中古品
¥ 1
+ ¥ 257 関東への配送料
中古品: 非常に良い | 詳細
コンディション: 中古品: 非常に良い
コメント: シミあり。 中古品のため商品は多少の日焼け・キズ・使用感がございます。記載ない限り帯・特典などは付属致しません。万が一、品質不備があった場合は返金対応致します。(管理ラベルは跡が残らず剥がせる物を使用しています。)
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サクリファイス 単行本 – 2007/8

5つ星のうち 4.2 202件のカスタマーレビュー

その他(3)の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
Kindle版
"もう一度試してください。"
単行本
"もう一度試してください。"
¥ 1,620 ¥ 1
文庫
"もう一度試してください。"
¥ 594 ¥ 1
click to open popover

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

商品の説明

受賞歴

第10回(2008年) 大藪春彦賞受賞

内容紹介

ただ、あの人を勝たせるために走る。それが、僕のすべてだ。

勝つことを義務づけられた〈エース〉と、それをサポートする〈アシスト〉が、冷酷に分担された世界、自転車ロードレース。初めて抜擢された海外遠征で、僕は思いも寄らない悲劇に遭遇する。それは、単なる事故のはずだった――。二転三転する〈真相〉、リフレインの度に重きを増すテーマ、押し寄せる感動! 青春ミステリの逸品。

商品の説明をすべて表示する

登録情報

  • 単行本: 245ページ
  • 出版社: 新潮社 (2007/08)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 4103052511
  • ISBN-13: 978-4103052517
  • 発売日: 2007/08
  • 商品パッケージの寸法: 19.4 x 13.8 x 2.2 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.2 202件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 177,058位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  • さらに安い価格について知らせる
    この商品を出品する場合、出品者サポートを通じて更新を提案したいですか?

カスタマーレビュー

トップカスタマーレビュー

形式: 文庫 Amazonで購入
著者の作品は初めてだったが面白く読み、シリーズ作品にも手を伸ばそうかと思っている。
その割に評価「4」なのは、読後に少しモヤモヤ感が残ったから。

本作は自転車ロードレースの選手が主人公。けっしてメジャーとは言えないサイクルスポーツを舞台にどんな物語が展開されるのだろうと、本書を購入。
ツール・ド・フランスのドキュメンタリーをテレビで見たことがある程度なので、レースチームの在り方やロードレースでの駆け引きなどがどの程度リアルなのかわからないが、ロードレースって面白いなと感じさせる描写になっている。
チームにはエースがいて他のメンバーは彼のアシストにまわる。ロードレースはエースの勝利がチームの勝利となる。
アシストである主人公の心の動きとともに、アシストを言わば踏み台にして走るエースの思いも描かれていて、素直にいいなと感じた。

ただ、後半で起きる重大な事故とその理由にモヤモヤとしてしまう。衝撃的ではあるのだけれど、もうちょっと違う“サクリファイス”はなかったのかなと思ってしまう。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 単行本 Amazonで購入
ネタバレを含む。
最後の読後感は確かに悪くない。しかし許せない人物がそのままなのが腹立たしいところ。

もちろんロードレースという魅力的な珍しい題材を作者は書きたかったのだろうが、それ以上に、大きなサクリファイスが一見釣り合わない対価に見合う瞬間、等価となる状況と人間を書きたかったのではと思う。サクリファイスのよく知られた訳は犠牲だが、殉じるという崇高なニュアンスも本来は有するだろう。先達に認められたいロードレース後発国、かつ侍のメンタリティも理解しうる、日本を題材にしか出来ない着想だろう。
主人公を狂言回しとして、犯人、その他の登場人物を掘り下げることも捨て、ポイントを集中することでそれは説得力を有して成功したと思う。そして評価している人の多くも、そう感じているからこそと思う。

自転車だけが生活で、誇りを持ってアシストを踏み台にしてきた男が、より大きなチームの危機を回避するため、自分にしか出来ない戦略でアシストを全うした。他の方法があったかもしれない。でも、自分にしか出来ないことに気づいて、彼は笑ったという。
他の人なら自転車に乗れなくなるという行いの贖罪と皮肉に感じたか、あるいは破滅の危機の解決法のシンプルさに頬が緩んだのか。

チームを守ることが、結果的には自分とその夢を守ったはずだ。
だが、今の自分にはそこまで何かに打ち込めるものがない。羨ましくもある。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
ストーリーセラーの作品を読んで興味がわいて、この本を購入しました。自転車ロードレースの知識はなかったのですが、私が時々行くちょっと山の方のパン屋さんに、ロードレースの選手が寄ったり、その選手が優勝したり?、その選手の為に好物のパンの大きい版をお祝い?に渡したりという話が随分前ブログに書かれていて、その選手2人を思い浮かんだりしながら、どんどん話に引き込まれ夢中で読みました。読みごたえのある本でした。
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: Kindle版 Amazonで購入
ロードレースに興味のない人にも読みやすく説明があり、展開もゆるやかにではあるが盛り上がっていく感じがあり良作であると思う。
エースとアシストの関係やそこに到る感情、犠牲的精神もよく描かれており、初心者にも読みやすいだろう。

しかし後半の展開はさすがにすこし突飛過ぎて前半の良さを殺してしまってると感じた。
なんだかスポーツの小説を見てたらサスペンスの世界に変わってしまっていて少し興ざめしてしまったというのが感想だ。
没入感としてはロードレースに引き込まれたところでこの謎が出てきて
完全にサスペンスがおまけでしかないのでむしろどちらかに固めて書いたほうが良かったとすら感じる。(もちろんロードレース方面に)
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫 Amazonで購入
自転車レースって分かりにくいんじゃないかな?と、
思っていましたが、読み始めたら止まらない。
自転車に乗らない母も熱中して読んだそうです。
コメント 1人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: 文庫
自転車を趣味として始めたので、自転車がテーマの作品を探してたどり着く。
続く動きのあるシーンからの物語の始まり。それが否応なく自転車レースの雰囲気を感じさせてくれる。
また大藪春彦賞を受賞しているということで、期待をしながら読み進めていく。
一章はその勢いのまま、あっという間にページを捲らされてしまう。これは傑作なんじゃないだろうか。
そんな期待感が、レースの高揚感と重なり、最初のページで違和感を覚えたことを忘れさせてくれる。
ああ、そう1ページ目の違和感を2章の冒頭で再び感じた。『オンナ』という生き物のために、『サクリファイス』。
成熟していない『オトコ』にとって、『オンナ』という生き物の論理は理解しがたく、それは時に自己否定へと繋がることもあるだろう。
そういった青臭い原動力はあってもいい。まだ主人公が23歳という年齢であるからこそ、この『オンナ』の思惑に引き摺り込まれるというのも、あり得るのかも知れない。
しかしながら、このオンナの魅力はどこにも無い。棒人形のようにあちらこちらへ物語を動かすためだけに配置されたキャラクターの間を動き回る。
主人公の『サクリファイス』へ至る説得力も無く、伊庭というライバルの存在感も無く、先輩のキャラ立ちも無く(赤城と篠崎の区別が付かない)レースの高揚感が章
...続きを読む ›
コメント 2人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告

最近のカスタマーレビュー