通常配送無料 詳細
残り2点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
数量:1
サザエさん (1) がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
発売元 Sunbooks
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: 帯付き。表紙の擦れなどの軽微な経年劣化はありますが書き込みなど目立つ様な大きな問題はなく全体的に良好です。なお当店から購入後万が一商品に、当説明欄で記載されていない問題があった場合はご遠慮なく当店へお申し付けください。返金・値引きなど誠実にご対応させて頂きます。
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サザエさん (1) 文庫 – 1994/9

5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 540
¥ 540 ¥ 1

click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サザエさん (1)
  • +
  • サザエさん (2)
  • +
  • サザエさん (3)
総額: ¥1,620
ポイントの合計: 51pt (3%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

登録情報

  • 文庫: 143ページ
  • 出版社: 朝日新聞社 (1994/09)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4022609516
  • ISBN-13: 978-4022609519
  • 発売日: 1994/09
  • 商品パッケージの寸法: 15.1 x 10.7 x 1.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.3 9件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 56,441位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.3

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫
今まで知らなかったが、朝日新聞で連載が始まった当初は、サザエさんは独身で、自分の両親(波平&フネ)のことを「パパ」「ママ」と読んでいる(フネさんからは「(カツヲやワカメの)ねーちゃん」と呼ばれている)。こんなのは、以前流行った「磯の家の謎」で既に世間にはお馴染みなのだろうか。
時代は終戦直後。話の中に、配給や引き揚げ者や戦災孤児のことがたくさん出てくる。パーマを当てるのは、髪を黒焦げにする危険と隣り合わせだった時代だ。P20の「サエキ」という地名はどこか(サザエさんが眉をひそめていた)、P98のためになるらしい「メチール」とは薬か何かなのか、今となっては訳注が欲しいところ。後半、波平の転勤で家族で東京に移ることになり、実は始めは九州に住んでいたことがわかった。
コメント 31人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
時代とともにギャグのセンスは変わるし、昔笑えた漫画が今笑えないということはよくあります。
でも、笑いの中には普遍的なものもあるんだなと、サザエさんを読んでみて実感しました。
子供の頃にも読んで大笑いをした記憶がありますが、時間を経て、今から60年も昔の日本が舞台であったとしても、長谷川町子さんのセンスはそんなのお構いなしに読み手のツボを刺激してきます。
それにしても戦後の動乱期にこんな漫画を生み出せるこの才能・・・・脱帽です。
ところどころに「ああ、そういえばこれって戦後すぐの日本なんだった」と思い起こさせるシーンがあって、逆にドキッとします。
戦後の暗い印象しかない日本にとってのサザエさんの重要さが痛感できました。
コメント 21人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
昭和21年4月から昭和22年2月に新聞に掲載されていたもの、サザエさんは独身でイカコさんという親友がいて、生まれは地方で東京育ちでないこともわかる。この漫画はその時折の時事を大いに反映しているから昭和の生活史を知る資料にもなる。引揚げ、食料配給、闇市、買出し、男女同権、メチール(メタノールのこと、密造酒の原料だが、飲むと眼をやられるので目散る=メチルと呼ばれた)、今では死語となった言葉の集積である。
向田邦子の文章で、サザエサンの漫画で、昭和を垣間見る事ができる。
歴史は繰り返される。昨今の暗いご時世、こんな時代にこそ明るく生き抜く知恵がここでみつけられるのではないか?全45巻、続けて読んでいきたいものである。
コメント 18人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
サザエさんの連載が開始されたのは昭和21年。戦後間もない頃でした。なので、漫画を読むとその当時の様子が伝わってきます。
お風呂は木でできた桶のようなお風呂、テレビはなく、情報はラジオから。「男女同権」と言われだしたのがこの頃からだということ
もわかります。食料品は配給に頼っていて、物資が満足に手に入らなかったこともわかります。当時ならではの治安の悪さも漫画
の中に出てきます。そんな中でも漫画の中で描かれているサザエさんは明るいサザエさん。戦後間もない頃、じょじょにアメリカの
文化も入ってきて、これから経済発展していく中で、明るく描かれているサザエさん一家は、テレビ版とはまた違う面白味があります。
漫画版サザエさんの歴史は、戦後復興の歴史といえると思います。
コメント このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
第1巻で描かれている時代は既に60年も昔で、終戦直後で大変な時代だったと思うけどとても懐かしさと興味を感じます。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック