この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サトウハチロー―僕の東京地図 単行本(ソフトカバー) – 2005/8/27

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本(ソフトカバー)
¥ 4,906
click to open popover


この商品を見た後に買っているのは?

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。


商品の説明

内容紹介

「もし昔、この本を古本屋でみつけていたら、何を置いても買ったことだろう!」星野哲朗(作詞家)「あとがきにかえて」より

1936(昭和11)年の東京をハチローが足の向くまま気の向くまま…戦災で失われた東京の風景・風俗がハチローらしいユーモアあふれる筆致で生き生きと蘇る!本の随所で顔を出す有名人たちにも注目を。昭和11年に朝日新聞に連載され、単行本化された本を70年ぶりに再構成・復刊。(*復刊にあたり一部の章は掲載できませんでした)

内容(「BOOK」データベースより)

戦前の東京は眠らない街だった!昭和11年、浅草には700軒以上の屋台があった?!「神経衰弱のとろろ芋の如くあらわれる」西条八十、スズランのように頭にフケの花咲かせる若き日のハチロー、「かますの干物が風邪をひいたような」作家、「一昨年の“かりんとう”みたいな」詩人―あの頃の東京には、実に個性的な顔の人間たちがいた。ハチローの股ぐらにもぐりこんで吉原通いのエノケン、浅草レヴューで修行!?する藤原義江、鍋をハチローにくれてやった田端の室生犀星、与謝野晶子が御茶ノ水の女学校運動場で笑う―ハチローとりまく華やかなりし人間模様。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本(ソフトカバー): 340ページ
  • 出版社: ネット武蔵野 (2005/8/27)
  • ISBN-10: 494423791X
  • ISBN-13: 978-4944237913
  • 発売日: 2005/8/27
  • 梱包サイズ: 19 x 13.4 x 2.4 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 966,695位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう
すべてのカスタマーレビューを見る(2)

トップカスタマーレビュー

2010年12月11日
形式: 単行本(ソフトカバー)|Amazonで購入
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告
2007年7月15日
形式: 単行本(ソフトカバー)
1人のお客様がこれが役に立ったと考えています
|コメント|違反を報告