通常配送無料 詳細
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
サトウハチロー詩集 (ハルキ文庫) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 【購入後48時間以内に弊社より発送】中古品のため使用感はありますが、綺麗なものを販売しております。※カバー・中身(書き込み・線引きなし)ともに良好です。万が一、品質不備があった場合は返金対応。弊社Webサイトでも販売しているため在庫切れになった場合はキャンセル扱いとなります。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サトウハチロー詩集 (ハルキ文庫) 文庫 – 2004/11

5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 734
¥ 734 ¥ 237

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サトウハチロー詩集 (ハルキ文庫)
  • +
  • 詩集 ありがとう
  • +
  • 詩集おかあさん全3巻
総額: ¥5,918
ポイントの合計: 179pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

赤いリンゴに唇よせて/だまって見ている青い空/リンゴは何んにもいわないけれど/リンゴの気持はよくわかる(「リンゴの唄」より)―優しくも人の心を打たずにはおかない言葉で紡がれたサトウハチローの、珠玉の作品群。その詩は読む人を郷愁へと誘う強い言葉に満ちている。その作品百十九篇を収録した待望の文庫オリジナル版。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

サトウ/ハチロー
1903年、東京に生れる。本名は佐藤八郎。父は作家・佐藤紅緑、作家・佐藤愛子は異母妹。西条八十に師事し、『爪色の雨』で詩壇に登場。歌謡曲や童謡も数多く作詞し、62年に「ちいさい秋みつけた」で日本レコード大賞童謡賞を受賞。73年没(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 文庫: 237ページ
  • 出版社: 角川春樹事務所 (2004/11)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4758431426
  • ISBN-13: 978-4758431422
  • 発売日: 2004/11
  • 商品パッケージの寸法: 15.2 x 10.6 x 1.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 5.0 3件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 135,170位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

この商品を見た後に買っているのは?

カスタマーレビュー

5つ星のうち 5.0
星5つ
3
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
すべてのカスタマーレビューを見る(3)
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

投稿者 ロビン トップ500レビュアーVINE メンバー 投稿日 2010/12/25
形式: 文庫 Amazonで購入
 1903年生まれ、東京出身の昭和詩人・サトウハチローの詩集です。
 日本人なら誰でも知っている童謡『おひなさま』や、昭和を代表する歌謡曲『りんごの歌』の作詞者なのですが、まど・みちおさんが『ぞうさん』の作詞者だということを知らなかったように、サトウさんがこれらの詞の生みの親とは、私は今日まで、寡聞にして知りませんでした。先日、東京新宿にある中村屋さんで食事をした際、お店のメニューの表紙にサトウさんの詩が書いてあって、それが素敵だったので、興味が湧いて詩集を買い求めた次第です。
 が、残念なことにその中村屋さんで見かけた詩は本書には載っていませんでした。ヴェルレーヌうんぬんというフレーズがある詩なのですが・・(注文後メニューが下げられてしまうのを忘れて、しっかり詩を読む前に注文をしてしまい、余り詩文を覚えていないのが無念)。

 しかし本詩集は、期待を裏切らない素敵な内容でした。詩は、「母の思い出」「粋をたずねて」「こころの詩」「わらべ唄」「流行り唄」と分類された5章から構成されています。
 一読した印象としては、この表現は適切でないかもしれませんが、日本のラングストン・ヒューズという感じでした。もしくは、チェコの国民詩人サイフェルトとも近いでしょうか。
 戦中戦後の貧しく物悲しい庶民の暮らしを淡々と、切々と、時には哀しく
...続きを読む ›
コメント 14人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
山手線の交番全てにお世話になったという若き日のエピソードもある無頼派詩人の魂に触れる詩集。古き良き昭和の香りがします。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
こころが癒やされます。
手頃な価格でありがとうございます。
すべてに優しいこころで接したいと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック