通常配送無料 詳細
残り9点(入荷予定あり) 在庫状況について
この商品は、Amazon.co.jp が販売、発送します。 ギフトラッピングを利用できます。
サクソフォーン上達法 デビッドリーブマン 著/川里... がカートに入りました
+ ¥ 257 関東への配送料
コンディション: 中古品: 良い
コメント: 表紙に若干の傷み・汚れ・ヤケ
この商品をお持ちですか? マーケットプレイスに出品する
裏表紙を表示 表紙を表示
サンプルを聴く 再生中... 一時停止   Audible オーディオエディションのサンプルをお聴きいただいています。
この画像を表示

サクソフォーン上達法 デビッドリーブマン 著/川里安輝子 訳/土岐英史 監修 楽譜 – 2008/8/18

5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー

その他()の形式およびエディションを表示する 他のフォーマットおよびエディションを非表示にする
Amazon 価格
新品 中古品
楽譜, 2008/8/18
"もう一度試してください。"
¥ 2,052
¥ 2,052 ¥ 1,399

AmazonStudent

Amazon Student会員なら、この商品は+10%Amazonポイント還元(Amazonマーケットプレイスでのご注文は対象外)。無料体験でもれなくポイント1,000円分プレゼントキャンペーン実施中。


click to open popover

キャンペーンおよび追加情報


よく一緒に購入されている商品

  • サクソフォーン上達法 デビッドリーブマン 著/川里安輝子 訳/土岐英史 監修
  • +
  • サクソフォーン演奏技法
  • +
  • サクソフォーンのためのトレーニングブック
総額: ¥6,048
ポイントの合計: 56pt (1%)
選択された商品をまとめて購入

Kindle 端末は必要ありません。無料 Kindle アプリのいずれかをダウンロードすると、スマートフォン、タブレットPCで Kindle 本をお読みいただけます。

  • Apple
  • Android
  • Android

無料アプリを入手するには、Eメールアドレスを入力してください。



【Amazon Global】International Shipping Made Easy
Shipping to over 65 countries, Simplify customs Learn more

商品の説明

サックスを演奏するために、本当に必要なテクニックにポイントを凝縮して書かれた良書。 楽器の構造から、演奏者の身体、音色や音程の概念、楽器の構え方、声帯の仕組み、タンギングの仕方、倍音の練習法、リードの構造、マウスピースの構造など、演奏者にとって最も知りたい疑問に応えています。


登録情報

  • 楽譜: 58ページ
  • 出版社: 全音楽譜出版社; レター1版 (2008/8/18)
  • 言語: 日本語
  • ISBN-10: 411548621X
  • ISBN-13: 978-4115486218
  • 発売日: 2008/8/18
  • 商品パッケージの寸法: 27.4 x 20 x 0.6 cm
  • おすすめ度: 5つ星のうち 4.8 6件のカスタマーレビュー
  • Amazon 売れ筋ランキング: 本 - 77,880位 (本の売れ筋ランキングを見る)
  •  カタログ情報を更新する画像についてフィードバックを提供する、または さらに安い価格について知らせる

  • 目次を見る

カスタマーレビュー

5つ星のうち 4.8
あなたのご意見やご感想を教えてください

トップカスタマーレビュー

サックス初心者から上級者まで使える本格派の教本!
奏法にいきずまった人にお勧め!
こんな安い値段で大丈夫なのか?!
コメント 12人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
Amazonで購入
呼吸法、のどや舌の位置、アンブシュアなどをいかに適切なものにしてよりよりサウンドをつくるか、悪い癖を取り除いて自然に演奏するか、ということについて、丁寧に書かれている。

タイトルは、邦訳『サクソフォーン上達法』となっているが、元は「DEVELOPING  A  PERSONAL  SAXOPHONE  SOUND」らしく、
「はじめに」で著者が「この本の目的は、個性的な音を探究するアーティストの目標を達成しやすくすること」と述べているのが、
元のタイトルの意味に対応していると思われる。

「サックスという楽器の音を出す」ということは、いわゆるスケールやアルペジオなどの基礎練習より技術的にはより基礎的であるはず(だからといって簡単という意味ではなくて、むしろ反対)で、かつ音楽的にも根本的な所でないかと思う。サックスを吹くという行為のありかたについて見直しを迫られ、非常にお世話になっている。
コメント 8人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告
教則本ではありません。
楽譜はありませんが、サックスをちゃんとやろうと思うのなら、読んでおかないといけない本だと思います。

サックス吹きの思想がわかります。
日本では、こういう本はなぜでないのでしょうかね〜。
コメント 4人のお客様がこれが役に立ったと考えています. このレビューは参考になりましたか? はい いいえ 評価を送る...
フィードバックありがとうございました。
申し訳ありませんが、お客様の投票の記録に失敗しました。もう一度試してください。
違反を報告


フィードバック