無料配送: 4月25日 日曜日 詳細を見る
最速の配達日: 4月 24日の土曜日, 8AM-12PMの間にお届けします。 購入手続き画面でご都合のよい時間帯を選択してください。
残り3点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
サッカーのある風景―場と開発、人と移動の社会学― がカートに入りました
& 配送料無料
無料配送: 4月29日 - 30日 詳細を見る
中古商品: 良い | 詳細
コンディション: 中古商品: 良い
コメント: 軽い使用感程度できれいな状態です。迅速・丁寧心がけます。 407316
この商品は1-Click注文できません。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。

サッカーのある風景―場と開発、人と移動の社会学― (日本語) 単行本 – 2019/12/10


その他 の形式およびエディションを表示する 他の形式およびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/12/10
¥2,750
¥2,750 ¥1,400
click to open popover

よく一緒に購入されている商品

  • サッカーのある風景―場と開発、人と移動の社会学―
  • +
  • 白いスタジアムと「生活の論理」: スポーツ化する社会への警鐘
総額: ¥8,250
ポイントの合計: 83pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

サッカー・スタジアムの開発は、「サッカーにたずさわる人びと」を生み出していくことを意味していた。新潟のスタジアム建設・プロチームの設立と地域社会、サッカー専門学校を通じた学び、活躍の場をシンガポールへと広げるサッカー選手などを取り上げ、サッカーを通じた人びとの生活の軌跡を考察する。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大沼/義彦
1964年生まれ。日本体育大学大学院体育学研究科修士課程修了。日本女子大学人間社会学部現代社会学科教授

甲斐/健人
1964年生まれ。筑波大学大学院人間総合科学研究科博士課程退学、博士(体育科学)筑波大学。東北大学大学院教育学研究科教授(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

登録情報

  • 出版社 : 晃洋書房; A5版 (2019/12/10)
  • 発売日 : 2019/12/10
  • 言語 : 日本語
  • 単行本 : 218ページ
  • ISBN-10 : 4771032599
  • ISBN-13 : 978-4771032590

カスタマーレビュー

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%
評価はどのように計算されますか?

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう

まだカスタマーレビューはありません