高生時代を演じるシム・ウンギョン氏、お二人とも素晴らしいですね。
映画冒頭の12分辺り、中年のナミが母校に向かう坂道を登校中の女学生達に揉まれる。そのうちに少女時代のナミに戻るシーンで”はっ”とさせてから、教室にカメラが移ると、クラスメイトが「止めてよ!」という隣の窓際で黒板消しをはたく女高生の姿。もうこのシークエンスだけで私は降参だ! …なんと懐かしい風景だろうか。

わが日本国と韓国とは90年代だと世相風俗に時差があったようで、その後も映画で描かれる女高生たちの生活描写は私にはとても懐かしく、 Sunny達よりも15年先を生きていた異邦人、しかも異性である私の心が彼女達の感性に寄り添える快感がありました。

Sunnyのメンバーを演じる他の女優さんたちも皆素晴らしくて、思わず吹き出すお笑いシーンから、日本の落語にあるような同じシークエンスを繰り返す「興信所事務所シーン」みたいな笑いまで、脚本が良いのは当然のこと、それらの笑いが隅々まで女学生たちの生活感にぴったり合ってこちらに響いてくる。
泣かされるシーンだって沢山ありました。爺さんになった私の涙腺が緩いせいもありますが、少女イム・ナミのけなげで可憐な失恋シーンは、大昔に観たイスラエル映画「グローイングアップ」の主人公ベンジーが失恋した時の涙のラストシーンを思い出させてくれました。ベンジーの場合は一人泣きながら歩いていたのですが、本作では現在のナミが記憶の中の自分を抱き寄せるシーンになっていて、恥ずかしながら一撃で泣かされてしまいました。

米国のヒットソングをさらっと流用する「こすっからさ」はいただけないけれど、韓国映画のファンタジー活用術は恐ろしいほど観客操作に長けてるなぁ と悔しい思いがします。
日本で昨年この映画のリメイク版が公開されていますが、私の琴線に響く度合いはこちらの本家が上でした。
私と同じ昭和三十年代生まれで 未見の方々には、鑑賞をつよくお勧めします。
20人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Amazonカスタマー2018/04/27に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
泣けました
確認済みの購入
初めてレビューを書きたい!と思わせてくれる素敵な内容でした。よくある青春の想い出ではありますが、主人公と昔の仲間が一人ずつ再会していく過程が面白くもあり、色々な経験を経て昔と変わってしまった仲間の姿もリアルで引き込まれるものがありました。
最後の展開がまた涙涙で、仲間との絆、友情の尊さを改めて感じました。
今のこの年齢で観た事がより胸にくるものがあったのだと思います。
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Amazon カスタマー2018/03/01に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
観て良かった。
確認済みの購入
コメディではないけど、声を出して笑ったり、ほろりと涙が流れたり。

観終った後、ながく連絡もしていない友人たちに会いたくなりました。
いつの間にか疎遠になった縁があった人たちにも。
同時に残りの人生も一瞬一瞬を大切に生きたいものだと思いました。
21人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
えれげさ2018/07/22に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
年相応の人に是非観てほしい
確認済みの購入
性別に関係なく40代後半以降の方が見ると感慨深い気持ちになる気がします。
大変よく出来た映画です。あなたの貴重な時間をこの映画に割いてみる価値は十分にあると思います。
18人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Tommy2020/03/08に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
やっぱりいいわ!
確認済みの購入
「新聞記者」シム・ウンギョンさんを以前、ドラマか映画で見てるはず。恥ずかしながら今、この「サニー」に出逢いました。女性同士の友情をあまり信用していないこともありました。しかし、良かったです。こんな仲間が欲しかった。こんな想い出深い学校生活を私も送りたかったと涙しました。日本版が出てるようですが、何でしょう?見ない方がいいかもなあと思っています。韓国映画に感じられる独特の感覚(高齢であるからかも)想像を超える格差社会そして徴兵制度。その中で、地に足を付け時代を謳歌する生活感。とても心に響きます。とにかく良かった~!
7人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
Amazon カスタマー2019/11/08に日本でレビュー済み
4.0/星5つ中
余命わずかな友人との前向きな付き合い方
確認済みの購入
大人になって疎遠になった友人を懐かしむ気持ち、、そんな感情が沸き起こってきました。

韓国の社会背景もコミカルな登場人物を出すことで暗くなり過ぎずに演出できていました。シンディローパーとか、男の自分も好きな曲だけど、懐かしい曲がとにかくたくさん出て朗らかな気持ちになります。
病院に出るテレビドラマで韓国ドラマのラブコメをdisるところが、また何だか(笑笑)

身近な人が癌で余命が分かっているとき、何ができるのか、、日々悩みます。そのあたりの葛藤をコメディ取りつつ、病気にあえて気を遣わせないで向かい合っているところが活かしてます。亡くなる時にあえて近くにいないとか、ドラマっぽくない。そんな風に支えてあげたいな、なんで見方もしてました。

最後のサニーへのプレゼントはお金で解決みたいで少しいやだな〜。でもダンスは泣けました。
4人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
きょん2016/12/12に日本でレビュー済み
5.0/星5つ中
仲間のありがたさ、心強さ
確認済みの購入
誰でも社会人になり親になって、たいして悪さをしなければ同級生や部活仲間と会うことに抵抗がありません。
でも、人生は若い頃に思っていたようにはならないもの。ちょっと切なくてちょっと楽しく、自分を重ねて見られる映画。
年齢を教えなくなる頃にはそんな映画が懐かしいです。
23人のお客様がこれが役に立ったと考えています
不正行為の報告
すべてのレビューを表示