通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サッチャー時代のイギリス―その政治、経済、教育 (... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 良い | 詳細
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 書込みなし、カバーにアタリ・小傷等イタミ、小口・ページ周り経年退色等ありますが、読んでは頂けます。旧カバー。帯なし。迅速発送致します。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サッチャー時代のイギリス―その政治、経済、教育 (岩波新書) 新書 – 1988/12/20

5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
新書
"もう一度試してください。"
¥ 886
¥ 886 ¥ 1

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サッチャー時代のイギリス―その政治、経済、教育 (岩波新書)
  • +
  • イギリスと日本―その教育と経済 (岩波新書 黄版 29)
  • +
  • なぜ日本は没落するか (岩波現代文庫)
総額: ¥2,787
ポイントの合計: 57pt (2%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

1979年にマーガレット・サッチャーが首相の座について以来、イギリスはどのように変わりつつあるか。経済・防衛から教育・福祉まで、「利潤」と「効率」の旗をかかげる“鉄の宰相”は、この国に何をもたらしたのか。激しい変化をロンドン大学教授として現地で見すえてきた著者が『イギリスと日本』(正・続)以来久々に問う、鮮やかな分析。


登録情報

  • 新書: 232ページ
  • 出版社: 岩波書店 (1988/12/20)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4004300495
  • ISBN-13: 978-4004300496
  • 発売日: 1988/12/20
  • 商品パッケージの寸法: 17.6 x 11 x 1.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 123,328位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.2
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: 新書 Amazonで購入
日本ではサッチャーを持ち上げる自称知識人が多いが、
これほどサッチャーをボロクソに批判した人を初めてお目にかかりました。
筆者は「ソ連が責めてきたら、白旗を揚げてその後赤旗を揚げろ」と発言するかなりの赤で変人であるが、
サッチャー政権に対する批判の内容はかなり納得できる内容だと思う。
筆者はあまり恵まれた環境でない人が努力して成功した場合に二つのタイプに分かれると述べている。
出世しても貧しい労働者のために働くタイプと、
秀吉・ヒトラー・サッチャーのように英雄気取りで支配者意識の塊になるタイプと。(笑)
ハイエクの「隷従への道」を聖書として手元に置いてるとかもかなり笑えました。
きちんと彼女のしたことの経済的な評価(功罪)も述べられていてためになる本だと思います。
コメント 5人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 新書 Amazonで購入
イギリス初の女性首相となったマーガレット・サッチャーが老女となった現在の心境と若き日の自分の回想が入り交じった作品である。確かに彼女は「イギリス病」と称された自国経済を立て直し、IRAのテロに対しても断固として闘い、アルゼンチンから一方的に仕掛けられたフォークランド紛争にも勝利をもたらした。文字通り「鉄の女」の一徹さと言ってよい。だがその反面、労働組合を社会主義の巣窟と見なし富裕層にも困窮した貧民層にも一律の税金を課し累進課税制度を廃止して貧富の差を決定的に押し広げた。金融街シティーはビッグバンによって栄えたが鉱工業は効率性がないとして容赦なく切り捨てられた。困窮したスコットランドが英連邦からの独立を要求して国民投票を断行したのには正当な理由がある。ロンドン・スクール・オブ・エコノミッククスの森嶋通夫名誉教授は『サッチャー時代のイギリス――その政治、経済、教育』(岩波新書,1988年)で当時のイギリスの貧民層の困窮ぶりを理論経済学の深い学識にと実際にイギリスで暮らして見聞した事実に基づいて明らかにしている。彼女が夫や子供たちの情愛に溢れた女性であったことは事実だが、彼女の経済政策の功罪については科学的根拠を示して公正に明らかにすべきである。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
投稿者 モチヅキ VINE メンバー 投稿日 2005/9/3
形式: 新書
 1923年に生まれ2004年に亡くなった、経済至上主義に批判的な、広い視野を持つ著名な経済学者(ロンドン大学名誉教授)が、1984-85年のエッセイに手を加えて1988年に刊行した、「意見のはっきりした客観的(であることを目ざす)サッチャー論」。イギリス一国を総合的に論じる点、現在進行形の事態を論じる点、労働党時代のイギリスを論じた前著の対となる著作である点の3点において、著者が長年書きたいと思っていた本であるという。第一章ではサッチャリズムの社会背景として、渡部昇一を批判しつつ、イギリス的二大政党制の下での政治(イギリス病の原因とされる。小選挙区制)、英首相の強大な権力、多党化と党内多様化の進行が強調される。続く第二章では、サッチャリズムが反共主義のシュンペーター反革命と規定され、また戦闘的・不寛容で合理主義的な彼女の信念の由来が、会田雄次を批判しながら、伝記的アプローチによって説明される(実力で成り上がったメソジスト信者である父親への敬慕、友人の欠如)。第三章では彼女の政策がより具体的に論じられる。即ち、大学・教育改革、労働運動の鎮圧、保守党内部での闘争、下に薄く上に厚い賃金政策、保健・教育費の削減と防衛費の増額、サービス産業化の推進、国有財産売却、増税、選挙直前の信念に反する一時的な「合法的買収」、その結果としての財政赤字の削減、インフレ鎮静化と失業の増大等である。最後に第...続きを読む ›
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告