¥ 3,024
通常配送無料 詳細
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サステイナブル集合住宅―オープン・ビルディングに向... がカートに入りました

お届け先住所
アドレス帳を使用するにはサインインしてください
または
-
正しい郵便番号を入力してください。
または
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サステイナブル集合住宅―オープン・ビルディングに向けて 単行本 – 2006/5/1


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 3,024
¥ 3,024 ¥ 142
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

内容(「BOOK」データベースより)

ここ数10年間、オープン・ビルディングの基本的な原則に基づく非常に多くの住戸が建設されました。それらのプロジェクトは、オープン・ビルディングの経験と知識に関する国際化の進行と学問分野の学際化を反映することなく、個別に行われました。本書は、「Open Building Inplementation(オープン・ビルディングの実践)」という名称の、CIBのタスク・グループの情報を基にしています。内容としては、オープンビルディング、基本的な原則、近年の発展、公共・民間双方を舞台にした世界中の最新プロジェクトに関する最先端の調査結果を紹介しています。

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

ケンドール,ステファン
Ball State大学(アメリカ合衆国)建築学部教授、the Building Futures Institute所長。設計理論・方法論をテーマとしてMITでPhDを取得。建築家。CIB W104:Open Building Implementation(TG26:Open Building Implementationが発展してCIB内に結成されたワーキング・グループ)の共同コーディネータ

ティッシャー,ジョナサン
アメリカ合衆国内外の世界各国で、教授、講演者、コンサルタントなどの立場で建築教育・建築実務活動を行っている。元AIA(American Institute of Architects:アメリカ合衆国建築家協会)教育担当委員長。MIT建築学修士。これまでに建築関連の著書4冊を編集・執筆

村上/心
1960年大阪生まれ。1992年東京大学大学院工学系研究科博士課程満了。同年椙山女学園大学講師。1997年オランダ・デルフト工科大学OBOM研究所客員研究員。1999年椙山女学園大学生活科学部助教授。博士(工学)。建築構法計画・生産システム、建築経済を研究上の専門とし、住宅などの設計活動も行っている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 399ページ
  • 出版社: 技報堂出版 (2006/5/1)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4765524957
  • ISBN-13: 978-4765524957
  • 発売日: 2006/5/1
  • 梱包サイズ: 20.8 x 15 x 2 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 967,961位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

まだカスタマーレビューはありません。
星5つ
0
星4つ
0
星3つ
0
星2つ
0
星1つ
0
他のお客様にも意見を伝えましょう
同様の商品をご覧になりませんか? こちらのリンクで参照ください。ボードゲーム ドイツ