サクリファイス がカートに入りました

この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する

サクリファイス Single, Maxi

5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー

参考価格: ¥ 1,296
価格: ¥ 1,104 対象商品¥ 2,000以上の注文で通常配送無料 詳細
OFF: ¥ 192 (15%)
残り1点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。

【Amazon Global】OTAKU Store
Figures, Video Games, Blu-ray, DVD and Music of Japanese Anime, Games and Pop Culture Shop now

Amazon の Keiichiro Shibuya ストア


キャンペーンおよび追加情報

  • Amazon.co.jpが販売する一部の商品はお一人様のご注文数量を限定させていただいております。限定数量を超えるご注文の際にはキャンセルさせていただく場合がございますのであらかじめご了承ください。

  • 【買取サービス】 Amazonアカウントを使用して簡単お申し込み。売りたいと思った時に、宅配買取もしくは出張買取を選択してご利用いただけます。 今すぐチェック


登録情報

  • CD (2012/2/15)
  • ディスク枚数: 1
  • フォーマット: Single, Maxi
  • レーベル: ATAK
  • 収録時間: 21 分
  • ASIN: B006DJXVXA
  • EAN: 4560258061018
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.5 2件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 音楽 - 309,591位 (音楽の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

曲目リスト

ディスク:1

  1. サクリファイス
  2. サクリファイス (ピアノ+ヴォーカル バージョン)
  3. サクリファイス (インストゥルメンタル バージョン)
  4. サクリファイス (ダブミックスバージョン)

商品の説明

内容紹介

作詞:菊地成孔、渋谷慶一郎
作曲:渋谷慶一郎
編曲:渋谷慶一郎
プロデュース:渋谷慶一郎

伊勢谷友介監督作品・映画「セイジ 陸の魚」のメインテーマをポップにビルドアップ。
プロデュース・作曲は渋谷慶一郎、ヴォーカルに太田莉菜、作詞に菊地成孔を迎えた最新型ポップミュージックが誕生。
表題のシングルカットの他にDSDレコーディングによるピアノ+ヴォーカルバージョン、
渋谷自ら手がけた6分を超えるダブミックスバージョンを含む4トラックを収録。
マスタリングはデヴィット・ゲッタ「ナッシング・バット・ザ・ビート」などのマスタリング、ミックスを手がける
フランスのカラー・オブ・サウンドのデヴィット・ハコールが担当。非常に立体的な音像となっています。

メディア掲載レビュー

太宰治賞作家・辻内智貴のロングセラー小説『セイジ』が原作となる、伊勢谷友介監督作品『セイジ 陸の魚』のメインテーマに改めてメロディーを付け、ヴォーカリストに太田莉菜を起用したシングル。 (C)RS


カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.5
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

形式: CD
彼のファンではないし、特別支持しているわけではないのだが、この曲は何故か気に入った。

常に彼の言動や活動をチェックしているわけはないので、あくまで僕個人の印象として理解して頂きたいのだが、
メディア上での彼は"クリエイターや業界、音楽等々に対して強気"なイメージを僕は持っている
(というか、己の中に確固たるクオリティの水準を設けている、というのを周知させているイメージ。
アーティストとしては当たり前かもしれないが。その水準としているクオリティの問題はここでは置いておく)。
そんな姿勢の中で発表される作品にはどうしても過度な期待と心地よい裏切りと更新を求めてしまい、
現代音楽は方法論ありきで聴かないとどうしようもない点もあると考えているのだが、どうも彼のソロ音源はいまいちだった。
御多分に漏れず本作にもそんな考えもを持ちつつ聴いたが、いわゆるポップス、なかなかどうして凡庸なのである。
しかしそれが心地よかった。
作詞の菊地氏もいまいちらしくなくこれまた凡庸な詞で、
アレンジ面でも、主旋律をそのままなぞってしまうシンセなど、なかなか恥ずかしいのだが、
ヤンキーが雨に濡れた子猫を可愛がる、的ありきたりなギャップにやられたのかもしれない。
とにかくJ-POPの気持ち良さが僕には感じられた。
コメント 3人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
形式: CD
作詞 菊池成孔 作曲 渋谷慶一郎 という、日本屈指の音楽家が作り上げた最高品質のJ−POP。音の密度がとにかく半端無いにもかかわらず、曲はどこまでも
ポップでキャッチーである。こういう曲を聴くと、いかに今のJ−POPシーンがやばい状態なのかをつくづく思い知る(カウントダウンTVを見よ!酷いカラオケが溢れている)。
才能溢れるおもしろい人達がどんどんJ−POPを作ってくれれば、韓流だとかそういうの全く関係なくなるのにね。とにかく渋谷慶一郎の仕事にリスペクト!(この前の相対性理論とのコラボもめちゃくちゃすばらしかった)。
コメント 7人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


関連商品を探す


フィードバック