¥6,930
通常配送無料 詳細
残り6点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。
サケをつくる人びと: 水産増殖と資源再生 がカートに入りました
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サケをつくる人びと: 水産増殖と資源再生 (日本語) 単行本 – 2019/12/12


その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
価格
新品 中古品
単行本, 2019/12/12
¥6,930
¥6,930 ¥6,480
この商品の特別キャンペーン プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。 1 件
  • プライム会員限定 最大5%ポイント還元中。
    プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)


本まとめ買いクーポン
click to open popover

キャンペーンおよび追加情報

  • プライム会員限定最大5%ポイント還元 まとめて買うと最大15%ポイント還元。 特設ページはこちら 販売元: Amazon.co.jp。 詳細はこちら (細則もこちらからご覧いただけます)

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • iOSアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Apple
  • Androidアプリのダウンロードはこちらをクリック
    Android
  • Amazonアプリストアへはこちらをクリック
    Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。

kcpAppSendButton


無料で使えるブックカバー
好きなデザインを選んで取り付けよう! 詳しくはこちら。

商品の説明

内容紹介

サケと人がともに生きる場の再生を目指して――わたしたちの身のまわりにあふれるさまざまなサケ。そのなかで先史時代から日本列島に住む人びとを支えてきたのはシロザケである。「つくられた資源」としてのシロザケの歴史を読み解きながら、「自然」や「野生」とはなにかを問いなおす。


【主要目次】
はじめに

第1章去りゆくカワザケ、進む家魚化
1.1「サケ」とはどんな生きものか
1.2カワザケと増殖――二つの補助線

第2章空間を囲い込む――近世宮古湾の「サケを獲る人びと」
2.1サケの生態空間を囲い込む
2.2境界線を引き直す――サケの生活史の把握と繁殖保護
2.3サケを「わたしたちのもの」に

第3章増やす――近代日本と資源増殖
3.1資源増殖という新しい柱
3.2水産行政と人工ふ化放流技術
3.3繁殖保護から増殖へ
3.4中央と地方――人工ふ化放流技術の公益性

第4章サケと漁場を取り戻す――人工ふ化放流技術の導入
4.1旧慣と入札制
4.2空間の再所有を目指して
4.3在地型人工ふ化放流システムの形成

第5章在地である――サケのムラの誕生
5.1増殖重点化の始まり(大正・昭和初期)
5.2サケのムラの誕生――生活文化の再編成
5.3「繁殖保護=増殖」とサケのムラ

第6章獲る――沿岸から遠洋へ
6.1獲る漁業の再生と資源をつくる増殖の重点化
6.2獲る漁業と宮古湾

第7章獲るためにつくる――戦後のサケをつくる方法と制度
7.1政策交渉の道具としての増殖
7.2つくる制度――科学と数
7.3数のためのサケをつくる――増殖技術の探求
7.4サケをつくる技術とモノ化の進展
7.5数をつくるシナリオの拡充――二〇〇海里時代の到来
7.6駆動する増殖レジーム――カワザケからギンケへ
7.7「わたしたちのモノ」化したサケ

第8章沿岸を「つくりそだてる」――栽培漁業と増殖
8.1沿岸の歪みと「つくる」シナリオの必要性
8.2栽培漁業に含まれる二つの思想
8.3沿岸における増殖体制の確立

第9章もう一つの戦後――土地にサケが根づくということ
9.1戦後の津軽石とサケ――在地性の再編成
9.2サケは「わたしたちのもの」

第10章離れゆく――間(あわい)からの退出
10.1ある津軽石の冬の朝から
10.2岩手県の増殖レジーム受容
10.3増殖レジームの受容とローカル化
10.4去りゆくカワザケ

第11章増殖から再生へ――生を分有する責任
11.1何が起こってきたのか――食卓の上の野生化と家魚化
11.2増殖レジームを再考する
11.3増殖をサケから再考する――カワザケの再生
11.4間(あわい)に身を置くサケ
11.5想像から縁を再び結び直す

おわりに

著者について

福永真弓: 東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

福永/真弓
1976年愛媛県に生まれる。2008年東京大学大学院新領域創成科学研究科博士課程修了、博士(環境学)。立教大学社会学部助教、大阪府立大学現代システム科学域准教授などを経て、東京大学大学院新領域創成科学研究科准教授。専門は環境社会学・環境倫理学(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


登録情報

  • 単行本: 494ページ
  • 出版社: 東京大学出版会 (2019/12/12)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4130603221
  • ISBN-13: 978-4130603225
  • 発売日: 2019/12/12
  • 梱包サイズ: 21.2 x 15.2 x 2.4 cm
  • おすすめ度: この商品の最初のレビューを書き込んでください。
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 168,342位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

  • 目次を見る

まだカスタマーレビューはありません

星5つ (0%) 0%
星4つ (0%) 0%
星3つ (0%) 0%
星2つ (0%) 0%
星1つ (0%) 0%

この商品をレビュー

他のお客様にも意見を伝えましょう