中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: ◆◆◆カバーに若干の使用感がありますが、きれいな状態です。迅速・丁寧な発送を心がけております。【毎日発送】
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サナギさん 2 (少年チャンピオン・コミックス) コミックス – 2006/4/7

5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー

その他(2)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
コミックス
"もう一度試してください。"
¥ 2,441 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

登録情報

  • コミック
  • 出版社: 秋田書店 (2006/4/7)
  • ISBN-10: 4253210120
  • ISBN-13: 978-4253210126
  • 発売日: 2006/4/7
  • 梱包サイズ: 17.3 x 11.3 x 1.1 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 5件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング:
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: コミック
各話のタイトルページのサナギさんの一言からもうかがえるように、施川ユウキの笑いの中で特に「言葉による笑い」が多くなったのが「サナギさん」だと思う。誤字脱字だけでも十分笑えるように、日本語がおもしろいということを伝えてくれている。
「がんばれ酢めし疑獄」よりほのぼのしている分読みやすくなった。が、時折見せる辛辣なネタがこの作品の幅を広げている。フユちゃん最高。
今これに対抗できる4コマは吉田戦車の「殴るぞ」くらいか。
あと「サナギさん」しか読んでない人には「もずくウォーキング」もお薦めする。こっちは哲学的な話もあるが概ねほのぼのなので。
コメント 6人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
前作の酢めし疑獄は体に受けつけなかったけど、本作は素直に著者の世界観が染みいってしまいます。
この著者を認めて、連載し続けたチャンピオン編集部恐るべしです。
多分、他の出版社だったら潰されてたと思う
(なワケないか)
内容は他のレビュー見て参考にしてね。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
特に説明することはありません。

普通の中学生が送る生活の漫画です。特別な能力があるわけでも重い宿命も無くなんて事無い日常。

でも、視点を変えるだけでこんなにも面白い漫画は早々ありません。

時にペーソスを加えながら送る学校生活は懐かしく羨ましいです。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
日常にちょっとだけ不思議な要素を混ぜた4コマ漫画。ちょっとシュールでちょっとほのぼの、くすっと笑える。さじ加減が絶妙で何度も読み返したくなる本です。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: コミック
 この書で最も驚かされたのはあとがきである。もずくでも「善悪の彼岸」の”深淵を深く覗き込むとき深淵もまた君を覗き込む”というものが引用されていたがこのあとがきで話されているのはまさしくかの有名な”神の死”である。疑獄における渋沢警部のネタにも”神の死”が登場するがやはりニーチェをよく読んだのであろうか?

 ただこの著者に限ってはニーチェを読まずにニーチェを理解する事が十分にあり得る。真相はどうなのであろうか?
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告