通常配送無料 詳細
在庫あり。 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法 (ed... がカートに入りました
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 比較的きれいで使用感はさほどありませんがカバー(表紙)にスレ・ヤケ・ふちヨレが少々あります。記載のない付属品・特典等は付属しない場合がございます。ご了承ください。こちらの不手際により不備のある商品が届いた場合は、返品・返金に対応させていただきます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
3点すべてのイメージを見る

サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法 (edu book) 単行本 – 2008/1

5つ星のうち 4.5 53件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,404
¥ 1,404 ¥ 619

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サッカーで子どもをぐんぐん伸ばす11の魔法 (edu book)
  • +
  • サッカーで子どもがみるみる変わる7つの目標 (edu book)
  • +
  • サッカーで子どもの力をひきだす オトナのおきて10(DVD付)
総額: ¥4,428
ポイントの合計: 135pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



「ユーリ!!! on ICE」 公式ガイドブック 『ユーリ!!! on Life』
描き下ろしイラストによるA2両面ポスター2枚付きで予約開始 >> 今すぐチェック

商品の説明

著者からのコメント

(本書まえがきより抜粋)

 少年サッカーの指導を見直すべきです。日本の少年サッカーは変わらなくてはならないと私は強く思います。
私はJリーグ中、最年長の少年サッカーコーチだと自負しています。28年もの間、小学生を指導してきました。大会にも行きますが、そこで見かけるコーチの姿は明らかにスペインで見たものとは違います。常に選手を煽り「シュート!」「寄せろ!」と指示命令が飛び交います。自分で考える時間も、機会も、与えません。なので、ピンチになると子どもは全員ベンチを見るのです。親たちも、わが子に期待するあまり顔をゆがませて怒っています。
 30年近い指導経験の中で、このような大人につぶされていく選手、才能を伸ばしてもらえない子どもたちをたくさん見てきました。日本の少年サッカーを変えていくには、まず大人が変わらなければならないと痛切に感じています。
 育て方さえ間違わなければ、日本の子どもたちはもっと伸びます。今、子どもたちに足らないもの、大人たちが改めるべきものは何でしょうか。

出版社からのコメント

『ジェフでオシムさんに出会い、
自分の育成方法が間違っていなかったと確信しました』(本書表紙帯より)

 本書は、子育てや人間教育の観点から、サッカーで子どもを伸ばす方法を探ったものです。
 サッカーは「選手(子ども)が自分で考えてやるスポーツ」ということは広く知られています。ですが、コーチや、わが子を応援するお父さん、お母さんは「では、どのように導けば自分で考えて動ける子どもになるのか」という部分を模索されていたのではないでしょうか。
 本書には、その答えが23年間の実践をもとに明快に語られています。
 子どもへの接し方や教え方など、一見指導するコーチに対するアドバイスと思えるものも、実はわが子をサポートする父母の子育てに共通しています。また、家庭での話もそのままグラウンドでのコーチングに応用でき、技術指導の教則本が多くを占める少年サッカー関連書籍としては画期的な内容です。
 サッカー以外のスポーツを指導されている方や、一般の保護者にもとても読みやすく説明されており、小学生の子育て論としても参考になる一冊です。
 また、前日本代表監督イビチャ・オシム氏との交流を通しての発見や認識された指導法も、随所に紹介されています。

 1月16日付け日本経済新聞のコラム『フットボールの熱源』(吉田誠一氏)では、本書が紹介されました。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 219ページ
  • 出版社: 小学館 (2008/01)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4098401088
  • ISBN-13: 978-4098401086
  • 発売日: 2008/01
  • 商品パッケージの寸法: 18.8 x 13.2 x 2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 53件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 10,334位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 単行本 Amazonで購入
子供の導き方はもちろん、部下を持つマネージャーの立場で読んでみても、とても興味深く読みました。
子供(部下)に考えさせて、自律的に動く、その成長を見守る、といった理想的な状態をいかに作り出すかをこの書を参考にして実践できるようにしてみたいと思いました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
イイところ もあれば、?のところもあるので星3つです。
イイところは子供との対話ですかね。これはやっぱり子供をしっかりと観察していかなければできないことだと思います。
?のところは私がまだ経験不足で理解できていないところだとおもうので、今から教えながら自分なりの結論を出していきたいと思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
サッカーが、習い事になってしまっている!サッカーは遊び、とことん楽しもう!
その方が結果将来素晴らしい選手を育成できるとは、何だか片野力が抜けて親も楽になりました。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
今回購入してまだ読んでいる途中ですが、
なるほどなーと思いながらよんでいます。
本の内容どうりに実行すればどういう風に
子供が変わるのか見てみたいです。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
子供が試合や練習に集中しない、話を聞かない、結果、試合でもいい結果が残らないことに対して何か解決策はないかと思っている中でこの本に出会いました。

結局、通常の子育て、子供への接し方と同様に、主体性を持たせて、自分で考えさせる、自分でやってみさせる、話を聞かなければ自分に不利益が生じる、親の思いを押し付けないというような話でした。

せっかちな人はどうしてもすぐに結果を出そうと、あれやれこれやれと指示しますが、結局そう言っていると主体的に何もできなくなってしまいます。思っていることを全部吐き出させて、どうしたいかという目標を共有し、子供自身に目標を達成するためのステップ、やるべきことを考え、コミットさせる、周囲の大人はそのコミットをサポートしていくということだと思います。
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
私は今年の5月から小1の息子が所属するサッカーチームでお父さんコーチとして子供達を指導するお手伝いをしています。サッカー素人の私がどうすれば子供たちによい影響を与えらるれるだろうかと、図書館から借りてきた本の内の一冊がこの本でした。まえがきや目次を見て指導者や保護者の心得について最もよく書かれている本だという印象を持ち最初に読み始めました。

読了し第一印象は間違っていなかったと思いました。そして、この本で書かれていることはよい教育の心得とぴったりと重なっていると感じられ納得感の高いものでした(私は算数などのいわゆるお勉強すら遊びのようなものとして息子と楽しんでいます)。私だけがチームで読むのはもったいない。チームに関わる大人達に紹介しようと思います。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
子育てで一番もどかしく難しいのは、子供の力を引き出すことかもしれません。学業に限らずスポーツにおいても、優秀な人は、優れた「引き出し」力によってのばされてきたのだと常々思っていました。
この本は、ジュニアサッカーという現場で、子供たちの持てる力をぐいぐい引き出して、選手を育てている優れた指導者の「指導指南書」でもありますが、その手法は、学業やしつけの現場でもそのまま展開できるものとして、優れた「教育書」でもあると思います。
子育てに関わっている人には、ぜひ一読をおすすめします。
コメント 44人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本
小学生の息子がYMCAのサッカークラブに入りました。
入団を誘われた際、高学年の試合を見に行きました。
何だかYMCAだけ雰囲気が違い、浮いているように感じました。
周りのスポ少や有力クラブが「勝つぞ」と中高生なみにギラギラしているのに対し、YMの印象は(誤解を恐れずに言えば)「仲の良いサッカー」。
「サッカーが好き!」という想いが伝わる、アイディアに富んだプレーは見ていて面白かった…
それでも順調に勝ち進み、まさに本書の内容を体現していたように感じられました。
著者らの築いた「YMCAカラー」が、未だ受け継がれているのかも知れません。
そんな雰囲気に惹かれたこともあり、息子は仲間に入れてもらいました。

私は、小学生のうちは「遊び」が大切だと思います。願わくば、息子にとってのサッカーも、遊びの範疇にあって欲しい。
そういう考えなので、本書の内容は納得がいきましたし、大いに勇気づけられるものでした。

息子は、私たち凡人夫婦の子どもですので、サッカーで大成することは、まず無いでしょう。
そういう期待はしていませんが、サッカーを通して良い友達を作り、努力して跳ね返されて それでも臨んでいく強さ、みたいなものを身につけてくれれば万々歳です。
試合に
...続きを読む ›
1 コメント 10人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー